水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
<<戻る

記事リスト(14件中114件目)

  1. ハード系の食べ方の幅を広げたい - bakery 南(お店拝見 - 2019年1月号)
    ルヴァンを作り始めて、オリジナリティーが増す 横浜市北部、都筑区のニュータウンにある市営地下鉄・センター南駅改札から、歩いて5分ほど南下した場所にある「bakery 南(ベーカリー ミナミ)」。地名の入ったこの店名に、店主の宮田裕司...

  2. パリで親しんだ人と人との温かな繋がりを日本の人達と再構築する - ブーランジュリー ボネダンヌ(レポート - 2019年1月号)
    パリで味わった美味しさを伝えたい 田園都市線・三軒茶屋駅から徒歩約12分、世田谷区の三宿で営まれる焼き菓子とパンの店「ブーランジュリー ボネダンヌ」。店名の表示された白いドーム型オーニング(日よけ)と、濃い色の木彫のファサード(正面...

  3. 食パン専門店 特集(特集 - 2019年1月号)
    「生」はやわらかさを表現したことば 11月15日にオープンした「乃が美 はなれ 麻布十番店」は、大阪市天王寺区に総本店を構え、「高級『生』食パン」を専門に製造販売する「乃が美」の東京都内初出店となる店だ。 「乃が美」は、創業からわずか5...

  4. マレーシアの食文化体験の旅 - 一粒の麦から47(文・本行恵子)(連載 - 2019年1月号)
     2018年の夏、マレーシアのモントキアラでベーカリーレストラン「B‐LAB」を経営する松原裕吉さんを訪問し、多民族で成り立つ現地の食文化を体験してきました。欧米化の波は食文化にも影響 日本や欧米企業の駐在員が多く住む高級住宅街の一角...

  5. 食パン専門店意識調査 - 消費者アンケート(アンケート - 2019年1月号)
     「食パン専門店意識調査」のテーマで、ネットアンケートを実施した。回答者に抽選で「パンセット」をプレゼントするという形で、ブランスリー報道社が運営するパンと菓子のオンラインショッピングモール、パン菓子・COM(http://www.pankashi....

  6. 革命的でないのなら、ブランディングを知れ - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(連載 - 2019年1月号)
     本誌2018年11月号と12月号は、「ベーカリーのブランディング」のテーマで特集を組んだが、あるブランディングの専門家が、ブランドの力について、コカコーラとペプシコーラを比較して面白い話をしていた。 ある信頼できる調査で、コカコーラ...

  7. グランプリに、タカキベーカリーの「石窯くるみパン」 - 2018くるみパン・オブ・ザ・イヤー(ブランスリー新聞 - 2019年1月号)
     カリフォルニアくるみ協会(日本代表事務所=東京・港区)が主催するくるみパンの人気投票コンテスト「2018くるみパン・オブ・ザ・イヤー」のグランプリに、タカキベーカリーの「石窯くるみパン」が輝いた。サワー種を使用した生地に、カリフ...

  8. 6枚連続で焼ける電気式ピザ窯「エルフォルノ」 - ニチワ電機(ブランスリー新聞 - 2019年1月号)
     厨房機器メーカーのニチワ電機(東京本社=東京・中央区、岡田望社長)の電気式ピザ窯「エルフォルノ」がスーパーのインストアベーカリーなどで活躍している。同ピザ窯は、ターンテーブル方式で、ピザを同時に何枚も焼けるのが特徴。焼成作業は、...

  9. フランスの伝統菓子の「ガレット・デ・ロワ」を販売へ - ドンク(ブランスリー新聞 - 2019年1月号)
     リテールベーカリーチェーンのドンク(中土忠社長)はフランスの伝統菓子の「ガレット・デ・ロワ」を全国のドンク全店と同ベーカリーが運営する別のベーカリーブランドである「ジョアン」の各店で、12月27日から2019年1月15日までの期間限定...

  10. 「NexStars 第3回講演会及び懇親会」を開催 - ダイユー(ブランスリー新聞 - 2019年1月号)
     ベーカリー専門の店舗開発を手掛けるダイユー(東京・世田谷区、星野理絵社長)は11月13日、「NexStars 第3回講演会及び懇親会」を東京・千代田区の全国町村会館で開催した。講演会では、URVプランニングサポーターズの松本尚典社長...

  11. 熊本県産小麦を100%使用した非常食用クッキー - 熊本製粉(ブランスリー新聞 - 2019年1月号)
     熊本製粉(熊本県熊本市、宮本貫治社長)は12月1日、熊本県産小麦を100%使用した非常食用のクッキー「くまもとの未来クッキー」を発売した。熊本県産小麦のミナミノカオリを使用し、ザクザクとした口溶けのいい食感に仕上げているという。バ...

  12. 大豆ミートを使用したカレーパンを新発売 - ボンジュール・ボン(ブランスリー新聞 - 2019年1月号)
     東京都内に複数のベーカリーを展開するボンジュール・ボンは12月14日、大豆ミートを使用したカレーフィリングを使った「やさいと大豆ミートのキーマカレー」(税込180円)を発売した。大豆ミートは、搾油した大豆からたんぱく質を抽出し、粒フ...

  13. 「The『穀』食パン」などを新発売 - 一本堂(ブランスリー新聞 - 2019年1月号)
     全国に105店を展開する食パン専門店「一本堂」はこのほど、「The『穀』食パン」(ざっこくしょくぱん)を発売した。また、昨年発売して好評だった高機能食パンシリーズの第二弾として、「乳酸菌入り食パン」と「ココア生クリーム食パン」を...

  14. 「純生食パン工房HARE/PAN」が大分にオープン - ヤマナミ麺芸社(ブランスリー新聞 - 2019年1月号)
     ヤマナミ麺芸社(本社・大分県大分市、吉岩拓弥社長)は11月22日、「純生食パン工房HARE/PAN」を大分市内にオープンした。「純生食パン」は、同ベーカリーのオリジナルブレンドの小麦粉を使用し、バターなどその他の原材料も、徹底して吟...

<<戻る
謹賀新年