水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
2019年
<<戻る

記事リスト(101件中1101件目)

  1. 立方体のシュークリームに連日長い行列ができる - 北海道物産(ブランスリー新聞 - 2019年6月号)
     北海物産(静岡県熱海市、岡田道男社長)は、立方体の形のシュークリームの専門店「熱海スクエアシュークリーム」を、静岡県熱海市、JR熱海駅前平和通り商店...

  2. 米粉パンのその後(特集 - 2019年6月号)
     米粉パン専門店二軒を取材した。米粉パン自体の味と食感に対する底堅い需要に加えて、グルテンフリーの食品への根強い需要も手伝って、米粉パン文化は着実に根...

  3. ドイツパンの需要を掘り起こす - パン屋クレメル(お店拝見 - 2019年6月号)
    人気の食パンとクリームパンを受け継ぐ 東京・羽村市のJR青梅線・羽村駅から徒歩10分ほどの住宅街にある「パン屋クレメル」。外構は、花や緑で彩られ、店舗入...

  4. パンを買う判断材料 - 消費者アンケート(アンケート - 2019年6月号)
     「パンを買う判断材料」のテーマで、ネットアンケートを実施した。回答者に抽選で「パンセット」をプレゼントするという形で、ブランスリー報道社が運営するパ...

  5. ドイツのライ麦パンと日本の米粉パン - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(24)(連載 - 2019年6月号)
     今回の特集は、「米粉パンのその後」のテーマで、専門店二軒を取材しました。 米粉でパンを作る製法は、これまで色々な人が研究を重ね、ふっくらとして美味し...

  6. 時代を一歩進める革新的なベーカリー機器など - 第16回デザート・スイーツ&ベーカリー展など(ブランスリー新聞 - 2019年6月号)
     製菓・製パン、カフェ・飲料の商品開発のための専門展「第16回デザート・スイーツ&ベーカリー展」と中食・外食産業の専門展「第22回ファベックス2019」が...

  7. 世界のスイーツをパンにアレンジした4品目を発売 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2019年6月号)
     敷島製パン(盛田淳夫社長)は5月1日、世界のスイーツをパンにアレンジした「世界のスイーツをたべよう。タルトタタン風」「世界のスイーツをたべよう。NY...

  8. 「近未来的都市型ベーカリー」を東京・渋谷に出店 - ロイヤル・アーツ(ブランスリー新聞 - 2019年6月号)
     専門学校から飲食店まで幅広い事業を展開するロイヤル・アーツ(東京・目黒区、安達建之社長)は5月10日、同社のチョコレート専門店「green bean ...

  9. 「令和」を印字した「元号あんぱん」を発売 - ポンパドウル(ブランスリー新聞 - 2019年6月号)
     リテールベーカリーチェーンのポンパドウル(三藤達男社長)は4月1日、新元号の「令和」を印字した「元号あんぱん」を、全77店で発売した。歯切れのいい生地で...

  10. 日本代表選手の応援講習会を開催へ - 日本フランスパン友の会(ブランスリー新聞 - 2019年6月号)
     日本フランスパン友の会は、「クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー日本代表選手応援講習会」を次の要項で開催する。【日時】6月11日(火)午前10...

  11. 製菓製パン業界の未来を担う総勢200人が入学 - 国際フード製菓専門学校(ブランスリー新聞 - 2019年6月号)
     国際フード製菓専門学校(広瀬道校長)の入学式が4月12日、併設校の東京誠心調理師専門学校と合同で、東京・大田区の大田区民ホール・アプリコで行われた。 ...

  12. 「関東・栃木レモンクリームパン」など5月の新商品 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2019年6月号)
     第一屋製パン(細貝正統社長)は5月1日、「関東・栃木レモンクリームパン」「よこすか海軍カレーパン」「ベーコンチーズポテト」「焦がしチーズハムマヨネー...

  13. スペインから有名シェフを招き講習会を開催へ - 日本パン技術研究所(ブランスリー新聞 - 2019年6月号)
     一般社団法人日本パン技術研究所(井上好文所長)は「2019第13回海外製パンセミナー」を次の要項で開催する【日時】▼東京 8月26(月)、27(火)の両日...

  14. 「高田知明氏による製パン特別講習会」を開催へ - 日本食生活文化財団(ブランスリー新聞 - 2019年6月号)
     一般社団法人日本食生活文化財団(三田芳裕理事長)は6月12日、埼玉県戸田市の愛工舎製作所で「高田知明氏による製パン特別講習会」を開催する。開催要項は次...

  15. 「南国白くま」とコラボ - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2019年6月号)
     山崎製パン(飯島延浩社長)は5月7日、「南国白くま風オムレット」を発売した。セイカ食品(鹿児島県鹿児島市)の人気アイス「元祖鹿児島 南国白くま」とコ...

  16. 「金の食パン」をリニューアル - セブン&アイ・ホールディングス(ブランスリー新聞 - 2019年6月号)
     コンビニのセブン‐イレブンなどを展開するセブン&アイ・ホールディングス(本社=東京・千代田区、井阪 隆一社長)はこのほど、『セブンプレミアム ゴールド ...

  17. いちごスイーツの専門店を熱海にオープン - フジノネ(ブランスリー新聞 - 2019年6月号)
     観光施設のプロデュースなどを手掛けるフジノネ(静岡県熱海市、水野正広社長)は4月27日、いちごのスイーツの専門店「いちご  BonBonBerry 熱...

  18. 最近のつぶやき(連載 - 2019年6月号)
     ブランスリー報道社のツイッター公式アカウントに投稿された最近のつぶやきの中から、いくつかをピックアップして掲載しています。 ●ベーカリーは、作る商品...

  19. 小規模ベーカリーの焼きたて演出法(特集 - 2019年5月号)
    ホイロが要らないからすぐ焼けるアイテム 「ただいま『パニールカリー』が焼きたてです。『カルツォーネ チキン』も焼きたてです」 神奈川県藤沢市のベーカリ...

  20. きんつばのようなあんパンが話題 - メイカセブン(お店拝見 - 2019年5月号)
    薄皮と腰高にこだわったあんパン作り うっすらと中のあんこが透けて見えるほど、薄い皮で包まれた「うす皮あんぱん」(税込215円)。皮が薄いだけでなく、包...

  21. リテールならではの「手作り」と「焼きたて」 - 日本パン技術研究所所長 井上好文氏(インタビュー - 2019年5月号)
     繁盛店の話題は絶えないものの、今はベーカリーがいい商品を作り続けるだけでは生き残りが厳しい時代といわれる。そこで、海外の製パン事情にも詳しく、国内の...

  22. イノベーションに由来する合理化 - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(24)(連載 - 2019年5月号)
     今月号のインタビュー企画で、日本パン技術研究所の井上好文所長に、今後のリテールベーカリ―の進むべき道についてお話を伺いました。取材を担当した本誌記者...

  23. フードバンクですべての人に食べ物を - 一粒の麦から49(文・本行恵子)(連載 - 2019年5月号)
     「フードバンク」は寄付で集められた食品を、食べ物に困っている人たちに無償で提供する活動をしています。食べられるのにも関わらず様々な理由で廃棄される食...

  24. 「第33回サンワ スプリング フェスタ」を開催 - 三和産業(ブランスリー新聞 - 2019年5月号)
     製パン材料専門問屋の三和産業(黒田勝士社長)は、3月3、4の両日、東京・台東区の東京都立産業貿易センターで「2019 第33回 Sanwa Spring...

  25. ベーカリージャパンカップで準優勝の5品目を販売 - 濱田屋(ブランスリー新聞 - 2019年5月号)
     和風総菜パンで知られるベーカリーの濱田屋(濱田豊社長)が運営するベーカリー「Richu濱田屋太子堂店」では、3月29日から31日までの3日間、同店の今川...

  26. 十勝産の原材料を使用したパンを東京・国立で販売 - 満寿屋商店(ブランスリー新聞 - 2019年5月号)
     北海道と東京にベーカリーを展開する満寿屋商店(本社・北海道帯広市、杉山雅則社長)は4月1日、同社のベーカリーブランド「麦音」を、JR中央線・国立駅直...

  27. 「The平成のヒット商品シリーズ第2弾」を発売 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2019年5月号)
     山崎製パン(飯島延浩社長)は4月1日、「The平成のヒット商品シリーズ第2弾」と題した商品を5月31日までの期間限定で発売した。平成の時代に発売して人気...

  28. もち麦を使用した食パン。プチプチとした食感が特徴 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2019年5月号)
     敷島製パン(盛田淳夫社長)は4月1日、「もち麦入り食パン6枚スライス」と「もち麦入り食パン3枚入」を関東、中部、関西、中国の各地区で発売した。「くる...

  29. 製菓製パン業界の未来を担う221人が入学 - 東京製菓学校(ブランスリー新聞 - 2019年5月号)
     東京製菓学校(梶山浩司校長)は4月1日、東京・新宿区の同校で入学式を挙行した。パン本科44人、洋菓子本科152人、和菓子本科25人の合計221人が入学し...

  30. 大勢の新入生を迎えて、2校合同入学式を挙行 - 国際製菓専門学校(ブランスリー新聞 - 2019年5月号)
     国際製菓専門学校(田中啓介校長)の入学式が4月6日、同校のグループ校である西東京調理師専門学校との合同の形で、東京・小平市の国際パティシエ調理師専門...

  31. 三陸鉄道の再開を記念したパン - ローソン(ブランスリー新聞 - 2019年5月号)
     大手コンビニチェーンのローソン(本社=東京・品川区、竹増貞信社長)は3月19日、岩手県の食材などを使用したパン「さんてつ応援パン〜あまじょっぱい仕立て...

  32. 総勢およそ200人が製パン製菓業界などへ巣立つ - 国際フード製菓専門学校(ブランスリー新聞 - 2019年5月号)
     国際フード製菓専門学校(広瀬道校長)の卒業式が3月17日、併設校である東京誠心調理師専門学校と合同で、神奈川県横浜市の横浜ロイヤルパークホテルで挙行さ...

  33. 製パン、製菓の各技術学科などの入学式を挙行 - 日本菓子専門学校(ブランスリー新聞 - 2019年5月号)
     日本菓子専門学校(三浦秀一校長)は4月3日、神奈川県川崎市の川崎市民プラザで第22回製パン技術学科、第60回製菓技術学科、第4回ハイテクニカル科の入学式...

  34. ベーカリー向けにニームの抽出液の防虫剤 - ばんびーの(ブランスリー新聞 - 2019年5月号)
     精米用の防虫剤を手掛けるばんびーの(東京・杉並区、菊池正人社長)は、「ニーム」と呼ばれる樹木の抽出物を希釈した防虫剤「虫どろぼう」のベーカリー業界へ...

  35. 業務用小麦粉を値下げへ - 大手製粉各社(ブランスリー新聞 - 2019年5月号)
     大手製粉各社は業務用小麦粉の値下げを実施する。4月1日から輸入小麦の政府売り渡し価格が5銘柄平均で1・7%引き下げられたことが理由。 日清製粉は、強...

  36. 「種子島安納芋デニッシュ」など4月の新商品を発売 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2019年5月号)
     第一屋製パン(細貝正統社長)は4月1日、「種子島安納芋デニッシュ」「岩手県産牛肉入りビーフシチューパン」「名古屋コーチン入りキーマカレーパン」「徳島...

  37. グルテンフリーのパンが簡単に焼ける米粉を発売 - 熊本製粉(ブランスリー新聞 - 2019年5月号)
     熊本製粉(熊本県熊本市、宮本貫治社長)はこのほど、グルテンフリーの米粉パンが簡単に焼ける「九州ミズホチカラ米粉」を新発売した。「ミズホチカラ」という...

  38. ベーカリーレストランをオープン - トリコロール(ブランスリー新聞 - 2019年5月号)
     ベーカリーカフェなどを運営するトリコロール(東京・港区、柴田直孝社長)は4月19日、パンに合うグリル料理を取り揃え、高級感を演出したベーカリーレストラ...

  39. 小規模パン屋の売り場演出(特集 - 2019年4月号)
    アンティーク家具を用いた売り場づくり 5坪の売り場で、八角形の大理石の天板が付いたテーブルを、陳列台として使用しているベーカリーがある。神奈川県横浜市...

  40. フランス生地のおいしさを伝えたい - パンプロ(お店拝見 - 2019年4月号)
    ちぎって食べられるハード系が人気 北陸地方初めてとなる、フィリップ・ビゴ氏の名を冠した「オーボンパン ビゴの店」を金沢市に2006年に開業した細田実さ...

  41. コンビニのパン vs スーパーのパン - 消費者アンケート(アンケート - 2019年4月号)
     「コンビニのパン vs スーパーのパン」のテーマで、ネットアンケートを実施した。回答者に抽選で「パンセット」をプレゼントするという形で、ブランスリー報道...

  42. 製パン製菓の機械が集結4日間でおよそ4万人が来場 - 2019モバックショウ(レポート - 2019年4月号)
    製パン製菓に留まらない総合展へ 2019モバックショウ(第26回国際製パン製菓関連産業展、主催=協同組合日本製パン製菓機械工業会)が2月20日から23日まで...

  43. ベーカリーよ、大志を抱け - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(連載 - 2019年4月号)
     今月号のお店拝見、東京・八王子の「パンプロ」の記事を読んで、べーカリーを営んでいくということは、客を理解することであり、自分を表現することであるとい...

  44. 「第4回IKEBUKUROパン祭」を開催へ - 東武百貨店池袋本店(ブランスリー新聞 - 2019年4月号)
     東武百貨店池袋本店は、3月20日から26日まで、「第4回IKEBUKUROパン祭」を開催する。パンマニアとして知られる片山智香子さんが選んだベーカリーを...

  45. 食パンの新ブランド「emini(エミニ)」など - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2019年4月号)
     第一屋製パン(細貝正統社長)は3月1日、「emini(エミニ)6枚切」「博多 明太ポテト」「鹿児島 黒豚カレー」「宮城 よもぎ餅風蒸し」など3月の新...

  46. 「はちみつフェア」で様々なはちみつパンを販売 - ドンク(ブランスリー新聞 - 2019年4月号)
     リテールベーカリーチェーンのドンク(本社・兵庫県神戸市、中土忠社長)は3月6日から19日まで、同社のベーカリーブランドのひとつである「ジョアン」全14店...

  47. 「創業50周年お客様感謝デー」のイベントを開催へ - ポンパドウル(ブランスリー新聞 - 2019年4月号)
     リテールベーカリーチェーンのポンパドウル(三藤達男社長)は、創業50周年を記念して「創業50周年お客様感謝デー」と題したイベントを開催する。3月から11月...

  48. 「第56回菓子祭」を開催巨大なパンの作品など - 東京製菓学校(ブランスリー新聞 - 2019年4月号)
     東京製菓学校(梶山浩司校長)は2月23、24の両日、東京・新宿区の同校で「第56回菓子祭」を開催した。 学生らがお菓子やパンで作った大きな作品の展示や、パ...

  49. 大勢の卒業生らが製パン製菓業界へ巣立つ - 東京製菓学校(ブランスリー新聞 - 2019年4月号)
     東京製菓学校(梶山浩司校長)は3月7日、東京・新宿区のハイアットリージェンシー東京で卒業式を挙行した。パン本科43人、洋菓子本科120人、和菓子本科25...

  50. 学園祭と卒業作品展で学校生活の集大成を展示 - 国際パティシエ調理師専門学校(ブランスリー新聞 - 2019年4月号)
     国際パティシエ調理師専門学校(田中啓介校長)は2月16、17の両日、東京・小平市の同校で、学園祭と卒業作品展を開催した。卒業作品の展示では、卒業学年の学...

  51. 3校合同卒業式を挙行。「世界に羽ばたき活躍を」 - 国際製菓専門学校など(ブランスリー新聞 - 2019年4月号)
     国際製菓専門学校、西東京調理師専門学校、国際パティシエ調理師専門学校の合同卒業式が3月8日、東京・小平市の国際パティシエ調理師専門学校で挙行された。...

  52. 製菓技術、製パン技術両学科の卒業式などを挙行 - 日本菓子専門学校(ブランスリー新聞 - 2019年4月号)
     日本菓子専門学校(三浦秀一校長)は3月5日、神奈川県川崎市の川崎市民プラザで第21回製パン技術学科、第58回製菓技術学科の各卒業式と、第3回ハイテクニカ...

  53. 「ふんわり食パン」をリニューアルして新発売 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2019年4月号)
     山崎製パン(飯島延浩社長)は3月1日、「ミミまで白くやわらかい食パン」として人気の「ふんわり食パン」をリニューアル発売した。「ミミがあることを感じさ...

  54. 「銀座チキンカリーパン」を明治とのコラボで新発売 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2019年4月号)
     敷島製パン(盛田淳夫社長)は3月1日、「銀座チキンカリーパン」を関東、中部、関西、中国の各地区で発売した。オープン価格で、月間58万個の出荷を見込んで...

  55. いよいよ消費税10%(特集 - 2019年3月号)
    テイクアウトと外食の混在にどう対処するか 10月から消費税が10%へ引き上げられるが、今回は、軽減税率の仕組みが導入され、生活に密着した商品については、消...

  56. 店に関わるすべての人を大事に - セイルノッツ(お店拝見 - 2019年3月号)
    入念な準備のおかげで早く軌道に乗れた 東京・豊島区の池袋駅から、東京メトロでひと駅の要町駅からすぐの路地に佇むベーカリー「セイルノッツ」。昨年10月に開...

  57. イタリアのパンの素朴さを焼き色のグラデーションで表現 - フォカッチェリア アルタムーラ(レポート - 2019年3月号)
    素朴なのに目に豊かなイタリアのパン 東京・新宿区、東京メトロ東西線の神楽坂駅から徒歩5分のフォカッチャ専門店「フォカッチェリア アルタムーラ」は、店主...

  58. 社長の考えを深め、従業員のやる気を引き出す - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(連載 - 2019年3月号)
     本誌今月号のお店拝見の記事を読んで、ベーカリー経営において、販売や製造の心構えや手順などについて書いた冊子を作って従業員に渡すことは、大事なことだと...

  59. ソフトな食感のパンが固定客を掴む - 一粒の麦から48(文・本行恵子)(連載 - 2019年3月号)
     ベーカリーコンサルタントの笹本正男さんが、昨年6月に開業した「ベーカリーねもと」に行ってきました。 多品種のパンを提供し、焼きたて作りたてを売りにし...

  60. 日本画を飾りパンなどの技法で再現した作品が人気 - 国際製菓専門学校(ブランスリー新聞 - 2019年3月号)
     国際製菓専門学校(田中啓介校長)は2月2、3の両日、東京・立川市の同校で、「第30回KOKUSAI立川菓子祭2019」と題して学園祭を行った。 学生ら...

  61. 第27回ベーカリー新製品開発コンテストを開催へ - カリフォルニア・レーズン協会(ブランスリー新聞 - 2019年3月号)
     カリフォルニア・レーズン協会(ジェフリー・N・マクニール駐日代表)は、「第27回カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテスト」への参加者を...

  62. レーズンの前処理についてのセミナーを開催へ - カリフォルニア・レーズン協会(ブランスリー新聞 - 2019年3月号)
     カリフォルニア・レーズン協会(ジェフリー・N・マクニール駐日代表)は、「今だから知りたい カリフォルニア・レーズンの前処理とその活用について」と題し...

  63. 完全菜食主義者向けのレストランをオープンへ - ポンパドウル(ブランスリー新聞 - 2019年3月号)
     リテールベーカリーチェーンのポンパドウル(三藤達男社長)は2月21日、完全菜食主義者向けのレストラン「M’s Table ポンパドウル」(神奈川県横浜...

  64. 「ランチパックわくわくミュージアム」のイベント - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2019年3月号)
     山崎製パン(飯島延浩社長)は雑貨専門店のロフト(本社=東京・千代田)とタイアップし、東京・渋谷の「渋谷ロフト」で、「ランチパックわくわくミュージアム...

  65. 「塩屋那覇空港店」を出店ソルトソムリエが常駐 - パラダイスプラン(ブランスリー新聞 - 2019年3月号)
     塩の専門店「塩屋(まーすやー)」を展開するパラダイスプラン(本社・沖縄県宮古島市、西里長治社長)は、 「塩屋那覇空港店」を3月18日にオープンする。国内...

  66. 東京マラソンを応援する「ランチパック」を販売 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2019年3月号)
     山崎製パンは、同社が協賛する「東京マラソン2019」を応援する商品として、「ランチパック(TOKYO XコロッケとTOKYO Xカレー)」を2月1日...

  67. 「宇治抹茶シリーズ」の4アイテムを新発売 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2019年3月号)
     敷島製パン(盛田淳夫社長)は3月1日、「宇治抹茶とホワイトチョコのめろんぱん」「宇治抹茶と小倉のどら焼き2個入」などの4品目を、「宇治抹茶シリーズ」...

  68. 「ガトーショコラ蒸し」など2月の新商品を発売 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2019年3月号)
     第一屋製パン(細貝正統社長)は2月1日、「ガトーショコラ蒸し」「ホワイトチョコメロンパン」「ショコラケーキデニッシュ」「ふんわりチョコスチームケーキ...

  69. テーマ別の6つのパビリオンでわかりやすい展示 - 第8回P&B JAPAN(ブランスリー新聞 - 2019年3月号)
     「第8回P&B JAPAN」が7月22日から24日までの3日間、東京ビッグサイト青海展示棟(東京・江東区)で開催される。ベーカリーや洋菓子店で使う製パン...

  70. 「国産小麦ともち麦粉のあんぱん」を発売 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2019年3月号)
     敷島製パン(盛田淳夫社長)は、国産小麦のゆめちからを使用したシリーズ商品の「国産小麦ともち麦粉のあんぱん」を3月1日、関東、中部、関西、中国、四国の...

  71. 鬼丸農園のにんにくを使用した食事パンを発売 - ドンク(ブランスリー新聞 - 2019年3月号)
     リテールベーカリーチェーンのドンク(中土忠社長)は2月15日から28日まで「ごちそうジャパン〜日本列島おいしい食材を求めて〜」と題したキャンペーンを、同...

  72. 今月のつぶやき(連載 - 2019年3月号)
     ブランスリー報道社のツイッター公式アカウントに投稿された最近のつぶやきの中から、いくつかをピックアップして掲載しています。 ●信用って危ういものだけ...

  73. ベーカリーのインスタグラム(特集 - 2019年2月号)
     情報化社会の要となったSNSは、ベーカリーにとっても、なくてはならない販促ツールとなっている。中でも写真が中心のインスタグラムは、よりダイレクトに顧客...

  74. 女性らしさが活きるパンづくり - ジュウニブン ベーカリー(お店拝見 - 2019年2月号)
    ヒット商品は、狙って開発し、外さない 薄紙に包まれた、まるで紙風船のような見た目で店頭に並ぶ「風船パン」(税込324円)が、断トツの一番人気だというベ...

  75. パン屋さんでの「いいな」「嫌だな」 - 消費者アンケート(アンケート - 2019年2月号)
     「パン屋さんでの『いいな』『嫌だな』」のテーマで、ネットアンケートを実施した。回答者に抽選で「パンセット」をプレゼントするという形で、ブランスリー報...

  76. 優れた役者も優れた演出家がいなければ輝かない - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(連載 - 2019年2月号)
     今回のお店拝見でとりあげた「ジュウニブンベーカリー」の「風船パン」が印象に残った。吸水量が120%という多加水の生地を、ところどころに、有塩バターの...

  77. 「平成31年新春講演会及び賀詞交歓会」を開く - 日本製パン製菓機械工業会(ブランスリー新聞 - 2019年2月号)
     協同組合日本製パン製菓機械工業会(増田文治理事長)は1月15日、東京・千代田区のKKRホテル東京で、「平成31年新春講演会及び賀詞交歓会」を開催した。 ...

  78. カステラのような食感の食パン「黄金パン」を発売 - パンパティ(ブランスリー新聞 - 2019年2月号)
     東京と神奈川に複数のベーカリーを展開するパンパティ(本店=東京・町田市、大泉裕一社長)は、カステラのような食感が特徴的な 「黄金パン」(税込648円...

  79. 「ゴールドシリーズ」の新商品「クリーミーゴールド」を発売 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2019年2月号)
     山崎製パン(飯島延浩社長)は1月1日、「最高の品質とおいしさ」をコンセプトにした「ゴールドシリーズ」の新商品として「クリーミーゴールド」を新発売した...

  80. 「平成のヒット商品シリーズ」の4品目を発売 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2019年2月号)
     山崎製パン(飯島延浩社長)は「The 平成のヒット商品シリーズ」と題して、「チョコの山」「ヴィエノワーズ(ミルク)」「サクリスタン」「ドーワッツ(チ...

  81. 新日本代表にマーケット・メイカーズのマクニール社長 - カリフォルニアくるみ協会(ブランスリー新聞 - 2019年2月号)
     米国カリフォルニア産くるみの普及活動を行うカリフォルニアくるみ協会(本部・米国カリフォルニア州フォルサム)はこのほど、東京・千代田区のマーケティング...

  82. 「青森りんごフェア」をドンクとミニワンで開催 - ドンク(ブランスリー新聞 - 2019年2月号)
     リテールベーカリーチェーンのドンク(中土忠社長)は、「青森りんごフェア」を1月12日から31日まで、全国の「ドンク」とミニクロワッサンの量り売り業態の「...

  83. 「北海道チーズの濃厚タルト」など2品目を発売 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2019年2月号)
     敷島製パン(盛田淳夫社長)は1月1日、「北海道チーズの濃厚タルト」「ベルギーチョコレートのタルト」の2品目を、関東、中部、関西、中国、四国の各地区で発...

  84. メキシコに工場を新設し希少糖の生産を開始へ - 松谷化学工業(ブランスリー新聞 - 2019年2月号)
     澱粉の総合メーカーである松谷化学工業(本社・兵庫県伊丹市、松谷晴世社長)は糖化製品などのメーカーである米イングレディオン社(本社・米国イリノイ州)と...

  85. 「たいめいけん3代目監修 ビーフオムレツパン」などを発売 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2019年2月号)
     第一屋製パンは1月1日、「たいめいけん3代目監修 ビーフオムレツパン」「くるみバターあん」「温めてもおいしい安納芋パン」「りんごバターロール」など1月...

  86. 親交のあった約80人が参加し、在りし日を偲ぶ - フィリップ・ビゴ氏を偲ぶ会(ブランスリー新聞 - 2019年2月号)
     2018年9月17日に76歳で死去したビゴの店(兵庫県芦屋市)の創業者、フィリップ・ビゴ氏を偲ぶ会が2018年11月6日、東京・渋谷区の「代官山レストラン...

  87. 「デナベイクEXTRA」を発売 - 林原(ブランスリー新聞 - 2019年2月号)
     酵素を使った機能性糖質の製造を手掛ける林原(本社・岡山市北区、安場直樹社長)は製パン用酵素『デナベイクEXTRA』を開発した。酵素の量産を中核事業とする...

  88. ハード系の食べ方の幅を広げたい - bakery 南(お店拝見 - 2019年1月号)
    ルヴァンを作り始めて、オリジナリティーが増す 横浜市北部、都筑区のニュータウンにある市営地下鉄・センター南駅改札から、歩いて5分ほど南下した場所にある...

  89. パリで親しんだ人と人との温かな繋がりを日本の人達と再構築する - ブーランジュリー ボネダンヌ(レポート - 2019年1月号)
    パリで味わった美味しさを伝えたい 田園都市線・三軒茶屋駅から徒歩約12分、世田谷区の三宿で営まれる焼き菓子とパンの店「ブーランジュリー ボネダンヌ」。店...

  90. 食パン専門店 特集(特集 - 2019年1月号)
    「生」はやわらかさを表現したことば 11月15日にオープンした「乃が美 はなれ 麻布十番店」は、大阪市天王寺区に総本店を構え、「高級『生』食パン」を専門に製...

  91. マレーシアの食文化体験の旅 - 一粒の麦から47(文・本行恵子)(連載 - 2019年1月号)
     2018年の夏、マレーシアのモントキアラでベーカリーレストラン「B‐LAB」を経営する松原裕吉さんを訪問し、多民族で成り立つ現地の食文化を体験してきまし...

  92. 食パン専門店意識調査 - 消費者アンケート(アンケート - 2019年1月号)
     「食パン専門店意識調査」のテーマで、ネットアンケートを実施した。回答者に抽選で「パンセット」をプレゼントするという形で、ブランスリー報道社が運営する...

  93. 革命的でないのなら、ブランディングを知れ - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(連載 - 2019年1月号)
     本誌2018年11月号と12月号は、「ベーカリーのブランディング」のテーマで特集を組んだが、あるブランディングの専門家が、ブランドの力について、コカコー...

  94. グランプリに、タカキベーカリーの「石窯くるみパン」 - 2018くるみパン・オブ・ザ・イヤー(ブランスリー新聞 - 2019年1月号)
     カリフォルニアくるみ協会(日本代表事務所=東京・港区)が主催するくるみパンの人気投票コンテスト「2018くるみパン・オブ・ザ・イヤー」のグランプリに...

  95. 6枚連続で焼ける電気式ピザ窯「エルフォルノ」 - ニチワ電機(ブランスリー新聞 - 2019年1月号)
     厨房機器メーカーのニチワ電機(東京本社=東京・中央区、岡田望社長)の電気式ピザ窯「エルフォルノ」がスーパーのインストアベーカリーなどで活躍している。...

  96. フランスの伝統菓子の「ガレット・デ・ロワ」を販売へ - ドンク(ブランスリー新聞 - 2019年1月号)
     リテールベーカリーチェーンのドンク(中土忠社長)はフランスの伝統菓子の「ガレット・デ・ロワ」を全国のドンク全店と同ベーカリーが運営する別のベーカリー...

  97. 「NexStars 第3回講演会及び懇親会」を開催 - ダイユー(ブランスリー新聞 - 2019年1月号)
     ベーカリー専門の店舗開発を手掛けるダイユー(東京・世田谷区、星野理絵社長)は11月13日、「NexStars 第3回講演会及び懇親会」を東京・千代田区の...

  98. 熊本県産小麦を100%使用した非常食用クッキー - 熊本製粉(ブランスリー新聞 - 2019年1月号)
     熊本製粉(熊本県熊本市、宮本貫治社長)は12月1日、熊本県産小麦を100%使用した非常食用のクッキー「くまもとの未来クッキー」を発売した。熊本県産小麦...

  99. 大豆ミートを使用したカレーパンを新発売 - ボンジュール・ボン(ブランスリー新聞 - 2019年1月号)
     東京都内に複数のベーカリーを展開するボンジュール・ボンは12月14日、大豆ミートを使用したカレーフィリングを使った「やさいと大豆ミートのキーマカレー」(...

  100. 「The『穀』食パン」などを新発売 - 一本堂(ブランスリー新聞 - 2019年1月号)
     全国に105店を展開する食パン専門店「一本堂」はこのほど、「The『穀』食パン」(ざっこくしょくぱん)を発売した。また、昨年発売して好評だった高機能...

  101. 「純生食パン工房HARE/PAN」が大分にオープン - ヤマナミ麺芸社(ブランスリー新聞 - 2019年1月号)
     ヤマナミ麺芸社(本社・大分県大分市、吉岩拓弥社長)は11月22日、「純生食パン工房HARE/PAN」を大分市内にオープンした。「純生食パン」は、同ベーカ...

<<戻る