水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
記事の閲覧
<<戻る
レポート/2019年1月号

パリで親しんだ人と人との温かな繋がりを日本の人達と再構築する - ブーランジュリー ボネダンヌ

店主の荻原浩さん

パリで味わった美味しさを伝えたい

 田園都市線・三軒茶屋駅から徒歩約12分、世田谷区の三宿で営まれる焼き菓子とパンの店「ブーランジュリー ボネダンヌ」。店名の表示された白いドーム型オーニング(日よけ)と、濃い色の木彫のファサード(正面)、そのドアの上部を彩る幾何学模様の飾りの組合せというさりげない個性が印象的だ。この純朴さの感じられるスタイリッシュな雰囲気は、同店のイメージ的確に表している。
 店に入ると、15種類...


ブランスリー電子版は、購読者以外の方は、見出しと写真1枚、本文の一部までしかご覧いただけません。残りの写真や本文、その他のコンテンツを含めたすべての記事をご覧頂くには、購読のお申し込みが必要です。

今月の公開記事

月刊ブランスリーってどんな雑誌?

ブランスリー電子版とは?


購読者の方はログインしてください。ブランスリー電子版の詳細については、総合案内 をご覧ください。
謹賀新年