水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
<<戻る

記事リスト(206件中1206件目)

  1. 当店にしかできないこと(特集 - 2016年12月号)
     「地元の人が地元の名物として自慢できるような、地元の顔になれるような、そんな店を作りたいと思ってオープンしました」と話すのは、埼玉県川口市、埼玉高速鉄道「新井宿」駅から徒歩1分の場所にある店「ベーカリーキッチン ホッペホッペ」の...

  2. 地域と相思相愛を保ち62年 - パン工房 ときわ堂食彩館(お店拝見 - 2016年12月号)
    わかりやすく居心地の良いベーカリー 小学校や郵便局が立ち並ぶ、足立区の住宅街にあるベーカリー「ときわ堂食彩館」。1954年8月に開業し、今年創業62年の同店は、地元に数多くのリピーターを抱え、遠方からの客も珍しくない人気店だ。 その...

  3. 発酵種を使用した製パン講習会 - OYCフーズネット(講習会 - 2016年12月号)
     オリエンタル酵母工業の関連会社、OYCフーズネット(本社=東京・板橋区、佐藤和紀社長)は9月7日、東京・板橋区のオリエンタル酵母工業で「発酵種を使用した製パン講習会」を開催した。発酵種を使用した様々な種類のパンを紹介した。講師は...

  4. 目的買いと衝動買い - 消費者アンケート(アンケート - 2016年12月号)
     「目的買いと衝動買い」のテーマで、ネットアンケートを実施した。回答者に抽選で「パンセット」をプレゼントするという形で、ブランスリー報道社が運営するパンと菓子のオンラインショッピングモール、パン菓子・COM(http://www.pankashi.co...

  5. 第25回ベーカリー新製品開発コンテストを開催 - カリフォルニア・レーズン協会(ブランスリー新聞 - 2016年12月号)
     カリフォルニア・レーズン協会(駐日事務所=東京・千代田区、ジェフリー・マクニール駐日代表)は、10月29日、東京・江東区のホテルイースト21東京で、「第25回カリフォルニア・レーズンベーカリー新製品開発コンテスト」の表彰式とレセプション...

  6. 「クリスマスフェア」を12月25日まで開催中 - ドンク(ブランスリー新聞 - 2016年12月号)
     ドンク(本社・兵庫県神戸市、中土忠社長)は、11月1日から12月25日まで、ヨーロッパ各国のクリスマスの伝統菓子や、ドンクオリジナルのクリスマス製品を販売する「クリスマスフェア」を、ドンク、ジョアン、マリー・カトリーヌの同社の3つのベ...

  7. 千葉県市川市の梨を使用たパン2品目を発売 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2016年12月号)
     山崎製パン(飯島延浩社長)は11月1日、千葉県の市川市農業協同組合と協力して、市川市で収穫された梨を使用した「和梨のスフレ(和梨ジャム&ホイップ)」と「和梨のケーキサンド」の2アイテムを発売した。いずれもオープン価格。 「和梨のス...

  8. 「第29回日菓祭」と「第14回パン祭り」を開く - 日本菓子専門学校(ブランスリー新聞 - 2016年12月号)
     日本菓子専門学校(秋田勝校長)は11月3日、「第29回日菓祭」と「第14回パン祭り」を東京・世田谷区の同校で開催した。学生らによるパンや菓子の製造実演や、学生らが作ったパンや菓子の販売などが人気を集め、多くの来場者で賑わった。 パンの...

  9. 平成28年度東京都教育功労者に選ばれる - 国際製菓専門学校の田中理事長(ブランスリー新聞 - 2016年12月号)
     国際製菓専門学校(東京・立川市)の田中啓介理事長が、平成28年度東京都教育功労者に選ばれた。表彰式は10月3日、東京・新宿区の東京都庁で行われ、教育、文化、スポーツ振興などの功労者271人と23団体が表彰された。田中理事長は、東京・立川市...

  10. 「2017モバックショウ」の記者会見を行う - 日本製パン製菓機械工業会(ブランスリー新聞 - 2016年12月号)
     協同組合日本製パン製菓機械工業会(増田文治理事長)は11月8日、東京・千代田区のステーションコンファレンス万世橋で、2017年2月22日から25日まで大阪市住之江区のインテックス大阪で開かれる「2017モバックショウ」についての記者会...

  11. 「国産小麦のカステラ4個入」を新発売 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2016年12月号)
     敷島製パン(盛田淳夫社長)は、 北海道産の小麦「ゆめちから」を中心とする国産小麦を使用したパンのシリーズの新アイテムとして、「国産小麦のカステラ4個入」を11月1日、関東、中部、近畿、中国、四国の各地区で発売した。オープン価格で、月...

  12. 「エコール・ルノートル特別技術講習会」を開く - 国際製菓専門学校(ブランスリー新聞 - 2016年12月号)
     国際製菓専門学校(田中啓介校長)は10月26日、「第22回エコール・ルノートル特別技術講習会」を開催した。 講師は、フランスの国家最優秀職人(MOF)で、同校姉妹校エコール・ルノートルの製菓教授のセルジュ・グランジェ氏が務め、入門者向...

  13. 「3種のチーズパン」など11月の新商品を発売 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2016年12月号)
     第一屋製パンは11月1日、「3種のチーズパン」「ビーフシチューパン」「滋養卵 たまごロール」「いちごのシューブール」などの11月の新商品を発売した。いずれもオープン価格。 「3種のチーズパン」は、生地にゴーダチーズを練り込み、上面に...

  14. 香港に初出店カフェも設置 - ドミニック・ジュラン(ブランスリー新聞 - 2016年12月号)
     ドンク(本社・兵庫県神戸市、中土忠社長)は、同社のベーカリーブランドのひとつである「ドミニック・ジュラン」の新店舗を香港の荃灣(チュンワン)にオープンした。食品スーパーのイオン荃灣店内への出店。「ドミニック・ジュラン...

  15. どうしてますか、店の宣伝(特集 - 2016年11月号)
    オープン以来、3つの方法で集客 千葉県柏市のベーカリー「ベーカリーハレビノ」は、ベーカリーのプロデュース会社に勤めていた店長の上野公之さんが2014年6月に一念発起して開業したベーカリーだ。人口が増加する柏市内の住宅地にあり、付近...

  16. 日々の積み上げこそが財産 - 喜福堂の金子幾雄社長(インタビュー - 2016年11月号)
     「おばあちゃんの原宿」と呼ばれる東京・巣鴨の地蔵通り商店街に、今年で創業100年を迎えた老舗ベーカリーの喜福堂がある。看板商品のあんぱんを毎日500個も販売する。今年2月に4代目社長に就任した金子幾雄さん(43歳)は、毎朝祖父の...

  17. 2016年星天会夏季講習会 - 星天会(講習会 - 2016年11月号)
     ホシノ酵母を使ってパンを作るベーカリーなどの団体、星天会(土田耕正会長)は9月13日、東京・渋谷区の日本製粉東部技術センターで、「2016年星天会夏季講習会」を開催した。講師には、埼玉県狭山市のベーカリー、サンセリテの高田知明社...

  18. 長期休暇でリフレッシュ、同時に社員教育 - 一粒の麦から34(文・本行恵子)(連載 - 2016年11月号)
     1年の中でパンが一番よく売れる時期を迎え、新製品発売やイベント企画で忙しい日々をお過ごしでしょう。今年の夏休みはいかがお過ごしでしたか? 今回は日本のパン屋さんでは珍しい、毎年夏に長期休暇をとる店のご紹介です。夏に4週間の長期休...

  19. 第27回特別講習会 - 東京製菓学校校友会本部(講習会 - 2016年11月号)
     東京製菓学校校友会が主催して、「第27回特別講習会」が8月25日、東京・新宿区の東京製菓学校で開催された。パン、洋菓子、和菓子の3コースで行われ、パンのコースでは、製パン製菓のメニュー開発を手掛けるコンサルタントの山崎豊氏が講師...

  20. ホシノ酵母とくるみのパンの出来栄えを競う - 第2回星天会新製品コンテスト(ブランスリー新聞 - 2016年11月号)
     ホシノ酵母を使ってパンを作るベーカリーなどの団体、星天会(土田耕正会長)が主催して、「第2回星天会新製品コンテスト」の表彰式が9月13日、東京・渋谷区の日本製粉東部技術センターで開かれた。同日同所で行われた星天会の夏季講習会のあと...

  21. ザクッとしてトロッとするクリームパンが1位に - 2016パングランプリ東京(ブランスリー新聞 - 2016年11月号)
     「2016パングランプリ東京」(東京都パン商工協同組合=上原晃道理事長=主催)の表彰式が10月4日、東京・中央区の日清製粉小網町ビルで開催された。1位の東京都知事賞には、ベーカリータカダ(埼玉県狭山市)の高田知明さんが出品した「ザ...

  22. 「第8回学生祭」を開催学生達が栽培した麦のパンも - 東京製菓学校(ブランスリー新聞 - 2016年11月号)
     東京製菓学校は10月2日、東京・新宿区の同校で「第8回学生祭」を開催した。学生が主体となって様々な企画が行われ、多くの来場者で賑わった。 「有名店紹介展示」のコーナーでは、ベーカリー、洋菓子店、和菓子店合計50店舗が参加し、それぞれ...

  23. 新しい吉祥寺名物を目指して5品目を発売 - ボンジュール・ボン(ブランスリー新聞 - 2016年11月号)
     都内に複数のベーカリーを展開するボンジュール・ボン(田中善教社長)は、「みんなのアイデアで吉祥寺新名物パンを作ろう!」と題した企画でアイデアを公募し、応募があった500件以上のアイデアの中から厳選して5アイテムを開発、10月3日に...

  24. 若手パン職人を育てるためのコンテストを開催 - 日本アンバサドール協会(ブランスリー新聞 - 2016年11月号)
     日本アンバサドール協会(川良弘会長)は10月4日、東京・中央区の日清製粉小網町加工センターで若手パン職人を対象にしたパンのコンテスト「les Espoirs des Ambassadeurs〜希望の星である若手職人を育てるコンクー...

  25. 製パン用酵素「デナベイクEXTRA」を発売 - ナガセケムテックス(ブランスリー新聞 - 2016年11月号)
     化学製品製造メーカーのナガセケムテックス(本社=大阪市、礒野昭彦社長)は、糖化酵素メーカーの林原(本社=岡山市、森下治社長)と共同で、製パン用酵素「デナベイクEXTRA」を開発し、10月3かから販売を開始した。販売は、化学商品を主...

  26. 「十二穀ブレッド」など栄養機能食品のパン発売 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2016年11月号)
     山崎製パン(飯島延浩社長)は10月1日、栄養機能食品のパン「十二穀ブレッド」と「ミルクツイストパン」の2アイテムを発売した。 「十二穀ブレッド」は、1枚当たり約86mgの葉酸が摂取できる栄養機能食品。小麦ふすま、ライ麦、大麦など十二...

  27. 業務用小麦粉を値下げへ - 日清製粉(ブランスリー新聞 - 2016年11月号)
     日清製粉は輸入小麦の政府売渡価格が10月1日から5銘柄平均で7・9%引き下げられたことに伴って、業務用小麦粉の値下げを実施する。 強力系の小麦粉25キロ当たり税抜きで95円、中力・薄力系の小麦粉を25キロ当たり税抜きで130円、それぞれ...

  28. ハロウィンの時期限定のパイ7品目を新発売 - リトル・パイ・ファクトリー(ブランスリー新聞 - 2016年11月号)
     焼きたてパイ専門店「リトル・パイ・ファクトリー」は、ハロウィンの時期限定のパイ7品目を10月1、広尾店(東京・港区)と渋谷店(東京・渋谷区)で発売した。10月31日まで販売する。価格はすべて税抜きで340円。 発売したのは「かぼちゃの...

  29. ジョアン各店でドイツパンフェアを開催 - ドンク(ブランスリー新聞 - 2016年11月号)
     リテールベーカリーチェーンのドンク(本社・兵庫県神戸市、中土忠社長)は、同社のベーカリーブランドのひとつである「ジョアン」各店で10月5日から18日まで、「ドイツフェア〜パンで楽しむドイツ〜」と題したフェアを開催した。ドイツの本格的...

  30. 「イングリッシュマフィン4種のナッツ」を新発売 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2016年11月号)
     敷島製パンは10月1日、人気のイングリッシュマフィンシリーズの新商品として「イングリッシュマフィン4種のナッツ4個入」と「イングリッシュマフィン4種のナッツ2個入」を関東、中部、近畿、中国、四国の各地区で発売した。いずれもオープン...

  31. 「4種のきのこピザ」など10月の新商品を発売 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2016年11月号)
     第一屋製パンは10月1日、「4種のきのこピザ」「サクリッシュ」「チアシード使用のいちごヨーグルトロール」「大きなスイートポテトデニッシュ」などの10月の新商品を発売した。いずれもオープン価格。 「4種のきのこピザ」は、ピザソースを塗...

  32. 専門店だからわかる専門商品の売れる理由 - ベッカライカフェ・リンデ吉祥寺本店(特集 - 2016年10月号)
    バターを塗った時の味わいに感動 東京・武蔵野市、JR吉祥寺駅の駅前に広がる商店街の中にあるドイツパン専門店の「ベッカライカフェ・リンデ」は、今から19年前の1997年に開業。以降、純然たるドイツパン専門店としての道を歩んできた。駅前...

  33. ベーカリーへのクレーム - 消費者アンケート(アンケート - 2016年10月号)
     「ベーカリーへのクレーム」のテーマで、ネットアンケートを実施した。回答者に抽選で「パンセット」をプレゼントするという形で、ブランスリー報道社が運営するパンと菓子のオンラインショッピングモール、パン菓子・COM(http://www.pankash...

  34. 仏で学んだ鮮度重視の考え - ブーランジェリー ボネダンヌ(お店拝見 - 2016年10月号)
    サンドイッチは鮮度が一番だと実感した 週末には、朝8時の開店から、作りたてのバゲットサンドを買い求める人の列ができる店がある。東京・世田谷区のベーカリー「ブーランジェリー ボネダンヌ」だ。 ハムとバターをサンドした「ジャンボンブー...

  35. 西川功晃氏による製パン特別講習会 - 日本食生活文化財団(講習会 - 2016年10月号)
     日本食生活文化財団(三田芳裕理事長)は7月6日、埼玉県戸田市にある愛工舎製作所のCAPホールで、「西川功晃氏による製パン特別講習会」を開催した。講師はサ・マーシュ(兵庫県・神戸市)のオーナーシェフ、西川功晃氏が務め、11品目を紹介...

  36. 電車の吊り革のパンが人気。累計販売数2万個を突破 - カタカタつりわぱん(ブランスリー新聞 - 2016年10月号)
     京都市の梅小路公園内にある「市電カフェ」で、電車の吊り革の形をした「カタカタつりわぱん」が人気を集めている。2014年3月に発売され、今年8月で販売数が2万個に達したという。 「市電カフェ」は、明治中期から昭和初期に実際に運転...

  37. 神奈川県平塚市に新工場 - サンフレッセ(ブランスリー新聞 - 2016年10月号)
     冷凍パン生地メーカーのサンフレッセ(埼玉県北足立郡、富澤三継社長)は、神奈川県平塚市に新工場を建設する。所在地は、神奈川県平塚市東豊田字道下357‐11で、敷地面積はおよそ1万平方メートル。2018年4月の操業開始を目指す。 同社は...

  38. クリームとあんなどを合わせた「桃太郎セット」 - 八天堂(ブランスリー新聞 - 2016年10月号)
     クリームパンで有名な八天堂(広島県三原市、森光孝雅社長)は、新開発のパン4個をセットにした「桃太郎セット」を9月8日、同日オープンした八天堂さんすて岡山店で発売した。粒あん、こしあん、紫芋あんをそれぞれ、クリームと2層にして合わ...

  39. 名古屋営業所を開設へ - 三和産業(ブランスリー新聞 - 2016年10月号)
     製パン材料専門の問屋の三和産業(本社=東京・足立区、黒田勝士社長)は愛知県小牧市に名古屋営業所を開設し、中部地区の業務拡大を図る。住所は、愛知県小牧市西之島2167‐1。電話番号は0568‐74‐0222。10月3日から業務を開始...

  40. 名古屋支店を移転へ - ミヨシ油脂(ブランスリー新聞 - 2016年10月号)
     大手油脂メーカーのミヨシ油脂(本社=東京・葛飾区)は名古屋支店を移転する。新住所は、愛知県名古屋市中区錦2‐2‐24フージャース名古屋錦ビル7階。新電話番号は052‐221‐8120。新事務所での業務開始は、9月20日。

  41. シュトーレンとパネトーネの販促用リーフレットを無料配布 - カリフォルニア・レーズン協会(ブランスリー新聞 - 2016年10月号)
     カリフォルニア・レーズン協会(ジェフリー・マクニール駐日代表)は、シュトーレンとパネトーネの各リーフレットを無料配布している。クリスマスに向けて、シュトーレンやパネトーネを製造販売するベーカリーや洋菓子店に販促ツールとして使用し...

  42. 食パン専門店が新店舗オープンに積極的(ブランスリー新聞 - 2016年10月号)
     食パン専門店が新店舗のオープンに積極的だ。全国に12店舗を展開する食パン専門店の「乃が美」(本店=大阪府大阪市)はこのほど滋賀県内に「乃が美はなれ草津店」(滋賀県草津市)をオープン。同店の食パンは生クリームやバターを使い、卵は使用...

  43. 今年度のマーケティング計画を発表 - カリフォルニア・レーズン協会(ブランスリー新聞 - 2016年10月号)
     カリフォルニア・レーズン協会(ジェフリー・マクニール駐日代表)は、9月2日、東京・千代田区のホテルメトロポリタン エドモントで記者会見し、今年度(2016年7月〜2017年6月)の対日マーケティング活動計画を発表した。 製パン製...

  44. 日本代表選手は、VIRONの松田武司氏 - モンディアル・デュ・パン日本代表選手選考会(ブランスリー新聞 - 2016年10月号)
     来年にフランスで行われる「第6回モンディアル・デュ・パン2017」に出場する日本代表選手の選考会が、8月1日から3日までの3日間、東京・江東区の東京ビッグサイトで開かれた製パン製菓の展示会「パティスリー&ブーランジェリージャパン...

  45. 秋の素材をたっぷりと使った5品目を発売 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2016年10月号)
     敷島製パンは秋の素材をたっぷりと使った菓子パン5品目を9月1日、関東、中部、近畿、中国、四国の各地区で発売した。10月31日までの期間限定販売。いずれもオープン価格で、販売期間中の出荷数量を550万個と見込んでいる。 発売したのは「...

  46. 「秋のおいしいキャンペーン」を実施中 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2016年10月号)
     山崎製パンは9月1日から11月15日まで「秋のおいしいキャンペーン」と題した企画を実施している。 期間中対象商品のパッケージに付いている点数券12点分を集めて応募すると、「東京ディズニーリゾートパークチケット」と「東京ディズニーリゾー...

  47. 「ごちそうジャパン」と題したキャンペーン - ドンク(ブランスリー新聞 - 2016年10月号)
     リテールベーカリーチェーンのドンク(本社・兵庫県神戸市、中土忠社長)は「ごちそうジャパン〜日本列島おいしい食材を求めて〜」と題した企画を同社が展開する「ドンク」「ドンクエディテ」「ジョアン」「マリー・カトリーヌ」などのブランドの...

  48. 「ダイドーコーヒーメロンパン」など9月の新商品を発売 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2016年10月号)
     第一屋製パンは9月1日、「ダイドーコーヒーメロンパン」「鹿児島 さつまいもデニッシュ」「山梨 ぶどうパン」「シャウエッセン使用のソーセージドッグ」などの9月の新商品を発売した。いずれもオープン価格。 「ダイドーコーヒーメロンパン...

  49. サンドイッチが14カ月連続で伸張 - ファミリーマート(ブランスリー新聞 - 2016年10月号)
     大手コンビニチェーンのファミリーマート(本社=東京・豊島区、中山勇社長)は昨年6月にサンドイッチの刷新を行って以降、14カ月連続で前年同期比を上回り、好調に推移しているという。 同社は、昨年6月に、サンドイッチに使用する食パンの見...

  50. オーナーは、パンではなく人を作れ(特集 - 2016年9月号)
     「企業は人なり」とよく言われるが、ベーカリーも例外ではない。企業の役割が、価値ある製品を作って、価値あるサービスとともに販売することだとしたら、価値ある製品も価値あるサービスも、作るのは人であるから、企業の価値は、価値ある製品と...

  51. 地域の憩いの場になりたい - ムッシュイワン日野店(お店拝見 - 2016年9月号)
    地域のコミュニティーのような場所を目指す 東京・立川市に本店を構える「ムッシュイワン」など、都内と神奈川県で5店のベーカリーを運営するウィルベンの小倉孝樹社長は4月下旬、東京・日野市に6店舗目となるベーカリー「ムッシュイワン日野店...

  52. 特選実習セミナー2016 - 東京製菓学校(講習会 - 2016年9月号)
     東京製菓学校(梶山浩司校長)は7月20、21の両日、東京・新宿区の同校で「特選実習セミナー2016」を開催した。パン、洋菓子、和菓子の3コースで行われた。パンのコースでは、同校教師の伊藤常至氏が講師を務め、20日に、「ヌス シュ...

  53. イタリアのパンの巨匠ピエルジョルジョ・ジョリッリ氏製パン講習会 - 日本アンバサドール協会(講習会 - 2016年9月号)
     日本アンバサドール協会(川良弘会長)主催による「イタリアのパンの巨匠ピエルジョルジョ・ジョリッリ氏製パン講習会」が6月16日、東京・中央区の日清製粉小網町加工センターで、約80人の参加者を得て開催された。講習品目は、「グリッシー...

  54. 手間の掛かる商品が売れる - 赤丸ベーカリーの赤丸尋智社長(インタビュー - 2016年9月号)
     現在3代目になる赤丸尋智(ひろのり)さん(55歳)が経営する赤丸ベーカリー(電話03−3971−6624)は、93年前の大正12年(1923年)、赤丸文化堂という和菓子店として現在地(東京・豊島区雑司が谷)に創業された。昭和25...

  55. クラブ・ド・サントノーレの乳製品を学ぶミニセミナー - 一粒の麦から33(文・本行恵子)(連載 - 2016年9月号)
     設立10年目を迎えるクラブ・ド・サントノーレ(須田いずみ代表幹事、http://club-de-sainthonore.jp/)は、パン業界の発展のため、パン業界で働く女性が会社の枠を超え、共に学び、情報交換や交流ができる場を作ることを目指す女性たちの団体です...

  56. 製パン製菓の機械、原材料が勢揃いの展示会 - パティスリー&ブーランジェリージャパンワールド2016(ブランスリー新聞 - 2016年9月号)
     「パティスリー&ブーランジェリージャパンワールド 2016」が8月1日から3日まで、東京・江東区の東京ビッグサイトで開催された。パンと菓子の製造小売の業態の店に向けた原材料や機械設備の展示会で、主催はパティスリー&ブーランジェリージ...

  57. 電気式の石窯で焼くナポリピッツァのコンテスト - 第一回ツジ・キカイ チンクエチェントカップ(ブランスリー新聞 - 2016年9月号)
     「第一回ツジ・キカイ チンクエチェントカップ」(ナポリピッツァ職人協会主催)が8月2日、パティスリー&ブーランジェリージャパン2016のイベントステージで開催された。電気式石窯で焼くナポリピッツァのコンテストで、ナポリピッツァの定...

  58. 創業111周年記フェアを全国の店舗で開催 - ドンク(ブランスリー新聞 - 2016年9月号)
     ドンク(本社・兵庫県神戸市、中土忠社長)は、2016年8月8日に創業111周年を迎えたことを記念して、「111th Anniversary〜ドンク創業111周年記念フェア〜」と題したイベントを、8月1日から14日まで、全国のドンク...

  59. 熊本産の牛乳使用の「ランチパック」シリーズ - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2016年9月号)
     山崎製パン(飯島延浩社長)は、同社の人気ブランド「ランチパック」シリーズから、熊本県産の牛乳を使用した「ランチパック(ミルククリーム)」と「ランチパック(カフェオレクリーム)」の2アイテムを7月21日、全国発売した。2アイテムの売...

  60. もっちり感とふんわり感を併せ持った2品目 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2016年9月号)
     敷島製パン(盛田淳夫社長)は、 もっちりした食感とふんわりした食感を併せ持ったことを売り物にした「ましゅふわ カスタード&ホイップ 2個入」「ましゅふわ 3種のベリー&ホイップ 2個入」を8月1日、関東、中部、近畿、中国、四国の...

  61. 猪肉を具材に使用したピタパンを新販売 - JR東日本フードビジネス(ブランスリー新聞 - 2016年9月号)
     JR東日本フードビジネス(明智俊明社長)は、首都圏の駅構内に展開するファストフードチェーン「ベッカーズ」の18店舗において、千葉県産猪肉をレタスなどの野菜と一緒に、ピタパンに詰めた「房総ジビエ 猪肉のスパイシーピタポケット」(税込...

  62. 「甘糀と野菜のバターペースト」シリーズ3品目 - 古町糀製造所(ブランスリー新聞 - 2016年9月号)
     糀ドリンク専門店の「古町糀製造所」(新潟県新潟市)は7月21日、「甘糀と野菜のバターペースト」シリーズの3アイテムを発売した。「さつまいも」「にんじん」「かぼちゃ」の3品目で、パンに塗るだけで、甘糀の栄養と野菜を摂取することができ...

  63. 「森のたまごのメロンパン」など8月の新商品を発売 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2016年9月号)
     第一屋製パンは8月1日、「森のたまごのメロンパン」「ローズヒップ香るりんごのデニッシュ」「アップルレアチーズ仕立て」「黒こしょう ハム&マヨ」などの8月の新商品を発売した。いずれもオープン価格。 「森のたまごのメロンパン」は、安...

  64. 「おいしい菓子パン」シリーズの第29弾の2アイテム - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2016年9月号)
     山崎製パン(飯島延浩社長)は8月1日、素材と製法にこだわった「おいしい菓子パン」シリーズの第29弾として、「完熟トマトとチーズのパン」と「しっとりチーズブレッド」を新発売した。2商品ともオープン価格。 「完熟トマトとチーズのパン」...

  65. 「ゆめちから」使用の「国産小麦の黒糖コッペ」を発売 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2016年9月号)
     敷島製パン(盛田淳夫社長)は、 北海道産の小麦「ゆめちから」を中心とする国産小麦を使用したパンのシリーズの新アイテムとして、「国産小麦の黒糖コッペ」を8月1日、関東、中部、近畿、中国、四国の各地区で発売した。オープン価格で、月間...

  66. 小学生のバレーボール大会に協賛 - 日清製粉(ブランスリー新聞 - 2016年9月号)
     日清製粉グループ本社(大枝宏之社)は、8月9日から12日まで開催される「ファミリーマートカップ第36回全日本バレーボール小学生大会全国大会」に協賛する。同大会の会場に、全日本男子バレーボールチームで活躍する清水邦広、柳田将洋、石川祐...

  67. ベーカリーのウェブ活用術(特集 - 2016年8月号)
    ブログ愛読者が楽しみに来店する店 東京・文京区でベーカリーと料理教室を営む「mignon(ミニョン)」は、住宅がひしめく路地裏にある。周囲に溶け込んだ一軒家の佇まいで、同店を見つける唯一の手がかりは、表に立つ小さな看板だ。 同店に...

  68. 北海道のイメージを明確に - サンセリテ 北の小麦(お店拝見 - 2016年8月号)
    北海道産小麦のおいしさを広めたい 東京・世田谷区の東急世田谷線上町駅からすぐの住宅街に5月5日、ベーカリー「サンセリテ 北の小麦」がオープンした。同店は、埼玉県狭山市の人気ベーカリー「サンセリテ 本店」の初めての支店となる。 サンセ...

  69. パンのネット通販事情 - 消費者アンケート(アンケート - 2016年8月号)
     「パンのネット通販事情」のテーマで、ネットアンケートを実施した。回答者に抽選で「パンセット」をプレゼントするという形で、ブランスリー報道社が運営するパンと菓子のオンラインショッピングモール、パン菓子・COM(http://www.pankashi....

  70. 第24回アメリカンベーキングセミナー - サンメイド・グロワーズ・オブ・カリフォルニア社など(講習会 - 2016年8月号)
     サンメイド・グロワーズ・オブ・カリフォルニア社(米カリフォルニア州)などが主催して、「第24回アメリカンベーキングセミナー」が6月21、22の両日、東京・中央区の日清製粉小網町ビル加工技術センターで開かれた。パンの研究施設、FO...

  71. 石窯&スチコン+パティスリー(ブラスト)チラー スイーツトーク&セミナー - ツジ・キカイ(講習会 - 2016年8月号)
     石窯メーカーのツジ・キカイ(山根証社長)は6月29日、同社大阪支店堂島ラボで、「石窯&スチコン+パティスリー(ブラスト)チラー スイーツトーク&セミナー」と題した講習会を開催した。神奈川県横浜市の洋菓子店「スイーツガーデン ユウ...

  72. クープ・デュ・モンド日本代表選手選考会参加者を募集 - 日本フランスパン友の会(ブランスリー新聞 - 2016年8月号)
     日本フランスパン友の会(友近史夫会長)は2020年にフランスで開かれるパンの世界コンクール「クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジェリー2020」に参加する日本代表選手の選考会への参加者を募集している。募集要項は次の通り。【募...

  73. イバカップの日本代表選手選考会参加者を募集 - ドイツパン・菓子勉強会(ブランスリー新聞 - 2016年8月号)
     ドイツパン・菓子勉強会(倉田博和会長)は、2018年に独ミュンヘンで開催されるパンの世界コンクール「第5回インターナショナル チャンピオンシップ オブ ベーカーズ アンド コンフェクショナーズ(イバカプ2018)」の日本代表選手を決...

  74. 「ふわふわスフレ」をリニューアル新発売 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2016年8月号)
     山崎製パン(飯島延浩社長)は、スフレ生地にクリームをサンドしたチルドスイーツ「ふわふわスフレ(ホイップカスタード)」と「ふわふわスフレ(生チョコクリーム)」の2品目を7月1日、全国でリニューアル発売した。いずれもオープン価格。 ...

  75. 国産小麦を使ったチョコワッフルを新発売 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2016年8月号)
     敷島製パン(盛田淳夫社長)は、 北海道産の小麦「ゆめちから」を中心とする国産小麦を使用したパンのシリーズの新アイテムとして、「国産小麦のチョコワッフル2個入」を7月1日、関東、中部、近畿、中国、四国の各地区で発売した。オープン価...

  76. 業務用ミックスなどを値下げへ - 日清フーズ(ブランスリー新聞 - 2016年8月号)
     日清製粉グループの日清フーズ(岩粼浩一社長)は、4月1日から輸入小麦の政府売渡価格が引き下げられたことに伴う業務用小麦粉価格の値下げを踏まえて、家庭用小麦粉と業務用ミックスの製品価格を、8月1日出荷分から値下げする。 家庭用小...

  77. 「2016パングランプリ東京」を開催へ - 東京都パン商工協同組合(ブランスリー新聞 - 2016年8月号)
     東京都パン商工協同組合(上原晃道代表理事)が主催して、「2016パングランプリ東京」が開催される。現在参加者を募集中で、募集要項は次の通り。【募集部門】▼国産小麦を使った食パン部門▼健康に良いテーブルロール部門▼自家製フィリング...

  78. レーズンの新製品開発コンテストを開催へ - カリフォルニア・レーズン協会(ブランスリー新聞 - 2016年8月号)
     カリフォルニア・レーズン協会(ジェフリー・マクニール駐日代表)は、「第25回カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテスト」への参加者を次の要項で募集している。【募集部門】▼ホールセール・コンビニエンス製品部門(工場での...

  79. 仏各地方のパンや菓子にスポットを当てたフェア - ドンク(ブランスリー新聞 - 2016年8月号)
     ドンク(本社・兵庫県神戸市、中土忠社長)は、7月8日から24日までの日程で、「フランスフェア〜フランス、地方をめぐる旅〜」と題したフェアを、全国のドンク各店などで開催している。フランス各地方のパンや菓子8品目を同フェア限定商品とし...

  80. 藤生義治シェフを講師に洋菓子特別授業を開講 - 国際製菓専門学校(ブランスリー新聞 - 2016年8月号)
     国際製菓専門学校(田中啓介校長)は東京・立川市の同校で6月14日、日野市高幡のパティスリー・ドゥ・シェフ・フジウの藤生義治オーナーシェフを講師に迎え、今年4月に入学したばかりの製菓総合専門士科の学生らを対象に、洋菓子特別授業を開講...

  81. 泉谷しげるさんが発案した料理イベントを開催 - 西東京調理師専門学校(ブランスリー新聞 - 2016年8月号)
     西東京調理師専門学校(田中美恵子校長)とラブニール国際K・Hカレッジは、東京・立川市の西東京調理師専門学校で6月18日、「泉谷しげる×住川啓子 キッチンライブ!」を開催した。 初開催となった同イベントは、ミュージシャンで俳優の泉谷...

  82. 「クラウンメロンパン」など7月の新商品を発売 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2016年8月号)
     第一屋製パンは7月1日、「クラウンメロンパン」「パイナップルパン」「冷やしてもおいしいクリームパン」「ブラジルコーヒーサンド」などの7月の新商品を発売した。いずれもオープン価格。 「クラウンメロンパン」は、メロンクリームを菓子パ...

  83. RECIPE - 第1回国産小麦講習会から(レシピ - 2016年8月号)
     NPO法人新麦コレクション(池田浩明理事長)が6月27日、東京・台東区にある正栄食品工業で開催した「第1回国産小麦講習会」の講習品目の中から、365日(東京・渋谷区)の杉窪章匡講師が実演した「ぼくらのパン」、カタネベーカリー(東京・渋谷区...

  84. 看板商品が看板商品になるまで(特集 - 2016年7月号)
     東京・下北沢駅前の賑やかな商店街の中にあるベーカリー「アンゼリカ」の看板商品は30年以上前から販売する「カレーパン スタンダード」(税抜200円)や「みそパン」(税抜170円)だ。いずれも4年前に亡くなった先代の店主だった林大輔さ...

  85. 手堅く守って果敢に攻める - ブレドール 葉山店(お店拝見 - 2016年7月号)
    父が作り上げたパンの味を継承していく 神奈川県のJR逗子駅から車で約20分、バス通りに面した場所にある、ベーカリー「ブレドール」。葉山で100年以上続いた老舗ベーカリー「葉山ボンジュール」(現在は閉店)で修業した橋本宗茂さんが、19...

  86. RECIPE(レシピ - 2016年7月号)
    お店拝見(14〜15ページ)参照ブレドール 葉山店 神奈川県葉山町のベーカリー「ブレドール葉山店」の看板商品。1斤税込480円と高価ながらも、人気がある。2年前、日経新聞の食パンランキングで、1位を獲得した。「バターの風味を楽しむため...

  87. セルフ販売 VS 対面販売 - 消費者アンケート(アンケート - 2016年7月号)
     「セルフ販売 VS 対面販売」のテーマで、ネットアンケートを実施した。回答者に抽選で「パンセット」をプレゼントするという形で、ブランスリー報道社が運営するパンと菓子のオンラインショッピングモール、パン菓子・COM(http://www.pankash...

  88. 緩やかな発展を目指す - パン工房ポッシュの吉川知良社長(インタビュー - 2016年7月号)
     埼玉県さいたま市の北浦和駅近くにあるパン工房ポッシュ(電話048−831−2823)は、太平洋戦争後間もない、1947年(昭和22年)創業の老舗ベーカリーだ。現在は3年前に三代目社長に就任した吉川知良さん(36歳)が現場を仕切る。創業者...

  89. パンの材料としても馴染み深いイチジクを極める - 一粒の麦から32(文・本行恵子)(連載 - 2016年7月号)
     子供の頃、家の庭先にあったイチジクの木に、夏から秋にかけたくさん実がなっていた風景を思い出します。先端が割れた完熟状態の実をもぎ取り皮ごと食べると、野趣に富んだ味がして自然の甘みが口の中いっぱいに広がり、子供なりに旬の味を食べる...

  90. 小麦ふすま使用のパン3アイテムを発売 - ブレッドアンドコーヒー イケダヤマ(ブランスリー新聞 - 2016年7月号)
     自家製パンと自家焙煎コーヒーが楽しめる店として注目を集める「ブレッドアンドコーヒー イケダヤマ」(東京・品川区)は6月1日、小麦ふすまの粉を使用したパン3品目を発売した。「ベジ・ベジ・ベジサンドイッチ」(税込600円)、「ふすまパ...

  91. モンディアル・デュ・パンの代表選考 - 日本アンバサドール協会(ブランスリー新聞 - 2016年7月号)
     日本アンバサドール協会(川良弘会長)は5月24日、東京・江東区の奥本製粉東京支店で、来年フランスで開かれるパンの国際コンクール、第6回モンディアル・デュ・パンの日本代表を決める一次選考会を開催した。今回は22人がエントリーし、課題で...

  92. 「ブレッドボール&スープセット」を新発売 - ホムパリ(ブランスリー新聞 - 2016年7月号)
     30代からの女性に向けた新しいライフスタイルを提唱するECサイト「ホムパリ」は5月18日、「ブレッドボール&スープセット」のネット通販を開始した。中身を簡単にくり抜けるように作られたブール形のパンと、その中に入れて食べるために開発さ...

  93. 「日本陸上競技選手権大会」に特別協賛 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2016年7月号)
     山崎製パンは6月24日から26日までの3日間、愛知県名古屋市パロマ瑞穂スタジアムで開催される「第100回日本陸上競技選手権大会」(主催・公益財団法人日本陸上競技連盟)に特別協賛する。同大会は、陸上競技の日本一を決める国内最高峰の大会...

  94. 「AKASHI GO FREE」と題し記念イベント - ツジ・キカイ(ブランスリー新聞 - 2016年7月号)
     石窯やコンベクションオーブンなどのメーカーのツジ・キカイは5月28日、同社の山根証社長が50歳になったのを記念して、「AKASHI GO FREE」と題した記念イベントを、神奈川県横浜市のライブレストラン、モーション・ブルー・ヨコハマで開催した。...

  95. 「ゆめちから」を使用したベーグルの新商品 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2016年7月号)
     敷島製パンは6月1日、国産小麦の「ゆめちから」を使用したベーグルのシリーズ「MY BAGEL」の新商品として、「MY BAGEL レモン&オレンジ」を、関東、中部、近畿、中国、四国の各地区で発売した。8月31日までの期間限定販売。...

  96. 「PREMIUM SWEETS」の新商品を発売 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2016年7月号)
     山崎製パンは6月1日、素材にこだわったチルドデザート『PREMIUM SWEETS』シリーズの新商品として、「クリーム白玉ぜんざい(北海道産小豆・北海道産生クリーム)」を全国発売した。北海道産小豆のつぶあんにもっちりとした食感の...

  97. コーンポタージュを包んだメロンパンを発売 - ボンジュール・ボン(ブランスリー新聞 - 2016年7月号)
     東京・東村山市のベーカリー「ボンジュール・ボン」はこのほど、スイートコーンを包んで焼き上げたメロンパン「コンポタメロン」(税込151円)を発売した。粒々感あふれる北海道産のスイートコーンをたっぷりと使用したコーンポタージュをフィ...

  98. 第55回通常総会を開催。機械の売上前年比10%増 - 日本製パン製菓機械工業会(ブランスリー新聞 - 2016年7月号)
     協同組合日本製パン製菓機械工業会(増田文治理事長)は5月24日、石川県加賀市のホテル、森の栖で、第55回通常総会を開催した。 総会には、組合員89社のうち、委任状出席15社などを含めて84社が出席。増田文治理事長を議長に選出し、「平成27年...

  99. 「チーズベーコンポテト」など6月の新商品を発売 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2016年7月号)
     第一屋製パンは6月1日、「チーズベーコンポテト」「もちチーズ」「レアチーズ蒸しケーキ」「わさビーフン」などの6月の新商品を発売した。いずれもオープン価格。 「チーズベーコンポテト」は、Q・B・Bチーズ使用のベーコンチーズポテトフ...

  100. 茨城のメロン使用のメロンパンを茨城で販売 - セブン‐イレブン・ジャパン(ブランスリー新聞 - 2016年7月号)
     大手コンビニチェーンのセブン‐イレブン・ジャパンは5月31日、茨城県産のメロン「オトメメロン」を使った「オトメメロンのメロンパン」(税込158円)を、茨城県内のセブン‐イレブン全630店で発売した。「オトメメロン」を使用して作った...

  101. 「ドンクエディテ」を吹田市に出店 - ドンク(ブランスリー新聞 - 2016年7月号)
     ドンク(本社・兵庫県神戸市、中土忠社長)は「ドンクエディテ吹田グリーンプレイス店」を6月8日、オープンした。雑穀やライ麦粉を使ったパンなど60アイテムを製造販売。レストランを併設。住所は、大阪府吹田市片山町2丁目3‐7、電話は、0...

  102. ふすまパンってどうですか?(特集 - 2016年6月号)
     「ふすま」と呼ばれる小麦の表皮部分を製粉した粉を主原料とした「ふすまパン」が注目を集めている。糖質や炭水化物の摂取量を制限して、たんぱく質や脂質を多く摂取する「低糖質ダイエット」に不可欠なパンとして語られることも多い。糖尿病など...

  103. お店拝見 特別企画(1)(お店拝見 - 2016年6月号)
     今回は「お店拝見特別企画」として、リテールベーカリー経営についての4つのテーマを設定して、これまでに掲載されたお店拝見の記事の内容をもとに記事を書いてみました。お店拝見では、これまでおよそ300軒のベーカリーを取材させていただき...

  104. お店拝見 特別企画(2)(お店拝見 - 2016年6月号)
     今回は「お店拝見特別企画」として、リテールベーカリー経営についての4つのテーマを設定して、これまでに掲載されたお店拝見の記事の内容をもとに記事を書いてみました。お店拝見では、これまでおよそ300軒のベーカリーを取材させていただき...

  105. 食パンがどう消費されているか? - 消費者アンケート(アンケート - 2016年6月号)
     「食パンがどう消費されているか?」のテーマで、ネットアンケートを実施した。回答者に抽選で「パンセット」をプレゼントするという形で、ブランスリー報道社が運営するパンと菓子のオンラインショッピングモール、パン菓子・COM(http://www...

  106. 「デザート・スイーツ&ドリンク展」などを開く - 日本食糧新聞社など(ブランスリー新聞 - 2016年6月号)
     和洋菓子、飲料関連見本市の「第13回デザート・スイーツ&ドリンク展」と惣菜デリカ、弁当、中食、外食業界の専門見本市の「第19回ファベックス2016」が4月13日から15日まで、東京・江東区の東京ビッグサイトで開催された。「第4回食品&飲...

  107. 「ジョアン33周年誕生祭」を開催し、限定商品販売 - ドンク(ブランスリー新聞 - 2016年6月号)
     ドンク(本社・兵庫県神戸市、中土忠社長)は5月18日から31日まで、同社のベーカリーブランドのひとつである「ジョアン」の33周年を記念して、「ジョアン33周年誕生祭 La Fete du Pain〜ジョアン パンフェスタ」を開催している...

  108. チーズの羽が付いたクロワッサンを発売 - サークルKサンクス(ブランスリー新聞 - 2016年6月号)
     コンビニチェーンのサークルKサンクス(本部=東京・中央区、竹内修一社長)は5月17日、「羽根つきチーズクロワッサン」を全国のサークルKとサンクス6289店で発売した。税込128円。クロワッサンは、「湯捏ね製法」で仕込むことと、でん...

  109. 売り渡し価格引き下げで業務用小麦粉を値下げ - 大手製粉各社(ブランスリー新聞 - 2016年6月号)
     大手製粉各社は業務用小麦粉の値下げを実施する。4月1日から輸入小麦の政府売り渡し価格が5銘柄平均で7・1%引き下げられたことが理由。 日清製粉は、強力系小麦粉を25キロ当たり115円、中力系・薄力系小麦粉を25キロ当たり110円、国...

  110. TBSのドラマとタイアップの「ランチパック」を発売 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2016年6月号)
     山崎製パンは、テレビタレントの松本潤さん主演のドラマ、TBS日曜劇場「99・9‐刑事専門弁護士‐」とタイアップした商品の第2弾として、「ランチパック ハンバーグ(おろしポン酢ソース)」を5月15日から6月20日までの期間限定で全国販売し...

  111. 「プレミアム伊勢茶のロールケーキ」を新発売 - ローソン(ブランスリー新聞 - 2016年6月号)
     大手コンビニチェーンのローソン(本部=東京・品川区、玉塚元一社長)は5月17日、「プレミアム伊勢茶のロールケーキ」(税込195円)を、全国のローソン1万1637店で発売した。6月6日までの期間限定で販売する。 同商品は、5月26、27...

  112. 「第24回アメリカンベーキングセミナー」開催へ - タントなど(ブランスリー新聞 - 2016年6月号)
     乾果物などの輸入販売を手掛けるタント(東京・渋谷区)などが主催して、「第24回アメリカンベーキングセミナー」が次の要項で開催される。 【日時】▼東京 6月21 (火)、22 (水)の両日(時間は両日とも午後1時〜午後5時)▼大阪 6月24...

  113. イタリアのパン職人を講師に製パン講習会 - 日本アンバサドール協会(ブランスリー新聞 - 2016年6月号)
     日本アンバサドール協会(川良弘会長)は、「ピエルジョルジョ・ジョリッリ氏 製パン講習会」を次の要項で開催する。 【日時】▼東京 6月16日午前10時〜午後4時30分▼大阪 6月22日午前10時〜午後4時30分 【場所】▼東京 日清製粉小網町...

  114. 「おいしい菓子パン」シリーズの第26弾を発売 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2016年6月号)
     山崎製パンは5月1日、素材と製法にこだわった「おいしい菓子パン」シリーズの第26弾として、「もちもちとしたあんスティック」と「ハム&マヨネーズロール」を新発売した。2商品ともオープン価格。 「もちもちとしたあんスティック」は、デニ...

  115. 「国産小麦のスフレどら焼き」を新発売 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2016年6月号)
     敷島製パンは5月1日、関東、中部、近畿、中国、四国の各地区で、「国産小麦のスフレどら焼き」を新発売した。「ゆめちから」などの国産小麦を100%使用し、小麦粉以外の主要原料もできる限り国産にこだわっている。 「スフレのようなやわら...

  116. シンガポールでモバックをPR - 日本製パン製菓機械工業会(ブランスリー新聞 - 2016年6月号)
     日本製パン製菓機械工業会(増田文治理事長)は、シンガポールで4月12日から開催されたアジア最大級の食の展示会とされる「フード&ホテル アジア」(FHA)にあわせて4月13日、シンガポールのシーフードレストラン、レッド・ハウス・シーフード...

  117. 「日本のパン」シリーズ4アイテムを発売 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2016年6月号)
     第一屋製パンは5月1日、日本の素材のおいしさにこだわった「日本のパン」シリーズ4アイテムを発売した。小麦粉はすべて国産のものを使用し、さらに、新潟産の米粉と秋田産米ピューレを使用することで、しっとりとしてもっちりとした食感に仕上...

  118. 「白」をテーマにした洋菓子3品目を新発売 - セブン‐イレブン・ジャパン(ブランスリー新聞 - 2016年6月号)
     大手コンビニチェーンのセブン‐イレブン・ジャパン(本社=東京・千代田区、井坂隆一社長)は5月10日から、「爽やかレモンのホワイトフロマージュ」「もっちり白いレアチーズどら」「まっしろホワイトチョコロール」の3アイテムを、全国のセブ...

  119. 夏季限定のメロンパンを発売 - ドンク(ブランスリー新聞 - 2016年6月号)
     ドンク(本社・兵庫県神戸市、中土忠社長)は5月22日から8月31日まで、「ドンク」「ジョアン」「マリー・カトリーヌ」「ドミニック・ジュラン」の同社が展開するベーカリー4業態で、夏季限定の「冷やしてメロン」を発売する。口当たりのいいホ...

  120. パン屋の女房(特集 - 2016年5月号)
     仏パリで修行する夫と共に渡仏し、同地で第一子を出産/夫と共に帰国し、ベーカリーを開業/店舗のデザイン、販売、事務作業、ホームページ作成管理などを担当/生活者目線で、夫の商品開発をアシスト子育てをしながら修行と開業をアシスト 東京...

  121. ユーロパンとブルターニュの食文化を訪ねる旅 - 一粒の麦から31(文・本行恵子)(連載 - 2016年5月号)
    CDM応援とパン職人たちとの交流 去る2月4日〜11日にかけ、アミカル日本支部(田島浩太会長)が企画した「ユーロパン視察とブルターニュの食文化を訪ねる旅」に参加しました。 世界的な製パン製菓の展示会、ユーロパン2016が開催されたパリ...

  122. 無理なく買える「日々のパン」 - アカリベーカリー(お店拝見 - 2016年5月号)
    人々が集まる温かさのあるベーカリーを目指す JR国立駅から徒歩4分、雑貨店や喫茶店などが点在する通りに昨年12月、「アカリベーカリー」がオープンした。 「日々のパン」という文字が店名の上に添えられた黄色の看板は、30センチ四方の控えめ...

  123. 洋菓子消費動向調査 - 消費者アンケート(アンケート - 2016年5月号)
     「洋菓子消費動向調査」のテーマで、ネットアンケートを実施した。回答者に抽選で「パンセット」をプレゼントするという形で、ブランスリー報道社が運営するパンと菓子のオンラインショッピングモール、パン菓子・COM(http://www.pankashi.co...

  124. 明治45年の創業以来の生活に溶け込むパン作り - ニコラス精養堂の太田米藏社長(インタビュー - 2016年5月号)
     東京・世田谷区にあるニコラス精養堂(電話03‐3410‐7276)は明治45年(1912年)創業の老舗ベーカリーだ。発酵法も酒種からイーストへの変化の時代を通じて、パン作りの違いを肌で感じてきた。昭和5年(1930年)には陸軍御用...

  125. RECIPE(レシピ - 2016年5月号)
    特集(10〜11ページ)参照パン・ピジョン家庭で母親が作るようなコロッケをボリュームたっぷりの大きさで柔らかいパンに挟んだ「パン・ビジョン」の人気惣菜商品。税別190円。コロッケパン【材料】▼バンズ‥‥‥‥‥‥1個▼コロッケ‥‥‥‥‥...

  126. RECIPE(レシピ - 2016年5月号)
    お店拝見(14〜15ページ)参照アカリベーカリー毎日食べても飽きないような味と食感を目指した食パン。副材料を控えめにし、小麦の味を感じられる味に仕上げている。税込330円。アカリブレッド【湯種配合%】ゴールデンヨット(強力粉)‥‥‥‥...

  127. 「2016サンワ スプリング フェスタ」を開く - 三和産業(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     製パン材料専門問屋の三和産業(黒田勝士社長)は、2月21、22の両日、東京・台東区の東京都立産業貿易センターで「2016 Sanwa Spring Festa(サンワスプリング フェスタ)」を開催した。 製パン材料や製パン機械のメーカ...

  128. 北海道産小麦使用のパンのコンテストを開催 - アルティザンブーランジェコンクール実行委員会(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     北海道産の小麦などを使用したパンのコンテスト「アルティザンブーランジェコンクール・北海道2016」の本選が3月9日、北海道札幌市内で開催された。北海道産素材のポテンシャルの高さの立証とその利用拡大に寄与することが目的。また、全国のパン...

  129. 新会長にクーロンヌ・ジャポンの田島浩太氏 - アミカル日本支部(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     フランスパンを日本に伝えた先駆者とされるフランス人のパン職人、レイモン・カルベル氏を慕う人たちで作る親睦会「アミカル」の日本支部の新会長に、茨城県つくば市などでベーカリーを展開するクーロンヌ・ジャポンの田島浩太社長が、新副会長に...

  130. 高級路線の食パンの「チーズゴールド」を発売 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     山崎製パンは4月1日、「最高の品質とおいしさの追求」をコンセプトとした食パンブランド「ヤマザキゴールド」シリーズの新商品として、「チーズゴールド」(参考価格3枚入り税込151円、6枚入り税込281円)を発売した。チーズのおいしさ...

  131. 国産小麦の「ゆめちから」使用の2品目を発売 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     敷島製パンは4月1日、国産小麦の「ゆめちから」を使用した「国産小麦のクラウンメロンパン」「国産小麦のよもぎ蒸しパン」の2アイテムを関東、中部、近畿、中国、四国の各地区で発売した。国産小麦100%使用で、小麦以外の主要原料もできる...

  132. 食に関わる850社が最新の商品やサービスを展示 - ホテル・レストランショーなど(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     「第44回国際ホテル・レストランショー」が2月16日から19日までの4日間、東京・江東区の東京ビッグサイトで開催された。「第37回フード・ケータリングショー」「第16回厨房設備機器展」との合同開催。宿泊、外食、給食などの産業に関わる850...

  133. 「博多 明太ポテト」など4月の新商品を発売 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     第一屋製パンは4月1日、「博多 明太ポテト」「鹿児島 黒豚カレー」「信州安曇野 ハニーミルクサンド」「キャラメルマフィン」などの4月の新商品を発売した。いずれもオープン価格。 「博多 明太ポテト」は、博多の「かねふく」の明太子を...

  134. 「国産小麦フェア」を全国123店で開催 - ドンク(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     ドンク(本社・兵庫県神戸市、中土忠社長)は4月15日から28日まで、富山県産の小麦「ゆきちから」を使用したパンを販売する「国産小麦フェア」を全国のドンクなど123店舗で開催している。農地活性化対策と富山県食材の魅力発信に取り組む富山県...

  135. 入学式を挙行。212人が晴れて入学 - 東京製菓学校(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     東京製菓学校(梶山浩司校長)は4月1日、東京・新宿区の同校で入学式を挙行した。パン本科43人、洋菓子本科146人、和菓子本科23人の合計212人が入学した。 梶山浩司校長は、「皆さんは、菓子やパンを通して、人々を幸せにしたいという共...

  136. 製パン、製菓両技術学科の入学式を挙行 - 日本菓子専門学校(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     日本菓子専門学校(秋田勝校長)は4月1日、東京・世田谷区の玉川区民会館ホールで第19回製パン技術学科、第57回製菓技術学科の入学式を挙行した。製パン技術学科は45人、製菓技術学科は154人が入学した。 秋田勝校長は「新入生の皆さんの入...

  137. 3校合同入学式を挙行。「目標に向かって進む」(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     国際製菓専門学校(田中啓介校長)の入学式が4月6日、同校のグループ校である国際パティシエ調理師専門学校と西東京調理師専門学校との3校合同で、東京・小平市の国際パティシエ調理師専門学校で行われた。 西東京調理師専門学校の田中美恵子...

  138. 「TPPは日本に何をもたらすか」をテーマに講演 - 2017モバックショウ実行委員会(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     2017モバックショウ実行委員会(原田淳一実行委員長)は、3月15日、東京・千代田区のステーションコンファレンス万世橋で、「モバック特別講演会」を開催した。講師に招かれた早稲田大学政治経済学術院・経済学研究科の戸堂康之教授が、「T...

  139. コンテストに参加して販促に活かす(特集 - 2016年4月号)
     静岡県熱海市のベーカリー「パン樹 久遠」は、店主の武山陽司さんが、東京パングランプリなどのコンテストに参加し、賞を受けているが、その受賞製品を積極的に、店のPRに活かしている。また、コンテストで入賞することで、地元の雑誌やテレビ...

  140. 品切れが再来店の動機に - しょう’S ベーカリー(お店拝見 - 2016年4月号)
    次々と違うパンを並べていく 西武国分寺線・鷹の台駅から、線路沿いに歩いてすぐの場所にある「しょう’S ベーカリー」。山型食パンをモチーフにした、手作りの鉄製の看板や、花壇の植え込み、カラフルなチョークで書かれた黒板などが店前を飾り...

  141. 響く言葉(響く言葉 - 2016年4月号)
     子供の頃、生まれ育った町のいろいろな人から「おまえのとこのお父さんのパンはおいしいな」と言われるのがとても嬉しかった。 将来の夢は、この町でパン屋をやって、自分の子供が、友達から「おまえの父ちゃんのパンはうまいな」と言われるよう...

  142. 2016年星天会冬季講習会 - 星天会(講習会 - 2016年4月号)
     ホシノ酵母を使ってパンを作るベーカリーなどの団体、星天会(小林幹央会長)は3月2日、東京・渋谷区の日本製粉東部技術センターで、「2016年星天会冬季講習会」を開催した。講師には、熊本県のベーカリー、PAIN DAIGOの上道大吾...

  143. RECIPE(レシピ - 2016年4月号)
    特集(8〜9ページ)参照パン樹 久遠 【レーズンと熱海橙の田舎パン】 熱海の特産品でかんきつ類の橙(だいだい)を使用。柑橘系の風味がレーズンと程よくマッチして、後を引くうまさがある。「第1回ベーカリージャパンカップ」で入賞した製品だ...

  144. RECIPE(レシピ - 2016年4月号)
    特集(10〜11ページ)参照ブーランジュリーオーベルニュ 【カラメルレーズン】 「ブーランジュリー オーヴェルニュ」のオーナーシェフ、井上克哉さんが、独立前ドンクにいた頃に「カリフォルニアレーズンコンテスト」(2001年)でグランプリ...

  145. RECIPE(レシピ - 2016年4月号)
    特集(10〜11ページ)参照ブーランジュリー オーベルニュ 【マニトバブレッド】 「ブーランジュリー オーヴェルニュ」のオーナーシェフ、井上克哉さんが、「カナダ産小麦を使った食パンコンテスト」(2001年)で最優秀賞を受賞した製品。マ...

  146. RECIPE(レシピ - 2016年4月号)
    お店拝見(14〜15ページ)参照しょう’S ベーカリー 【くるみクロッカン】 デニッシュ生地を型抜きした後などの余り生地を有効利用するために販売するようになった製品。デニッシュ生地だけでなく、クロワッサンの半端生地も入れている。クルミ...

  147. 「ハルユタカ」誕生30周年を記念して祝う会を開く - 江別麦の会会長らが発起人(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     北海道で育成された小麦品種「ハルユタカ」が誕生して30年が経ったことを記念し、2月19日、北海道江別市で節目を祝う会が催された。 ハルユタカは「国産小麦ではパンが焼けない」といわれていた時代に登場し、幾たびかの不作に見舞われながらも...

  148. 2017モバックショウの記者会見を行う - 日本製パン製菓機械工業会(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     協同組合日本製パン製菓機械工業会(増田文治理事長)は2月10日、東京・千代田区のステーションコンフェレンス万世橋で、2017年2月22日から25日まで大阪市住之江区のインテックス大阪(南港)で開かれる「2017モバックショウ」について...

  149. 第19回ファベックス2016など - 日本食糧新聞社(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     中食、外食、給食の専門展「第19回ファベックス2016」(主催・日本食糧新聞社)、和洋菓子からデザート・飲料の素材や製品、機器、容器までを一堂に展示する「第13回デザート・スイーツ&ドリンク展」(主催・日本食糧新聞社、協同組合全日本...

  150. 「第53回菓子祭」を開催大きなパンの作品など - 東京製菓学校(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     東京製菓学校(梶山浩司校長)は2月27、28の両日、東京・新宿区の同校で「第53回菓子祭」を開催した。 学生作品の展示や、パンや洋菓子の製造販売のコーナーなどが人気を集め、両日合計で約4400人が来場して賑わった。 学生作品の展示コー...

  151. 「きさらぎ祭」と題した学園祭を開催 - 国際パティシエ調理師専門学校(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     国際パティシエ調理師専門学校(田中啓介校長)は2月20、21の両日、東京・小平市の同校で、「きさらぎ祭」と題した学園祭を開催した。3月に卒業する学生らのパンや菓子の卒業作品の展示や学生らが考案したパンや菓子のレシピの発表、様々なテー...

  152. リッチモント製パン製菓専門学校から講師招く - 国際フード製菓専門学校(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     国際フード製菓専門学校は3月2日から11日の8日間、パートナーシップ提携校であるスイスのリッチモント製パン製菓専門学校から講師を招き、卒業を間近に控えた同校製菓製パン科の学生らを対象に、特別授業を行った。 授業3日目となった4日は...

  153. 「ふんわりワッフル(チョコ)」発売 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     山崎製パンは3月1日、チルドデザートのブランド「プレミアムスイーツ」シリーズの新商品として「ふんわりワッフル(チョコ)」を発売した。5月31日までの期間限定販売。ソフトに焼き上げたワッフルで、チョコクリームとホイップカスタードクリ...

  154. 自家製パンと自家焙煎コーヒーの店をオープン - グルメブランズカンパニー(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     様々な業態の飲食店を展開するグルメブランズカンパニー(石井克二社長)は2月26日、東京・品川区に、自家製のパンと自家焙煎のコーヒーを出す店「Bread&Coffee IKEDAYAMA(ブレッドアンドコーヒー イケダヤマ)」をオー...

  155. 「スナックパン」シリーズの新商品 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     敷島製パンは4月1日、人気の「スナックパン」シリーズの新商品として「スナックパンブルーベリー&ヨーグルト6本入」を中部、近畿、中国、四国の各地区で発売した。同時に同じ「スナックパン」シリーズですでに発売されている「スナックパンフ...

  156. 卒業式を挙行175人が晴れて巣立つ - 東京製菓学校(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     東京製菓学校(梶山浩司校長)は3月8日、東京・新宿区のホテル、ハイアットリージェンシー東京で卒業式を挙行した。パン本科36人、洋菓子本科118人、和菓子本科21人の学生が卒業した。 梶山浩司校長は式辞で「人生は挑戦の連続で、挑戦し続...

  157. 製パン、製菓両技術学科の卒業式を挙行 - 日本菓子専門学校(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     日本菓子専門学校(秋田勝校長)は3月8日、東京・世田谷区の玉川区民会館で第18回製パン技術学科と第55回製菓技術学科の卒業式を挙行した。製パン技術学科45人、製菓技術学科185人が卒業した。 秋田勝校長は「学校で学んだ技術も大事ですが、...

  158. 3校合同卒業式を挙行。「前向きに取り組んで - 」国際製菓専門学校(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     国際製菓専門学校の卒業式が3月8日、グループ校である西東京調理師専門学校、国際パティシエ調理師専門学校との3校合同の形で、東京・小平市の国際パティシエ調理師専門学校で挙行された。 3校の経営母体である啓倫学園の田中啓介理事長は「...

  159. ビゴ東京の藤森氏を迎え「製パン特別授業」を実施 - 国際製菓専門学校(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     国際製菓専門学校(田中啓介校長)は2月12日、ビゴ東京の藤森二郎社長を講師に迎え、「2016製パン特別授業」を実施した。 藤森氏は、クロワッサンやショーソン・ア・ラ・ナポリテーヌ、ガレット・デ・ロワなど8品のパンや菓子作りのデモン...

  160. 多店舗展開のリテールベーカリー(特集 - 2016年3月号)
    ハード系普及の流れとともに成長 「多店舗展開という道を選択したのは当社の企業理念の一つである『パンのある幸せな食卓を共有する場を提供していく』という目的を実現するためです」とベーカリーチェーン「メゾンカイザー」を運営するブーランジ...

  161. 店の建物が大きな看板に - トーチドットベーカリー(お店拝見 - 2016年3月号)
    コンシェルジュデスクのあるベーカリー JR蒲田駅から線路沿いに歩くこと約10分、マンション1階部分に、「トーチドットベーカリー」がある。昨年1月15日にオープンして以来、地元の客だけでなく、電車を途中下車して来店する客も増えてきている...

  162. 取り組み次第で、パン屋はいくらでも伸びる - パン市場浜田分店の浜田二郎会長(インタビュー - 2016年3月号)
     神奈川県横須賀市、京浜急行線浦賀駅から徒歩約6分。浦賀警察署の角を曲がって間もなくの場所にパン市場(いちば)浜田分店(電話046‐841‐0046)がある。今年で創業102年を迎えた。昭和初期に偶然誕生した同店のソフトフランスは...

  163. 夕食におけるパン食事情 - 消費者アンケート(アンケート - 2016年3月号)
     「夕食におけるパン食事情」のテーマで、ネットアンケートを実施した。回答者に抽選で「パンセット」をプレゼントするという形で、ブランスリー報道社が運営するパンと菓子のオンラインショッピングモール、パン菓子・COM(http://www.pankash...

  164. RECIPE(レシピ - 2016年3月号)
    お店拝見(14〜15ページ)参照トーチドットベーカリーアレルギーの人にも食べてもらえるよう、卵と乳を使用しないで作る食パン「松明」(税抜260円)は、トーチドットベーカリーの商品。酵母は「白神こだま酵母」を使用。湯だね製法によるもっち...

  165. 笑いの絶えない恵みに満ちたパン屋さん - 一粒の麦から30(文・本行恵子)(連載 - 2016年3月号)
    人々が集まる多世代型シェアハウス 小田急線の祖師谷大蔵駅から徒歩5分の住宅街にある「せたがやブレッドマーケット」は、「笑恵館」(しょうけいかん)という会員制(年会費500円)のコミュニティースペースの一角にある小さなパン屋さん。製...

  166. エクアドルのパカリ社のチョコレートを販売へ - カリフ・ジャポン(ブランスリー新聞 - 2016年3月号)
     製パン製菓材料の輸入販売などを手掛けるカリフ・ジャポン(小田洋子社長)は1月27日、東京・港区のエクアドル大使館で、南米エクアドルのチョコレート製造会社のパカリ(PACARI)社のチョコレートを味わう「PACARI Chocola...

  167. 「アルティザンブーランジェコンクール」の予選審査 - アルティザンブーランジェコンクール実行委員会(ブランスリー新聞 - 2016年3月号)
     アルティザンブーランジェコンクール実行委員会は1月27日、北海道札幌市内で、3月に最終実技審査と表彰式が行われる予定の「アルティザンブーランジェコンクール北海道2016」の予選審査を行った。45人のエントリーがあり、その中から6人の...

  168. 創立80周年を記念してパン用粉「カイノス」を発売 - 昭和産業(ブランスリー新聞 - 2016年3月号)
     昭和産業(岡田茂社長)は、2月18日、創立80周年を記念して業務用小麦粉の新製品3品目を発売した。 業務用パン用粉「カイノス」、業務用日本麺用粉「麺清流」、業務用中華麺用粉「王蘭」の3アイテム。 業務用パン用粉「カイノス」は、しっと...

  169. 「平成28年新春講演会及び賀詞交歓会」を開催 - 日本製パン製菓機械工業会(ブランスリー新聞 - 2016年3月号)
     協同組合日本製パン製菓機械工業会(増田文治理事長)は1月12日、東京・千代田区のKKRホテル東京で、「平成28年新春講演会及び賀詞交歓会」を開催した。 賀詞交歓会で挨拶に立った増田文治理事長は「ユーザー業界の製パン製菓業界では、引き...

  170. 北海道産小麦を使用した食卓ロール3アイテム - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2016年3月号)
     山崎製パンは2月1日、「北海道産小麦のバターロール(北海道産バター入りマーガリン)」「北海道産小麦のレーズンバターロール(北海道産バター入りマーガリン)」「北海道産小麦の黒糖入りロール(北海道産バター入りマーガリン)」の北海道産...

  171. 国産小麦のパン4品目を発売 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2016年3月号)
     敷島製パンは2月1日、国産小麦粉を100%使用した菓子パン4品目を発売した。 国産小麦100%の生地に、北海道産バター入りクリームを折り込んで焼き上げた「国産小麦のバターブレッド」、国産小麦100%の生地に、国産玉ねぎ、チーズ、...

  172. 学園祭を盛大に開催。パンの鳥獣戯画を展示 - 国際製菓専門学校(ブランスリー新聞 - 2016年3月号)
     国際製菓専門学校(田中啓介校長)は2月6、7の両日、東京・立川市の同校で、「第27回KOKUSAI立川菓子祭2016」と題して学園祭を開催した。 学生らによるお菓子の製造実演のコーナーや学生らの指導で来場者らがパンや菓子作りを体験...

  173. 「チョコレートクロワッサン」など2月の新商品 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2016年3月号)
     第一屋製パンは2月1日、「チョコレートクロワッサン」「濃厚ショコラ」「スパイス香るチョコデニッシュ」「ショコラオレンジ」などの2月の新商品を発売した。いずれもオープン価格。 「チョコレートクロワッサン」は、板チョコをデニッシュ生地...

  174. バレンタインに合わせて「ショコラバゲット」販売 - ドンク(ブランスリー新聞 - 2016年3月号)
     ドンク(本社・兵庫県神戸市、中土忠社長)は2月1日から14日まで、バレンタインデーに合わせた限定商品として、「ショコラバゲット」を、同社が展開するドンクとジョアンの2ブランドの全店で製造販売した。 ドンクとジョアンでそれぞれ違う製...

  175. 進化は常識を疑うところから始まる(特集 - 2016年2月号)
    時の流れは、才能ある人たちの探求心を取り込みながら、進化という貴重な産物を生み出していく。 世の中の進歩は、現在の価値観を壊すことで初めて実現される。人間の歴史は、節目節目に出現する才能ある人達によって作られてきたが、日本のパン業...

  176. ついで買いを強要したくない - 一本堂杉並西荻窪店(お店拝見 - 2016年2月号)
    食パンだけを製造販売するベーカリー JR西荻窪駅から徒歩4分、駅から続く商店街に2015年4月、食パンだけを製造販売するベーカリー「一本堂杉並西荻窪店」がオープンした。 ガラス戸2枚分と、店舗の間口は狭いが、天然木を使用した「一本...

  177. 大和貿易の「モーンバックマッセ」などを使用し商品の種類を拡大、商品の多様化が客単価アップにつながる - ノイエス(タイアップ企画 - 2016年2月号)
     東京・港区のドイツ文化会館の1階に店を構え、ウィーンやドイツの食文化を伝え続ける「ノイエス」。パンや焼き菓子のほか料理も提供し、本場の味を日本に伝えている。豊富な商品展開も心がけていて、5年前から、一部商品で「モーンバックマッセ...

  178. 2015年度ベーカリーセミナー - 昭和産業(講習会 - 2016年2月号)
     昭和産業は2015年11月5日、千葉県松戸市のベーカリー、ツオップの伊原靖友店長を講師に迎えて、「2015年度ベーカリーセミナー」を開催した。伊原講師は、「製造量を減らして、利益を増やすことが目標だ」などと、自らのベーカリー経営...

  179. 朝食におけるパン食事情 - 消費者アンケート(アンケート - 2016年2月号)
     「朝食におけるパン食事情」のテーマで、ネットアンケートを実施した。回答者に抽選で「パンセット」をプレゼントするという形で、ブランスリー報道社が運営するパンと菓子のオンラインショッピングモール、パン菓子・COM(http://www.pankash...

  180. 「青森りんごフェア」を1月31日まで開催中 - ドンク(ブランスリー新聞 - 2016年2月号)
     リテールベーカリーチェーンのドンクは、「青森りんごフェア」を1月16日から31日まで、全国のドンク138店とミニクロワッサンの量り売り業態のミニワン147店舗で開催している。 青森りんごの「ふじ」と「王林」を素材に使用し、同ベーカリ...

  181. 「ヤマザキ春のパンまつり」を2月1から4月30日まで - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2016年2月号)
     山崎製パンは2月1日から4月30日まで、「ヤマザキ春のパンまつり」を実施する。 今年の景品は、直径20センチ、高さ2・5センチと少し大きめの「白いフレンチディッシュ」。食パンやサンドイッチ、テーブルロールなどの食事パンをのせるのにぴ...

  182. 恒例の春のキャンペーンを1月30日から実施へ - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2016年2月号)
     敷島製パンは1月30日から4月30日まで、毎年恒例の「リサとガスパールから春のプレゼント!」と題した春のキャンペーンを実施する。 キャンペーン期間中に、超熟シリーズなどのキャンペーン対象商品についている点数シール5点分を1口として応...

  183. 「ご当地ランチパック」の新商品6アイテムを発売 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2016年2月号)
     山崎製パンは、同社の人気ブランド「ランチパック」シリーズから、日本全国各地の特産品を使用した「ご当地ランチパック」の新商品6アイテムを、2015年12月26日、全国発売した。また、今回の全国一斉発売に合わせて、この6アイテムを対象と...

  184. 苺を使用したパンとスイーツ5品目を発売 - ローソン(ブランスリー新聞 - 2016年2月号)
      大手コンビニのローソン(本社=東京・品川区、玉塚元一社長)は、1月12日から旬の苺を使用したパンとスイーツ5品目を、全国のローソン店舗1万1414店で発売した。「いい苺の日」を1月15日にかけて発売したもの。 米粉入りの食パンに、...

  185. 「大きないちごミルクデニッシュ」などを新発売 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2016年2月号)
     第一屋製パンは1月1日、「大きないちごミルクデニッシュ」「あらびきイタリアンドッグ」「コッペパンみかん&ホイップ」「ダブルチョコスティック2本入」などの1月の新商品を発売した。いずれもオープン価格。 「大きないちごミルクデニッシュ...

  186. モンディアル・デュ・パンの日本代表選考会 - 日本アンバサドール協会(ブランスリー新聞 - 2016年2月号)
     日本アンバサドール協会(川良弘会長)は2017年にフランスで開かれるパンの国際コンクール、第6回モンディアル・デュ・パンの日本代表選考会への参加者の募集を2015年12月20日から開始した。今年5月に課題のパンと書類を郵送してもらい、一...

  187. 売上を倍増させる焼きたての演出焼きたての魅力は演出で倍増。声かけやポップで顧客と接点を - トーホーベーカリー(特集 - 2016年1月号)
    声かけ重視で焼きたてをアピール 東京・三鷹市の吉祥寺通り沿いにある地域密着ベーカリー「トーホーベーカリー」では、商品の焼きたて感を伝えるための最も重要な施策として、スタッフが焼き上がったパンを売場へ運ぶ際の来店客への声かけを最重要...

  188. 日常をベースに非日常のアクセント - セテュヌ・ボンニデー(お店拝見 - 2016年1月号)
    パン、菓子、惣菜を揃え、毎日寄りたい店を目指す 神奈川県川崎市の小田急小田原線・向ヶ丘遊園駅から続く、商店街を抜けた角地に立つベーカリーがある。開業して2年が経つ「セテュヌ・ボンニデー」だ。 入り口はちょうど曲がり角の部分にある。...

  189. これまで、スチコンには不向きとされてきたスフレやパウンドも、理想的に焼成できるようになりました!サブからメインへ進化しましたパン&スイーツ用全自動スチームコンベクションオーブン - 株式会社ツジ・キカイ(タイアップ企画 - 2016年1月号)
     自店「Seiichiro NISHIZONO」の開店から1周年を迎えた西園誠一郎シェフは、自分の店で全てのお菓子をツジ・キカイの新型スチームコンベクションオーブン「ベイキープロ」で焼いています。そんな西園シェフに「ベイキープロ」を使って、「ケイク・...

  190. RECIPE(レシピ - 2016年1月号)
    セテュヌ・ボンニデーお店拝見(12〜13ページ)参照パンドゥミ 栃木県産「ゆめかおり」を100%使用した口どけの良い食パン「パンドゥミ」(税込310円)は、優しい甘さとやわらかい食感が特長。【配合%】ゆめかおり(笠原産業) ::100...

  191. 家に帰る感覚で来店してほしいと願う - 明治堂製造チーフの鈴木智之さん(インタビュー - 2016年1月号)
     1889年(明治22年)に現在の東京・文京区内に創業し、今は北区王子で地域一番店として地元に根差した店舗運営を行なうる明治堂(電話03‐3919‐1917)は、4代目の中山和弘社長が巧みな手綱さばきをみせる。150種類の品揃えは、...

  192. 今年のパン食生活を振り返る - 消費者アンケート(アンケート - 2016年1月号)
     「今年のパン食生活を振り返る」のテーマで、ネットアンケートを実施した。回答者に抽選で「パンセット」をプレゼントするという形で、ブランスリー報道社が運営するパンと菓子のオンラインショッピングモール、パン菓子・COM(http://www.pan...

  193. ルノートルとの姉妹校締結20周年記念式典を開く - 国際製菓専門学校(ブランスリー新聞 - 2016年1月号)
     国際製菓専門学校(田中啓介校長)は2015年11月19日、東京・港区のフランス大使館大使公邸で「エコール・ルノートル姉妹校締結20周年記念式典」を開催した。国際製菓専門学校は、1995年にエコール・ルノートルと姉妹校提携し、毎年学生を...

  194. 「ドンク エディテ・ミニワン ミウィ橋本店」をオープン - ドンク(ブランスリー新聞 - 2016年1月号)
     ドンク(本社・兵庫県神戸市)は2015年12月21日、JR橋本駅(神奈川県相模原市)に直結した立地の商業施設、ミウィ橋本内に「ドンク エディテ・ミニワン ミウィ橋本店」をオープンする。ドンクが展開するブランドのひとつで、立地に合った...

  195. 「国産小麦のレーズンクリームサンド」を新発売 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2016年1月号)
     敷島製パンは国産小麦粉を使用した菓子パンシリーズの新商品として、「国産小麦のレーズンクリームサンド3個入」を2015年12月1日、関東地区で発売した。2015年12月26日には、中部、近畿、中国、四国の各地区で発売する。オープン価格で...

  196. 秋の素材使用の和洋菓子を発売 - セブン‐イレブン・ジャパン(ブランスリー新聞 - 2016年1月号)
     セブン‐イレブン・ジャパン(井坂隆一社長)は2015年11月3日、秋の食材を使用した和洋菓子3品目を全国のセブン‐イレブン約1万8500店で発売した。「かぼちゃ餡のクリーム大福」(税込130円)、「ころころおいも」(税込160円)など。

  197. アメリカンピザ3品目を全国144店舗で発売 - 西友(ブランスリー新聞 - 2016年1月号)
     食品スーパーの西友は2015年12月5日、「アメリカンピザ(チーズ)」「アメリカンピザ(ペパロニ)」「アメリカンピザ(デラックス)」の3種類のピザを全国の西友144店舗のベーカリーコーナーで発売した。同社の親会社の米ウォルマートが...

  198. 「蔵出し抹茶 メロンパン」など12月の新商品を発売 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2016年1月号)
     第一屋製パンは2015年12月1日、「蔵出し抹茶 メロンパン」「いちごのチョコラ」「チアシード使用の4種のベリーデニッシュ」「クアトロフォルマッジ」などの12月の新商品を発売した。いずれもオープン価格。 「蔵出し抹茶 メロンパン」は...

  199. 「ジョアン シンガポール伊勢丹スコッツ店」を開店 - ドンク(ブランスリー新聞 - 2016年1月号)
     ドンク(本社・兵庫県神戸市)は2015年11月27日、シンガポール伊勢丹スコッツ店内に、「ジョアン シンガポール伊勢丹スコッツ店」をオープンした。ジョアンのシンガポール出店は、「ジョアン シンガポール伊勢丹ジュロン店」に次いで2店舗...

  200. 「いちご一会物語」のシリーズ2品目を発売 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2016年1月号)
     敷島製パンは2015年12月1日から2016年1月31日までの期間限定で、福岡県産のいちご「あまおう」を使用した菓子パンの「いちご一会物語(いちごいちえものがたり)」シリーズの2アイテムを、関東、中部、近畿、中国、四国の各地区で発売し...

  201. 氏家シェフ監修の3アイテム - ファミリーマート(ブランスリー新聞 - 2016年1月号)
     大手コンビニのファミリーマート(中山勇社長)は「ケンズカフェ東京」(東京・新宿区)の氏家健治シェフ監修のスイーツ3品目を2015年12月8日から、東京都と、神奈川、千葉の両県の31店舗で販売している。 「ガトーショコラ}(税込360円)...

  202. 「おいしい菓子パン」シリーズ第22弾を発売 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2016年1月号)
     山崎製パンは2015年12月1日、素材と製法にこだわった「おいしい菓子パン」シリーズの第22弾として、「くるみとレーズンのパン」を新発売した。また、「バターフレーキ」と「ハムフランス」の2品目を同日、リニューアル発売した。オープン価...

  203. シュトレンを12月25日まで販売 - ジャン・フランソワ(ブランスリー新聞 - 2016年1月号)
     フランスのMOFパン職人のジャン・フランソワ氏がプロデュースしたベーカリー「ジャン・フランソワ」は、クリスマスの伝統菓子である「シュトレン」を、エチカ表参道店、渋谷マークシティー店など同ベーカリー全4店舗で2015年12月25日まで...

  204. セブン向け冷凍生地の新工場 - 昭和産業(ブランスリー新聞 - 2016年1月号)
     昭和産業(岡田茂社長)はこのほど、セブン‐イレブン・ジャパン向けの冷凍パン生地と菓子類を供給する新工場を茨城県神栖市に建設することを決定した。 約70億円を投じ、最新型の生産ラインを導入、高品質で安心・安全な商品を供給する。操業開...

  205. 拡大するアジア市場の成長取り込みを図る - 日本製パン製菓機械工業会 増田文治理事長(ブランスリー新聞 - 2016年1月号)
     年頭所感 年頭にあたり、平素より何かとご支援ご協力を頂いております関係各位の皆様に対し、心より厚く御礼申し上げます。 顧みますと昨年の我が国経済は、賃金増や原油安、外国人観光客の増加が消費にプラス要因として働き、緩やかな回復を続...

  206. 昔ながらの煉瓦窯で焼く手仕込みのパン - 一粒の麦から29(文・本行恵子)(連載 - 2016年1月号)
    昭和初期の製法を守る老舗 阪急神戸線・岡本駅徒歩1分の場所にある「フロイン堂」は、昭和初期に建てられた木造モルタルの建物がそのまま残る町の小さなパン屋さん。地元の人々だけでなく遠方からも訪れる人が絶えません。ガラス戸を開けると、売...

<<戻る
謹賀新年