水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
記事の閲覧
<<戻る
ブランスリー新聞/2016年1月号

ブランスリー電子版は、購読者の方々以外は、見出しと本文の一部しか見られませんが、この記事は特別に全文を一部の方に公開しています。


セブン向け冷凍生地の新工場 - 昭和産業

 昭和産業(岡田茂社長)はこのほど、セブン‐イレブン・ジャパン向けの冷凍パン生地と菓子類を供給する新工場を茨城県神栖市に建設することを決定した。
 約70億円を投じ、最新型の生産ラインを導入、高品質で安心・安全な商品を供給する。操業開始は2017年1月を予定している。
工場の運営は、2015年5月に設立した子会社のグランソールベーカリーが行う。
 新工場の敷地面積は、約2万7700平方メートル。延べ床面積は、約1万4500平方メートル。生産能力は、1日に冷凍生地約50万個。


ブランスリー報道社が運営するブランスリー業者街には、冷凍パン生地が多数出品されています。是非ご覧下さい。
ブランスリー業者街の冷凍パン生地特設会場はこちら>>


ブランスリー電子版は、購読者の方々以外は、見出しと本文の一部しか見られませんが、この記事は特別に全文を一部の方に公開しています。

謹賀新年