特集(記事データベース) [想像力と思考力を磨くパンの専門誌 ブランスリー電子版]

アーカイブ(創刊号からの全記事)
特集
<<戻る | 次の20件>>

記事リスト(250件中120件目)

  1. ベーカリーの地産地消(特集 - 2023年10月号)
    小麦栽培からのパン作りを実践 「バックパッカーでフランスを訪れた時に出会ったパン職人夫婦の隣の家が農家で畑があって、そこで採れた小麦を使ってパンを作っ...

  2. ベーカリーの販促はSNSで決まり(特集 - 2023年9月号)
    動画で海外のフォロワーが急増 「最近は看板商品の『生搾りクリームパン』にクリームを注入する動画がかなりバズりましたね」と話すのは神奈川県川崎市、小田急...

  3. うちの看板商品(特集 - 2023年8月号)
    人生を大きく変えたバゲット カリッとしっかり焼き込まれた皮は、引きが強く弾力がある。クラムは対照的に程よく水分を保ちもちもちした食感で、しっかり噛んで...

  4. 冷凍パンの通販(特集 - 2023年7月号)
    解凍後も香りや色がしっかり残る 大阪市中央区にある本店を拠点にエキナカや駅直結の商業施設などで合計7店舗を展開するベーカリー「パンデュース」。コロナ禍...

  5. ベーカリーカフェを徹底取材(特集 - 2023年6月号)
    日本初のベーカリーロースタリーカフェ[目次に戻る] 一見、無機質で雑多だがクールさも感じさせる「インダストリアルスタイル」(工業製品のデザインを活かし、...

  6. 第5回ベーカリー・ジャパンカップの優勝者を徹底取材(特集 - 2023年5月号)
    コンテストで全国からの出場者と製パンの技を競い、大きな収穫を得た[目次に戻る] 日本のパン職人による日本のパンのナンバーワンを決めるコンテスト「第5回ベ...

  7. 女性が経営するベーカリー(特集 - 2023年4月号)
    独学で学び続けて果たした独立開業 東京・渋谷区、小田急電鉄の代々木八幡駅を降り線路北側の地蔵通り沿いの道を代々木上原方面に向かって3、4分ほど歩いた場...

  8. 人手は足りていますか?(特集 - 2023年3月号)
    極めれば楽しい仕事だということを伝えたい 「飽きずに続けられる仕事だと伝えたいんですよ。地味でコツコツ積み重ねていく仕事だけど、その先にはとってもハッ...

  9. カレーパンが客を呼ぶ(特集 - 2023年2月号)
    応援してくれた顧客が心から喜んでくれた 「受賞が決まった時は、自分たちが喜ぶ以上にお客様が喜んでくれた事に驚きました。お客様は、自分達が応援したカレー...

  10. ベーカリーの焼き菓子(特集 - 2023年1月号)
    仏での日常の記憶に残る焼き菓子 東京・世田谷区の三宿エリアにあるベーカリー「ブーランジュリー ボネダンヌ」は、2013年のオープンから約9年の間に焼き...

  11. 世田谷パン祭り2022(特集 - 2022年12月号)
     パンを販売する催事としては国内最大規模のイベントとして知られる「世田谷パン祭り」が10月29、30の両日、今年も東京・世田谷区の世田谷公園などで間開催され...

  12. クロワッサン専門店特集(特集 - 2022年11月号)
    職人技で12層のクロワッサン作りをコントロール 大阪市南扇町の本店に加え、北新地と枚方の2支店を展開し、さらにオンラインショップも展開する「プレミアムク...

  13. パンの取り寄せ・取り置きモールってどうですか?(特集 - 2022年10月号)
    冷凍設備増強で通販に注力 宮城県石巻市のベーカリー「パン工房ふぃーる@カフェ」は、パン専門のECモールに今年2月から参加。三陸わかめを練り込んだロール...

  14. 原材料大高騰時代を生き抜く!第2弾(特集 - 2022年9月号)
    全商品の一律値上げでレジの混乱を防いだ――いま店で使用している原材料で値上がりしているものは何ですか? 児玉 もうほとんどのものが値上がりしていて、上...

  15. 原材料大高騰時代を生き抜く!(特集 - 2022年8月号)
    小麦粉と油脂の値上げが最大の打撃に――いま店で使用している原材料で値上がりしているものは何ですか? 松井 小麦粉、油脂、砂糖、包装材料などです。――そ...

  16. 専門店特集(特集 - 2022年7月号)
    たぐいまれなデニッシュ 東京・渋谷区、東急東横線の代官山駅から徒歩6分ほど、八幡通りを少し路地に入ったところにある「レカー」は、ベーカリーの中でも珍し...

  17. 居抜き、事業承継でパン屋を始める(特集 - 2022年6月号)
    店の集客力を引き継いだ事業承継 神奈川県川崎市、小田急線の生田駅を出て徒歩30秒の場所にある「アークベーカリー」は、昨年11月に事業承継という形でオーナー...

  18. レーズンパン特集(特集 - 2022年5月号)
    対生地60%のレーズンを練り込む 東京・銀座に本店を構え、高級食パン専門店の草分け的存在として知られる「セントルザ・ベーカリー」の2号店である「セントル...

  19. カヌレ専門店の物語(特集 - 2022年4月号)
    花束のようなカヌレ 中身の半熟感が特徴的な「半熟カヌレ」に、色鮮やかな花束のようなデコレーションを施し五感でカヌレを楽しめるようにしたカヌレ専門店「b...

  20. 原材料の高騰について(特集 - 2022年3月号)
     茨城県龍ケ崎市のベーカリー「パンアトリエ クレッセント」は1月から全商品を対象に8〜15%の値上げを実施。2017年から全商品で国産小麦を100...

<<戻る | 次の20件>>
ブラ立ち読み
(記事の無料メール配信)
詳細はこちら