インタビュー(記事データベース) [想像力と思考力を磨くパンの専門誌 ブランスリー電子版]


ブランスリーアーカイブ(創刊号からの全記事)
インタビュー
<<戻る | 次の20件>>

記事リスト(50件中120件目)

  1. パン菓子店の繁盛がなければ自分たちの存続はあり得ない - 豊和技工の片野正光社長(インタビュー - 2024年3月号)
     食品工場用の機械の開発販売や製パン製菓の中古機械などの販売を手掛ける豊和技工(千葉県松戸市)は、ラスクやピザの連続生産機械を開発、大手中小の食品生産...

  2. パンは粗熱を取ると味と香りが失われる - ツジ・キカイ山根証社長 & 山根琴江PRディレクター(インタビュー - 2022年9月号)
     製パン製菓機械メーカーのツジ・キカイ(本社・埼玉県川越市、山根証社長)は「熱々凍結」と銘打って、焼きたてのパンをブラストチラー&ショックフリーザー(...

  3. おとぎの国で柔軟な発想のパン作り - 森のパン屋店長の高田千春さん(インタビュー - 2021年2月号)
     栃木県小山市にある「森のパン屋」は、栃木県内に3店舗をもつ「天使の森」という写真館が親会社で、店の敷地内は、まるでお伽の国のような別世界だ。店長の高...

  4. 緊急事態の中でSNSが大いに役立つ - トーホーベーカリーの松井成和社長(インタビュー - 2020年6月号)
     全世界的な新型コロナウイルス感染症の流行により、パン業界も新たな対応を模索している。その中で、SNSの活用がベーカリーと来店客、およびベーカリー同士...

  5. イタリアの食文化を日本で花開かせる - スターバックスとコラボするイタリア発のベーカリー「プリンチ」松田武司ヘッドシェフ(インタビュー - 2020年5月号)
     2019年に東京・中目黒にオープンしたコーヒーのワンダーランドとも言われる「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」に入る日本に初上陸した...

  6. 移動型セレクトショップ「パンタスティック2019」 - ローカルズオンリー取締役、村上仁氏(インタビュー - 2019年12月号)
     さいたま新都心の商業施設「コクーンシティ」で9月13日から29日までの17日間開催されたパンのイベント「パンタスティック!!2019 AUTUMN」。広島県...

  7. 新時代のベーカリー経営哲学とは - ジャパンベーカリーマーケティング社長岸本拓也氏(インタビュー - 2019年9月号)
     「わたし入籍します」「ねえぇほっとけないよ」といった、一度聞いたら忘れられない個性的な店名のベーカリーが日本各地で開業している。既成の概念にとらわれ...

  8. リテールならではの「手作り」と「焼きたて」 - 日本パン技術研究所所長 井上好文氏(インタビュー - 2019年5月号)
     繁盛店の話題は絶えないものの、今はベーカリーがいい商品を作り続けるだけでは生き残りが厳しい時代といわれる。そこで、海外の製パン事情にも詳しく、国内の...

  9. 地域を意識した店づくり - ゴンノベーカリーマーケットの権野亮介代表(インタビュー - 2018年9月号)
     東京・江戸川区、東京メトロ東西線・西葛西駅から徒歩10分ほどの場所にゴンノベーカリーマーケットがある。80品目のパンを揃える他に約20席のカフェコーナーが...

  10. 食品メーカーとしての責任を全うしていく - ホシノ天然酵母パン種社長 土田耕正氏(インタビュー - 2018年8月号)
     ホシノ天然酵母パン種(本社=東京・町田市、土田耕正社長)は昨年1月に、神奈川県秦野市立野台の工業団地内に新工場を竣工し、順調に稼働させている。新工場...

  11. 油断せず、新展開目指す - ベーカリーハンスローゼンの馬渕邦之社長(インタビュー - 2018年7月号)
     神奈川県川崎市内の東急田園都市線・宮前平駅近くに本店のあるベーカリーハンスローゼンは、1974年(昭和49年)創業の老舗ベーカリーだ。店舗販売の他、...

  12. ベーグルが紡ぐ縁の輪 - 香麦荘の高木淑子さん(インタビュー - 2018年5月号)
    東京・豊島区内の有楽町線要町駅から歩いて3分ほどの場所に、今年で開店5年になるベーグルカフェの香麦荘(こむぎそう、電話03−3959−3580)がある...

  13. 基本は美味しさを追求すること - マミーブレッドの伊吹裕介専務(インタビュー - 2018年3月号)
     東京・新宿区内の東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅から徒歩約5分の所に、今年で創業34年を迎えたベーカリーレストランの「マミーブレッド」(電話03−33...

  14. 地域との融合を目指す経営 - ミクスチャー店主の中井慈さん(インタビュー - 2018年1月号)
     東京・世田谷区内の下北沢にある一番街商店街にベーカリーカフェのミクスチャーがある。2005年(平成17年)12月の開業以来、地域の憩いの場所を目指し...

  15. 備えこそが発展の基礎 - パン工房コモスの秋葉光雄さん(インタビュー - 2017年11月号)
     東急目黒線・奥沢駅から徒歩約3分の場所に、今年で35周年を迎えたパン工房コモス(03−3727−9799)がある。店主の秋葉光雄さんは1949年(昭...

  16. 将来を見据えた業態変更 - 龍月堂の永田和成社長(インタビュー - 2017年9月号)
     龍月堂は、1967年(昭和42年)に横浜市内で和菓子店として創業し、その後、現在地の東京・品川区北品川に移転。これまでに和菓子店として、先代が作った...

  17. 改装で誕生した新たな個性<ぱんやのパングワンの太田雅巳店長>(インタビュー - 2017年8月号)
     東急・田園都市線三軒茶屋駅から程近い場所に、「ぱんやのパングワン」(東京・世田谷区、電話03−3421−0615)がある。明治40年前後に、現在の港...

  18. 厳しい要求が企業を育てる <かもめパンの藤江嘉昭プロダクトマネージャー>(インタビュー - 2017年5月号)
     神奈川県横浜市のかもめパン(045−731−3199)は、京浜急行線井土ヶ谷駅から徒歩8分ほど。大正13年(1924年)創業で、今年で93年になる老...

  19. 甘みが旨みのコロッケパン - 長野ベーカリーの伊藤和貴さん(インタビュー - 2017年3月号)
     東京メトロの溜池山王駅から1分程の場所にある長野ベーカリーは1948年(昭和23年)創業。コロッケパンが人気のベーカリーだ。先代が苦労の末開発した生...

  20. 普段の作業に伝統が生きる - グリムハウスの木島一哉専務(インタビュー - 2017年2月号)
     昭和元年(1926年)創業のグリムハウス(電話03−3683−0344)は、総武線亀戸駅から徒歩約8分。亀戸五丁目中央通り商店街の東の端にある。卸し...

<<戻る | 次の20件>>

今月の公開記事

  1. カリスマシェフが「熱々凍結」を徹底解説 - 改革〜熱々凍結パン〜(ツジ・キカイ)
  2. 消費者にとっての商品価値はこれまで十分に考えてきたので、これからは生産者にとっての商品価値についてもっと考えよう! - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(84)
  3. 熟成の旨味を活かしたパンの数々を紹介 - 2024年星天会冬季講習会(星天会)
  4. 掲載から1年を経過した記事は、会員の方以外にも全文を公開しています。
    ブランスリーアーカイブ

読んでほしい記事

  1. コロナ禍を経て辿り着いた会話を楽しむ対面販売 - hnn
  2. 消費者はパン屋選びにSNSをどう使っているか? - 消費者アンケート
  3. ベーカリーの販促はSNSで決まり
ブラ立ち読み
(記事の無料メール配信)
詳細はこちら