水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
2018年5月号
<<戻る

記事リスト(19件中119件目)

  1. ベーグルが紡ぐ縁の輪 - 香麦荘の高木淑子さん(インタビュー - 2018年5月号)
    東京・豊島区内の有楽町線要町駅から歩いて3分ほどの場所に、今年で開店5年になるベーグルカフェの香麦荘(こむぎそう、電話03−3959−3580)がある。2009年2月に静岡市内に開業し、2013年、現在地に再オープンした。北海道産...

  2. 地元の人が誇れる店にしたい - ブーランジェリーオンニ(お店拝見 - 2018年5月号)
    主婦が気分転換できる場所をつくりたい 神奈川県横浜市の「ブーランジェリーオンニ」は、京急線上大岡駅から線路に沿って、800メートルほど歩いた場所にある。 オーナーシェフの近賀健太郎さんは、同市内の出身。知人から、上大岡駅周辺は、大...

  3. SNS時代の顧客掌握術(特集 - 2018年5月号)
    アプリ会員のサービスを開始 千葉県柏市の「ベーカリーハレビノ」の昼時は幼い子供を連れた主婦達の姿が目立つ。小学校や幼稚園などに囲まれ、若い世代の家族が多い住宅街に位置する事もあるが、ゆったりとしたカフェスペースや子供の遊戯スペース...

  4. リテールベーカリー向けの様々な提案 - 三和産業(ブランスリー新聞 - 2018年5月号)
     製パン材料専門問屋の三和産業(黒田勝士社長)は、3月4、5の両日、東京・台東区の東京都立産業貿易センターで「2018 Sanwa Spring Festa(サンワ スプリング フェスタ)」を開催した。メインテーマは「My Sweet Bake...

  5. レーズンを使用したパンの値上げを実施へ - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2018年5月号)
     山崎製パンはレーズンを使用した一部のパンについて5月1日出荷分から平均しておよそ12%値上げすると発表した。値上げの対象は、食パンの「レーズンゴールド」と「レーズン好きのレーズンブレッド」、食卓ロールの「北海道産小麦のレーズンバタ...

  6. 業務用小麦粉を値上げへ - 製粉大手各社(ブランスリー新聞 - 2018年5月号)
     製粉大手各社は、輸入小麦の政府売り渡し価格が4月1日から5銘柄平均で3・5%引き上げられたことに伴い、業務用小麦粉の価格を値上げする。 日清製粉は、強力系の小麦粉、中力系・薄力系小麦粉、国内産小麦100%小麦粉のいずれについても...

  7. 日本代表選手の選考会 - リテイルベーカリー協同組合(ブランスリー新聞 - 2018年5月号)
     リテイルベーカリー協同組合は、2019年にフランスで行われるパンの世界コンクール、第7回モンデュアル・デュ・パンに参加する日本代表選手を決める選考会への参加者を募集している。 【参加資格】日本国籍を有し、2018年1月1日の時点...

  8. チョコをテイスティングするセミナーを開催 - カリフ・ジャポン(ブランスリー新聞 - 2018年5月号)
     製パン材料の輸入販売などを手掛けるカリフ・ジャポン(埼玉県川越市、小田洋子社長)は3月27日、エクアドルのチョコレートメーカー、パカリ社のサンティアゴ・ペラルタ代表を招き、「PACARIセミナー」を開催した。 セミナーでペラルタ氏は「私...

  9. AIBフードセーフティーのセミナーを開催 - 日本パン技術研究所(ブランスリー新聞 - 2018年5月号)
     一般社団法人日本パン技術研究所(井上好文所長)は3月8日、米国製パン研究所(AIBインターナショナル)との共催で、食品製造工程における潜在的な危害を効果的に除去する予防システムであるAIBフードセーフティー監査について紹介する「AIB特...

  10. 入学式を挙行224人の新入生を迎える - 東京製菓学校(ブランスリー新聞 - 2018年5月号)
     東京製菓学校(梶山浩司校長)は4月2日、東京・新宿区の同校で入学式を挙行した。パン本科42人、洋菓子本科151人、和菓子本科31人の合計224人が入学した。 梶山浩司校長は、式辞で「新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。今日か...

  11. 製パン、製菓両技術学科などの入学式を挙行 - 日本菓子専門学校(ブランスリー新聞 - 2018年5月号)
     日本菓子専門学校(三浦秀一校長)は4月3日、東京・世田谷区の成城ホールで第21回製パン技術学科、第59回製菓技術学科、第3回ハイテクニカル科の入学式を挙行した。製パン技術学科は32人、製菓技術学科は155人、ハイテクニカル科は8人の計...

  12. グループ校との3校合同入学式を挙行 - 国際製菓専門学校(ブランスリー新聞 - 2018年5月号)
     国際製菓専門学校(田中啓介校長)の入学式が4月6日、同校のグループ校である国際パティシエ調理師専門学校と西東京調理師専門学校との3校合同の形で、東京・小平市の国際パティシエ調理師専門学校で行われた。 3校の経営母体である啓倫学園...

  13. 北海道旅行などが当たるキャンペーンを実施へ - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2018年5月号)
     敷島製パンは「国産小麦で北海道を当てよう!」と題したキャンペーンを5月5日から7月31日まで実施する。第一弾と第2弾の2回に分けて行われる。 第一弾は、5月5日から5月31日までウェブから誰でも応募できるオープンキャンペーンとし、抽...

  14. 「ヨーグルト酵母を使用した贅沢クグロフ」の教室 - 富澤商店(ブランスリー新聞 - 2018年5月号)
     製菓製パン材料専門店の富澤商店(東京・千代田区)は、3月16、17の両日、東京・目黒区の「クオカスタジオ自由が丘」で、「パン教室『ロティ・オラン』の堀田誠氏に教わる『ヨーグルト酵母を使用した贅沢クグロフ』」と題したパン教室を開催した...

  15. 全粒粉のサンドイッチ発売 - ファミリーマート(ブランスリー新聞 - 2018年5月号)
     大手コンビニチェーンのファミリーマート(本社=東京・豊島区、澤田貴司社長)は3月20日、全粒粉入りパンを使用したサンドイッチ2品目を全国のファミリーマート、サークルK、サンクス約1万7500店で発売した。「全粒粉サンド ボンレスハ...

  16. 「ジャン・フランソワ」でパンに合うワインを提供 - グルメブランズカンパニー(ブランスリー新聞 - 2018年5月号)
     様々な業態の飲食店を展開するグルメブランズカンパニー(石井克二社長)は3月29日、仏MOFパン職人のジャン・フランソワ・ルメルシエ氏の技術を継承したベーカリーブランド「ブーランジェリー ジャン・フランソワ」の東京ミッドタウン日比谷...

  17. 「博多 明太ポテト」など4月の新商品を発売 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2018年5月号)
     第一屋製パン(前川智範社長)は9月1日、「博多 明太ポテト」「鹿児島 黒豚カレー」「徳島 鳴門金時蒸し」「熊本 七城メロンパン」など4月の新商品を発売した。いずれもオープン価格。 「博多 明太ポテト」は、「かねふく」の明太子が入...

  18. 客集めの極意は、共感してくれる人を見つけること - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(連載 - 2018年5月号)
     今回の特集で取材したベーカリーのひとつは、スマホを媒体にした会員制度を運用しているという。レジで清算する際にスマホをかざすと、購入金額に応じてポイントが付与され、貯まったポイントもレジで清算する際に随時使用できる。 会員登録は、...

  19. 東日本大震災、7年目に思う - 一粒の麦から43(文・本行恵子)(連載 - 2018年5月号)
     7年前の3月11日午後2時46分、私は取材で新潟に向かう新幹線の車内でした。車窓から見える風景がゆがみ、列車は大きく揺れ緊急停車。熊谷の手前あたりで何事が起きたのか全く分からないまま、同行者のスマホに映る緊急速報と画像にショックを受け...

<<戻る
謹賀新年