朝食に食べたいパンと昼食に食べたいパン - 消費者アンケート - ブランスリー電子版


記事の閲覧(最新号)
<<戻る写真をクリックすると拡大写真が見られます。
アンケート/2024年7月号

ブランスリー電子版は、購読者の方々以外は、見出しと本文の一部しか見られませんが、この記事は特別に全文を公開しています。


朝食に食べたいパンと昼食に食べたいパン - 消費者アンケート
あなたは、朝食には、どんなパンが食べたいですか?次の中からいくつでも選んでください。(回答者数245人、単位=人)
あなたは、昼食には、どんなパンが食べたいですか?次の中からいくつでも選んでください。(回答者数245人、単位=人)
 「朝食に食べたいパンと昼食に食べたいパン」のテーマで、ネットアンケートを実施した。回答者に抽選で「パンセット」をプレゼントするという形で、ブランスリー報道社が運営する通販検索サイト、通販共和国(https://www.tsuhanb.com/)の懸賞企画として実施。実施期間は、2024年6月1日から6月8日までで、245人から有効回答を得た。回答者の平均年齢は55.27歳。男女構成は、女性131人、男性112人、その他2人。

 「あなたは、朝食には、どんなパンが食べたいですか?次の中からいくつでも選んでください」との質問に対する回答で最も多かったのは、「食パン」の181人(73・88%)だった。次いで多い順に「クロワッサン」の144人(58・78%)、「サンドイッチ」の130人(53・06%)、「くるみパン」の87人(35・51%)、「調理パン」の81人(33・06%)、「フレンチトースト」の81人(33・06%)、「バターロール」の75人(30・61%)、「レーズンパン」の72人(29・39%)、「デニッシュ」の68人(27・76%)、「フランスパン」の66人(26・94%)などと続いた。
 「あなたは、昼食には、どんなパンが食べたいですか?次の中からいくつでも選んでください」との質問に対する回答で最も多かったのは、「サンドイッチ」の186人(75・92%)だった。次いで多い順に「調理パン」の131人(53・47%)、「カレーパン」の86人(35・10%)、「焼きそばパン」の85人(34・69%)、「チーズパン」の78人(31・84%)、「ウインナーロール」の54人(22・04%)、「あんパン」の52人(21・22%)、「クリームパン」の51人(20・82%)、「くるみパン」の50人(20・41%)、「メロンパン」の50人(20・41%)などと続いた。
 「あなたば朝食にパンを食べるのは、または、朝食にパンを食べるとしたら、どのような理由からですか?具体的に分かりやすく書いてください」との質問に対しては、全国各地から様々な回答が寄せられた。
 「あなたば昼食にパンを食べるのは、または、昼食にパンを食べるとしたら、どのような理由からですか?具体的に分かりやすく書いてください」との質問に対しても、全国各地から様々な回答が寄せられた。



まずはパンの品目ごとに販促方法を考え、それらをグループ化してグループ間の強弱をつけたものを全体の販売戦略とする

食べているパンと食べたいパン

 今回のアンケートでは、朝食と昼食にどんなパンを食べたいか、さらに、朝食と昼食にパンを食べる理由は何かについて聞いた。その結果をヒントにして、色々と考えてみたい。
 まず、朝食に食べたいパンのトップ10は、回答が多い順に「食パン」「クロワッサン」「サンドイッチ」「くるみパン」「調理パン」「フレンチトースト」「バターロール」「レーズンパン」「デニッシュ」「フランスパン」という結果だった。
 「朝食にどんなパンを食べたいか」と聞いているので、実際に朝食に食べているパンに加えて、実際には食べることができていないが、出来れば食べたいと思っているパンも含まれていると考えられるという仮説に立って考えてみよう。
 実際には食べていない、または、たまにしか食べていないパンで、そのパンを食べるためのハードルが取り除かれれば食べてみたいという人が多いアイテムは、そのハードルを取り除いてやれば、そのアイテムの販売量も伸びるはずだ。
 日本人の朝食の典型的なパターンのひとつが「トーストした食パン、目玉焼きなどの簡単な料理、コーヒーなどの飲み物」と考えれば、一位の食パンについては、実際に頻繁に食べている人の回答がほとんどだと考えられないだろうか。

それぞれのアイテムの特性について考察

 二位のクロワッサンも、日本人の朝食のパンとしてポピュラーだが、家庭で食べる朝食のパンのイメージに加えて、ホテルでの朝食や、朝出勤前に外で食べる朝食のパンというイメージも強い。家庭での朝食で食べるクロワッサンは、ホテルの朝食や出勤前に外で食べるクロワッサンに比べると、または、家庭の朝食で食べる食パンと比べると、食べる時点での品質に問題はないだろうか。
 クロワッサンも、トーストすると、新鮮な状態に近くなるという記述がネット上に散見されるが、食パンのトーストと比べると、その認知度は高くないと考えられるので、まずは、焼成後ある程度時間が経ったクロワッサンを自分でトーストして食べてみて、よりおいしくなるのであれば、「クロワッサンの美味しい食べ方」として顧客に提案するのも一案かも知れない。
 また、パンの品質劣化のスピードについては、一般的に食パンより、クロワッサンの方が早いとされることから、今パン業界でトレンドになっている、パンを熱いまま急速凍結させて、冷凍のまま販売する方法も考えられるかも知れない。パンを買い溜めして冷凍保存しておいて、食べる前に解凍する人が相当数いることが様々な調査でも明らかになっている。とすれば、消費者が自分で冷凍したパンよりも、パン職人が自分のパンのことを一番に考えて、急速冷凍したパンの方が、品質の面で優れている点で、歓迎されるだろう。売り場に冷凍ショーケースを置いての販売が難しいとしたら、まずは通販で取り入れてみるのも一案かも知れない。

ロジックの糸を紡いで仮説を立てる

 サンドイッチ以下のアイテムや昼食で食べたいパンについても、同じようにように現実味のある様々な仮説を立てて、ロジックを積み上げていけば、店の売上を増やすために講じるべき施策がおのずと浮かんで来るのではないだろうか。
 マーケティングは、「仮説の設定」「実施」「データ収集」「分析」「改善」の一連の工程を繰り返すことで実現される。「AならばBである」というロジックの糸の最小単位を、様々な形に紡いでいくことで仮説を設定し、まずは実践してみよう。そして、その結果にエラーがあれば、ロジックの糸の最小単位のどれが間違っていたのかを地道に検証し、改善していくことが肝要だ。そうすればおのずと店の売上は上がってくるはずだ。



あなたば朝食にパンを食べるのは、または、朝食にパンを食べるとしたら、どのような理由からですか? 具体的に分かりやすく書いてください。

●コーヒーを飲みながら食事するので、パンでなければ合わないから。(51歳男性、自営業、鹿児島県)
●短時間で済ませたいし、お米より消化に良さそう。(46歳女性、会社員、鹿児島県)
●ご飯に飽きた時(50歳女性、主婦、兵庫県)
●手軽に食べられる。おかずなしでもいい。(50歳男性、自営業、東京都)
●食べやすい(64歳男性、会社員、長野県)
●パンが好きだから(53歳男性、会社員、青森県)
●簡単に済ませたい(59歳女性、主婦、東京都)
●時短(36歳女性、主婦、三重県)
●朝から米は受け付けないのでパン(41歳女性、会社員、東京都)
●手軽で美味しいから(41歳男性、会社員、埼玉県)
●好きなので。(33歳女性、会社員、大阪府)
●バターやジャムが好きだから(65歳男性、会社員、東京都)
●お腹に丁度いい(74歳男性、年金生活者、神奈川県)
●時間がかからなく食べやすいので(44歳男性、会社員、青森県)
●香ばしく焼いたパンが美味しいから。準備が簡単(60歳女性、家事手伝い、群馬県)
●そこにそれがあるから(67歳男性、年金生活者、東京都)
●朝食べても胃に負担が少ないから。胃もたれしない(38歳女性、主婦、滋賀県)
●習慣だから(61歳女性、主婦、香川県)
●手軽に食べられます。(75歳女性、フリーター、兵庫県)
●パンが好きだから(70歳男性、年金生活者、三重県)
●準備するのが楽だからです。(34歳女性、フリーター、東京都)
●時間をかけずに食べられるので。(46歳男性、会社員、東京都)
●家族がパンが好きだから(58歳女性、主婦、宮城県)
●休日の朝食に、気軽に食べられるという理由から食べたいと感じます。(59歳女性、主婦、三重県)
●物心ついたころから朝はパンとコーヒーの生活で、それが当たり前になっています。もちろん、パンが御飯より好きなことが一番の理由ですが。(57歳女性、主婦、東京都)
●朝は時間がなく、手間を省きたいのでパン食にしています。(35歳女性、主婦、兵庫県)
●仕事の日の朝食にパンを食べるのは簡単に用意ができるから。出掛ける前のルーティーンに組み込みやすいので。(54歳女性、OL、埼玉県)
●コーヒーと合わせて、ゆっくり食事をしたいから。(31歳女性、OL、神奈川県)
●米よりパンが好きだし、すぐ食べられる。片付けも不要だし、良いことづくめ。(50歳男性、会社員、鹿児島県)
●簡単に食べられる(63歳男性、会社員、静岡県)
●ごはんだとがっつり過ぎるため(35歳男性、会社員、奈良県)
●食べるのが楽(64歳女性、主婦、埼玉県)
●手軽においしく食べられるから。朝の時間を無駄にしない。(38歳女性、会社員、栃木県)
●面倒くさい時や、ご飯のおかずが無いとき(40歳男性、会社員、岐阜県)
●手早く食べられる(49歳男性、自営業、島根県)
●トースターで焼くだけで簡単に食べられるので。(43歳女性、主婦、京都府)
●おかずが無くても食べられるから。(52歳女性、その他、千葉県)
●簡単だから(73歳男性、年金生活者、山口県)
●買い置きが出来るから。カロリーがあり炭水化物で美味しいから。日持ちするから。(60歳女性、主婦、長野県)
●手軽で美味しいから(62歳女性、主婦、岡山県)
●昼や夜に食べるよりも、朝食べた方が、糖質が消費され、ダイエットに繋がると思うから(45歳女性、会社員、石川県)



あなたば昼食にパンを食べるのは、または、昼食にパンを食べるとしたら、どのような理由からですか? 具体的に分かりやすく書いてください。

●弁当はゴミがかさばるし、ごはんとおかずのバランスに不満を感じることが多い。その点、サンドウィッチ等はどの店でも極端に具材が少ないことは皆無だし、多くの場合はフィルムくらいしかゴミが出ない。もはや迷わずパン系です。(46歳女性、会社員、鹿児島県)
●手軽に食べたい時(50歳女性、主婦、兵庫県)
●調理パンなら手軽で腹持ちがいい。(50歳男性、自営業、東京都)
●食べやすい(64歳男性、会社員、長野県)
●手軽に食事ができるから(53歳男性、会社員、青森県)
●サンドイッチや調理パンが食べたくなるときがある(59歳女性、主婦、東京都)
●できれば米を食べたいが、時間がないときや洋食のときはパンを選ぶ。(41歳女性、会社員、東京都)
●消化が良く動きやすいから(41歳男性、会社員、埼玉県)
●会社に持って行けてすぐ食べられるから。(33歳女性、会社員、大阪府)
●惣菜を挟むと食べ応えがあるから(65歳男性、会社員、東京都)
●ボリュームがちょうどいい(69歳男性、年金生活者、富山県)
●調理パンはお昼に食べたくなる。カロリーが高いものでも昼間ならOKとしている(60歳女性、家事手伝い、群馬県)
●食べやすい(62歳男性、会社員、滋賀県)
●腹持ちがいい(70歳男性、その他、島根県)
●簡単に済ますことができるから(38歳女性、主婦、滋賀県)
●習慣だから(61歳女性、主婦、香川県)
●手が汚れないですし、食べやすいからです。(34歳女性、フリーター、東京都)
●パッと食べられるので、昼食をとる時間があまりないときに食べます。(46歳男性、会社員、東京都)
●朝食の残りのおかずを挟んで(58歳女性、主婦、宮城県)
●朝食がご飯だった時に、一日の中で変化をつけたいので、昼食にお惣菜系のパンが食べたいと思うことがある。(59歳女性、主婦、三重県)
●とにかくお米より麺よりパンが好きだからです。(57歳女性、主婦、東京都)
●やはりパンが一番美味しいかと思います。(35歳女性、主婦、兵庫県)
●カフェで食事をしたいから。(31歳女性、OL、神奈川県)
●時間がたった米の蒸れたニオイがかなり苦手なので。(50歳男性、会社員、鹿児島県)
●手軽に食べられるから(35歳男性、会社員、奈良県)
●サンドイッチがすきだから(73歳男性、年金生活者、兵庫県)
●手軽に食べられるし、色々な種類があるので毎日でも飽きないし、 価格的も安価で良いですね(65歳男性、年金生活者、埼玉県)
●調理しなくても手軽に食べられる。(43歳女性、主婦、京都府)
●火を使わなくて美味しい昼ご飯になるから。買い置きできるから。珈琲に合うから。洗い物がでないから。パンが好きだから。(60歳女性、主婦、長野県)
●短時間で食べられる(62歳女性、主婦、岡山県)
●夜食べるよりもエネルギーが消費されるから、罪悪感がない。(45歳女性、会社員、石川県)
●健康維持のため、体に良いものを取り入れるように心がけています。パンはバターやミルク、チーズ、そしてハムや卵、レタス、セロリ、トマトなどのを多くとることができますので、栄養バランスの良い食事だと思います。(76歳女性、主婦、福島県)
●簡単に食べられて 後始末も簡単(82歳女性、主婦、東京都)
●外出先などで持ち運びができて、いろいろな種類のパンを楽しめるから(47歳女性、主婦、兵庫県)
●家族も昼はいないので一人だとパンが食べやすい(72歳女性、主婦、神奈川県)

原価計算女王
原価計算女王

ブランスリー電子版は、購読者の方々以外は、見出しと本文の一部しか見られませんが、この記事は特別に全文を公開しています。

今月の公開記事

  1. 朝食に食べたいパンと昼食に食べたいパン - 消費者アンケート
  2. 昼時のベーカリーは、その持てる力を最大限に発揮できる商売の主戦場だ! - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(85)
  3. パン屋の販促
  4. 掲載から1年を経過した記事は、会員の方以外にも全文を公開しています。
    ブランスリーアーカイブ
ブラ立ち読み
(記事の無料メール配信)
詳細はこちら