自己破産を申請 - 平塚製パン - ブランスリー電子版


ブランスリーアーカイブ(創刊号からの全記事)
記事の閲覧
<<戻る
ブランスリー新聞/2001年6月号

2023年11月18日から、発行から1年を経過した記事は、会員の方以外にも全文が公開される仕様になりました。


自己破産を申請 - 平塚製パン

パン製造などを手掛ける平塚製パン(宮城県仙台市)は3月29日、仙台地裁に自己破産を申請した。同社は、仙台地裁に同日、民事再生手続き開始を申請した平塚物産の関連会社で、社長は平塚物産社長が兼務。
民間調査会社の帝国データバンクによると、負債総額は約7億4000万円。同社は1959年の設立。1963年以降、イタリア、フランスなどから技術者を招聘し、これらの国の製パン製菓技術を導入、1967年には仙台市内にインストアベーカリーを開いた。平塚物産と連携して、積極的に事業展開し、1994年7月期には5億4000万の売上を計上。
しかし、近年は平塚物産の販売不振の影響も受け、1999年7月期売上高は3億5900万円に落ち込んでいた。







原価計算女王
原価計算女王

2023年11月18日から、発行から1年を経過した記事は、会員の方以外にも全文が公開される仕様になりました。

今月の公開記事

  1. 朝食に食べたいパンと昼食に食べたいパン - 消費者アンケート
  2. 昼時のベーカリーは、その持てる力を最大限に発揮できる商売の主戦場だ! - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(85)
  3. パン屋の販促
  4. 掲載から1年を経過した記事は、会員の方以外にも全文を公開しています。
    ブランスリーアーカイブ
ブラ立ち読み
(記事の無料メール配信)
詳細はこちら