創刊号から全記事 ブランスリー公式サイト
水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
ブランスリーアーカイブ[ブランスリー電子版TOP]
創刊号からの全記事が収録されています。
記事の閲覧
<<戻る写真をクリックすると拡大写真が見られます。
アンケート/2020年5月号

ブランスリー電子版は、購読者の方々以外は、見出しと本文の一部しか見られませんが、この記事は特別に全文を一部の方に公開しています。


パン屋に望む新型コロナウイルス対策 - 消費者アンケート

 「パン屋に望む新型コロナウイルス対策」のテーマで、ネットアンケートを実施した。回答者に抽選で「パンセット」をプレゼントするという形で、ブランスリー報道社が運営するパンと菓子のオンラインショッピングモール、パン菓子・COM(http://www.pankashi.com/)の懸賞企画として実施。実施期間は、2020年4月1日から8日までで、333人から有効回答を得た。回答者の平均年齢は47・12歳。男女構成は、女性199人、男性134人。



全体としては来店頻度も購入量もやや減少傾向?
あなたは、新型コロナウイルスの感染拡大の中で、パン屋さんに行く回数は減りましたか、増えましたか?(回答者数333人、単位=人)
あなたは、新型コロナウイルスの感染拡大の中で、パン屋さんで買うパンの量は減りましたか、増えましたか?(回答者数333人、単位=人)
 「あなたは、新型コロナウイルスの感染拡大の中で、パン屋さんに行く回数は減りましたか、増えましたか?」と聞き、「増えた」「減った」「変わらない」の3つの選択肢から1つを選んでもらったところ、「変わらない」と答えた人が180人(54・05%)で、最も多かった。 次に多かったのは「減った」の144人(43・24%)だった。「増えた」と答えた人は9人(2・70%)だった。 
 次に、「あなたは、新型コロナウイルスの感染拡大の中で、パン屋さんで買うパンの量は減りましたか、増えましたか?」と聞き、「増えた」「減った」「変わらない」の3つの選択肢から1つを選んでもらったところ、「変わらない」と答えた人が206人(61・86%)で、最も多かった。 次に多かったのは「減った」の98人(29・43%)だった。「増えた」と答えた人は29人(8・71%)だった。回答の傾向は、1番目の質問と同じだった。
 「あなたは、新型コロナウイルスの感染拡大の中で、パン屋さんにどんな感染防止策を望みますか? また、パン屋さんでしていた感染防止策で、『いいな』と思ったことは何ですか? 具体的にわかりやすく書いてください」との質問に対しては、「個包装している店はさすがだなと思った」(30歳女性、会社員、奈良県)など、全国から思い思いの回答が寄せられた。(24〜25ページ参照)
 「あなたは、新型コロナウイルスの感染拡大の中で、パンの購入量が減った理由、または増えた理由は何ですか? 具体的にわかりやすく書いてください」との質問に対しては、「人と接触したくないから行かない」(37歳男性、会社員、山口県)など、全国から様々な声が寄せられた。(26〜27ページ参照)



緊急事態になると、普段とは違う角度から光が当たる - 編集長の分析

今回のアンケートは、「パン屋に望む新型コロナウイルス対策」のテーマで行った。
 「あなたは、新型コロナウイルスの感染拡大の中で、パン屋さんに行く回数は減りましたか、増えましたか?」「あなたは、新型コロナウイルスの感染拡大の中で、パン屋さんで買うパンの量は減りましたか、増えましたか?」の2つの質問への回答の集計からは、新型コロナウイルスの感染拡大の中でも、ベーカリーに行く回数や買う量は変わらない人が多いが、減ったと感じている人も多く、1回に買う量よりは、行く回数がの方が減った度合いは大きいということが推測される。
 一方で、本誌で今回行った「新型コロナウイルスとの戦い」と題した特集企画で取材したべーカリーで、業績に悪影響があったというケースはひとつもなかった。むしろ、2月以降は、前年同期比で伸びていると明言したベーカリーがほとんどだった。
 アンケート結果と特集の取材内容とは明らかに矛盾しているように見える。そこで、一見矛盾するこれらの事実をうまく調和させることができる仮説を立ててみたいと思う。
 謎解きの一つ目のポイントは、特集で取材したベーカリーのうち、デパートなどの都心の商業施設にも店舗を構えている会社は、「デパートに出している店舗については、売上がダウンしている」と答えていることだ。要するに、路面店は好調だが、繁華街の商業施設の中の店舗は苦戦しているということになるのだ。
 政府からの外出自粛要請で、繁華街に出向いていく人が減り、デパート内の有名ベーカリーでパンを購入しなくなった分を、地元のベーカリーで購入することが多くなったと考えれば、前述の矛盾はある程度解消される。さらに、それまでデパート内の有名ベーカリーで購入していたパンを地元で購入するようになったが、購入する量は少し減ったと考えれば、さらにつじつまが合ってくる。
 謎解きの二つ目のポイントは、今回のアンケートの回答者の男女比が、本誌がこれまで行ってきたアンケートの回答者の男女比に比べて、明らかに男性の比率が多くなっているということ。本誌が今回のアンケート企画の前に行った5本のアンケート企画の回答者に占める男性の割合は、48・3%であるのに対して、今回のそれは、67・34%となっているのだ。
 このことは、男性が家にいることが多くなっていることと関係があるのかも知れない。在宅のテレワークが多くなったことを考えれば当然の話ではあるが、家にいれば当然ながら家で食事をする機会が増え、自分でパンを買いに行くこともあるだろう。単身者であれば、それまで、都心にある会社の近くの店で買っていた昼食を、地元のベーカリーで購入する機会も増えたかも知れない。
 今回の巣篭り需要の増大は、ベーカリーに、男性の新規顧客獲得という思いがけない恩恵をもたらしてはいないだろうか。
 さらに、学校が長期間の休校となったことで、家庭内での仕事が多くなり、購入してすぐに食べることができて、後片付けの手間も少なくて済むパン食が有難がられているということもあるのかも知れない。
 今回のような緊急事態になると、色々なものに、普段とは違う角度から光が当たり、平時には見えなかった様々な側面が浮かび上がってくるものだ。今回のアンケートでは、多くのベーカリーが、ウイルス感染拡大防止の観点から、パンを個包装したり、店内が混み合わないような工夫をしたり、従業員の感染防止のために、レジに顧客との透明の仕切りを設置したりと、粛々とやるべきことをやっている様子が鮮明に浮かび上がった。図らずもベーカリーは不要不急の業種ではないことが改めて証明された格好だが、この社会的使命を全国各地のベーカリーはしっかりと果たしているようだ。(RO)



あなたは、新型コロナウイルスの感染拡大の中で、パン屋さんにどんな感染防止策を望みますか?また、パン屋さんでしていた感染防止策で、「いいな」と思ったことは何ですか?具体的にわかりやすく書いてください。
個包装してもらうしかない

■マスクとうがい手洗い、こまめな掃除、見えませんが信頼関係で。(47歳男性、会社員、鹿児島県)
■ひとつずつ袋に入れて販売しているので安心だとは思います。(71歳男性、年金生活者、埼玉県)
■一度手に取ったものを戻せないようにする(34歳男性、会社員、神奈川県)
■レジなど接客時の手袋着用(34歳男性、会社員、千葉県)
■個別包装で店頭に並べてほしい(55歳女性、OL、群馬県)
■トング、トレイの消毒(59歳男性、会社員、神奈川県)
■店に入ってすぐアルコール除菌液が置いてある(37歳男性、会社員、新潟県)
■店舗入り口とトングのそばに濡れふきんが置いてあったこと(49歳女性、主婦、神奈川県)
■最初から袋に包んである(48歳男性、会社員、神奈川県)
■コロナになってから行ってない(40歳女性、会社員、神奈川県)
■個包装してもらうしかない。(45歳男性、会社員、愛知県)
■小包装での販売(33歳男性、会社員、兵庫県)
■免疫がつくとか、例えば乳酸菌入りとか健康に良いパンがあると何となく気分がいいです。衛生面で気を付けてほしいと思います。(40歳女性、会社員、石川県)
■袋やケースに入れてほしい(59歳男性、会社員、静岡県)
■入口にアルコール消毒が置いてあったこと(57歳男性、会社員、広島県)
■マスク着用、素手禁止(73歳男性、年金生活者、兵庫県)
■個包装している店はさすがだなとおもった。(30歳女性、会社員、奈良県)
■パンを個包装にしてほしいです。(42歳男性、会社員、東京都)
■個別包装。サンプル品を見て注文すると奥から出てくるシステム。(46歳男性、自営業、東京都)
■店内に空気清浄機をおいていて、店員さんはみんなマスクを着用(49歳男性、会社員、青森県)
■販売されているパンが今までだったらそのまま陳列されていましたが、コロナ対策で1つずつ袋に入れて包装し、陳列してくださっているのを見て安心感を覚えました。また、パン屋さんは比較的小さなお店も多いので人が店内に入り過ぎて密接を防ぐために人数制限を設けてくださっている店舗もあり、素晴らしい取り組みだと感じた。(26歳女性、会社員、東京都)
■個別包装、店員さんのマスク着用(56歳男性、会社員、兵庫県)
■お会計の時に手指消毒してからお釣りを渡したり、細かな接触でも予防してたところがすごいと思いました(27歳女性、主婦、千葉県)
■個別包装(39歳女性、会社員、京都府)
■店内は密室なので、欲しいパンの写真を店外に置いてその写真を見て購入出来るようにして欲しいです。(41歳女性、会社員、宮城県)
■店内に入る人数の制限(34歳男性、フリーター、宮崎県)
■一度にお店に入れる人数を制限してほしい。(58歳女性、主婦、大阪府)
■何時も買うパン屋さんではパンをフィルムで包装してあります。一個一個なので凄く手間だと思いますが気を使ってくれていると察します。大変、衛生的。子供が不用意にパンに直接、触らないだけ安心できます。(41歳女性、主婦、長野県)
■全て袋に入っている(27歳女性、主婦、静岡県)
■不特定多数のお客となるべく接触しないでパンを購入できること(53歳男性、会社員、福島県)
■個装してほしい(37歳女性、主婦、福岡県)
■一個ずつ包装(68歳男性、年金生活者、大阪府)
■買い手も、手袋をして皿に乗せ、皿にも、都度、清潔な、シートを使う。(61歳男性、自営業、大分県)
■良く行くスーパー内のパン屋さんが、コロナニュースが増えてすぐ、今までトレーにそのまま並べていたパンを一つずつ個包装にしていて良いパン屋さんだなと思いました。(35歳女性、会社員、静岡県)
■手袋をしてる(20歳男性、会社員、千葉県)
■小さいパン屋さんだったのですが、入店を一組限定にし他の方は外で並んで待つという方法をされていました。購入後は除菌スプレーをして徹底されていたので安心して入店することができました。(29歳女性、主婦、東京都)
■定期的な除菌と、人と人との距離が離れている状態が保たれていることを強く望みます。出来れば、店内への入場制限を実施してほしいです。残念ですが、今まで入場制限を実施しているお店は見たことがありません。(53歳男性、その他、神奈川県)
■トレー、トングなどの徹底消毒。長時間放置を避けてこまめに商品管理。焼きたてを即完売する(39歳女性、フリーター、兵庫県)
■トングなしのパッケージ販売(54歳女性、主婦、滋賀県)
■トレイの清掃殺菌(81歳男性、年金生活者、神奈川県)
■トングを使わなくても購入出来る様になったらいいなと思います。(35歳女性、その他、神奈川県)

店に入れる人数を制限する

■個別包装(60歳女性、主婦、香川県)
■パンの上に透明シートを敷く、トングとトレーの定期的な交換(28歳男性、会社員、北海道)
■包装をしっかりしてほしい(57歳男性、自営業、岡山県)
■窓を開けて、一つずつ袋づめにして欲しい。(37歳男性、会社員、山口県)
■カバーが被せられていて自分でとるという方法より、一つ一つ包装されていてとる方が清潔感もあるし安心感もあるのでそうして欲しい。(40歳女性、会社員、大阪府)
■パンにカバーをかけてほしい(65歳男性、自営業、茨城県)
■他のパン屋さんでしていたのが、全部のパンが袋に詰められて販売していました。こちらとしては安心して買えますしいいと思います。(32歳女性、主婦、徳島県)
■一つずつビニールに入れて販売している方が安心出来る。(27歳女性、会社員、鳥取県)
■初めから袋入れてある。(50歳女性、会社員、東京都)
■一袋づつ、きちんと包んである工夫は納得しました。(45歳女性、主婦、東京都)
■アルコール消毒(35歳女性、会社員、愛知県)
■トレイやトングの消毒。店内が狭いので換気を良くしてほしい(64歳女性、主婦、兵庫県)
■「基本的な手洗い・アルコール消毒を実施しています」といった張り紙・アナウンスをする事。それだけで、お客様は安心しています。(45歳男性、会社員、兵庫県)
■袋入りのパン(58歳男性、会社員、広島県)
■製品をすべてケースに入れる(65歳男性、年金生活者、東京都)
■顧客が使用した物は消毒する。パンは個包装または、ガラスケースから店員さんが取り出す。店員さんは、パンを取り出す係と会計係りに分ける。(55歳女性、その他、福島県)
■混み過ぎないように、店に入れる人数を制限するとかですかね。(37歳男性、会社員、大阪府)
■除菌を徹底すればよし。(65歳男性、年金生活者、東京都)
■どの店もパン一点一点にビニールをかぶせ、細心の注意を払っていて何の不安もありませんでした。(78歳男性、年金生活者、奈良県)
■コンビニなどと違って、むき出しのパンをトレイに取ってたけど、一つ一つパックされていた(40歳女性、自営業、東京都)
■特になし。(51歳男性、その他、大阪府)
■お客様にも手袋を配っていて安心した(30歳女性、OL、宮城県)
■パンを剥き出しではなく、包んであると嬉しいです。(41歳女性、会社員、東京都)
■袋詰め(53歳男性、会社員、神奈川県)
■全て袋に詰めて、さらにトング使用です。(30歳女性、主婦、北海道)
■誰もが取れるスタイルではなくお店の人がとってくれる買い方がまだ安心。(40歳女性、会社員、兵庫県)
■全てのパンが個包装されていた(59歳女性、主婦、神奈川県)
■マスク、手袋は前からですが安心します(47歳女性、主婦、岐阜県)
■入場制限をされました。店内は4人までしか入れず一人出てきたら次の人にという具合で購入するまで結構時間がかかりました。(69歳男性、その他、岡山県)
■個包装(30歳男性、会社員、愛知県)
■やはり全個包装ですかね。最近は行っていないので良く分からないですけど。(51歳女性、会社員、北海道)
■やはりラッピングしていると安心ですね。(79歳女性、主婦、神奈川県)
■今まで通りで充分に思います(43歳男性、会社員、和歌山県)
■3密を避けるには宅配とか自販機で売るとかですかね。(38歳男性、会社員、兵庫県)
■パンの上にクリアケースが置いてあり直接並べてあるより感染予防になると思いました。(39歳女性、主婦、東京都)
■トングを清潔に(44歳男性、会社員、島根県)
■マスクの着用はお願いしたいです(28歳女性、会社員、茨城県)
■やはり個包装は良いと思いました。普段は全く気になったことはありませんでしたが、むき出しになっているパンが最近はめずらしく、とうとう全ての近所のパン屋さんが個装しているのに気づいたときはアッパレでした。そして前からどのお店にもありましたが、消毒液があるのはやはり良いですね。コロナには関係ありませんが、以前行ったパン屋さんでは抱っこされてる子供のためのシューズカバーも置いてあり、これも素敵なアイデアだと思いました。(31歳女性、主婦、埼玉県)
■個包装にしてほしい(53歳女性、その他、茨城県)
■パンを一個ずつ袋に詰めていた。パン達に透明のカバーをしていた(40歳男性、会社員、大阪府)
■商品を個包装したり、客が使うための使い捨てグローブを備えて使用させる。(74歳男性、その他、東京都)
■ひとつひとつビニール袋に包装されているので安心しました。(52歳女性、会社員、新潟県)
■今までと同じですが、食べ物の衛生管理に気を配ってもらえば良いと思います。(65歳女性、年金生活者、山形県)
■トングとトレーの使用がちょっと怖いので、安心して使えるようにしてほしい。狭い店内に他の人もいると、距離が近いと怖いので、レジに「間隔をあけて並んで」と目印をおいてほしい。入口に手指消毒液の設置はありがたい。(43歳女性、自営業、東京都)
■一個一個袋に入って売るようになった事(39歳女性、主婦、東京都)
■個別包装、消毒、マスク着用。笑顔で接客してくれたことです。元気になります。(48歳女性、フリーター、茨城県)
■スイーツの様にショーケースからの注文制にしている所がありました。また、全て個包装にしていましたが、値段据え置きで営業努力を感じました(54歳男性、自営業、岐阜県)
■トングのところに手指消毒があるといいなと思った。パンは袋をかぶせると焼き立ての風味が減るような気がしてたので、行きつけのパン屋さんで袋詰めしてなかったのが私には良かった。(34歳女性、自営業、宮崎県)

回答はそのニュアンスも正確に伝えるために、基本的にそのまま掲載しています。

あなたは、新型コロナウイルスの感染拡大の中で、パンの購入量が減った理由、または増えた理由は何ですか?具体的にわかりやすく書いてください。
買いに出掛ける回数は減った

■信頼しているので変わりません(47歳男性、会社員、鹿児島県)
■いつもと変わりません。(71歳男性、年金生活者、埼玉県)
■誰もがトングで触れるため衛生的に良くない(34歳男性、会社員、神奈川県)
■購入量は変わりません。(34歳男性、会社員、千葉県)
■変わらない(59歳男性、会社員、神奈川県)
■人がいる場所はなるべく避けるようになった。また宅配サービスを利用する頻度がおおくなった。(37歳男性、会社員、新潟県)
■変わらないので、パン屋さんも常とかわりなく販売されていてありがたく思います(49歳女性、主婦、神奈川県)
■変わらない(48歳男性、会社員、神奈川県)
■コロナになってから行ってない(40歳女性、会社員、神奈川県)
■特に変える必要が無く、変えていない。(45歳男性、会社員、愛知県)
■野ざらしの状態で売られているパン屋のパンを買うのを控えた。(33歳男性、会社員、兵庫県)
■変わりありません。(40歳女性、会社員、石川県)
■変わらない(59歳男性、会社員、静岡県)
■いつもの習慣で増減はありません(57歳男性、会社員、広島県)
■特に変わらない(73歳男性、年金生活者、兵庫県)
■食べ物に罪はないので食べたい物を食べたい時に買えば食べ物も喜ぶと思う。(30歳女性、会社員、奈良県)
■陳列棚に直接パンを置いてあるだけなので、外気に長くふれていると思うし、感染のリスクが高いような気がして買うのを控えています。最近では包装がしっかりしているサンドイッチを買うくらいですね。(42歳男性、会社員、東京都)
■米や麺類など日持ちのするものは備蓄しておいて、パンが手に入る限りはパンを食べたい。(46歳男性、自営業、東京都)
■とくにないです(49歳男性、会社員、青森県)
■やはり今までのイメージだとパンが包装されずそのまま陳列されていたので、衛生面、感染リスクを鑑みたときに不安を感じるのではないかと思う。梱包されていることを知れば購入に繋がると感じます。(26歳女性、会社員、東京都)
■せっかくの焼きたてパンを冷凍保存したくないので、買う量は変わらない(56歳男性、会社員、兵庫県)
■買いに出掛ける回数は減ったけど買う量は変わらないと思う(27歳女性、主婦、千葉県)
■特に変わりはない(39歳女性、会社員、京都府)
■外出がコロナウィルスの恐怖で億劫になりました。(41歳女性、会社員、宮城県)
■特にない(57歳男性、自営業、神奈川県)
■外出が減ったため(34歳男性、フリーター、宮崎県)
■お店に行く回数は減ったけど、一度に買う量は増えたので、食べる量には変化ありません。(58歳女性、主婦、大阪府)
■変わらなく買い続けています。(41歳女性、主婦、長野県)
■密閉空間だから(27歳女性、主婦、静岡県)
■不特定多数の人が出入りする店舗で、比較的狭い空間なので(53歳男性、会社員、福島県)
■感染が怖いから(37歳女性、主婦、福岡県)
■朝食はパンなので量は変わらず(68歳男性、年金生活者、大阪府)
■感染箇所が、多数考えられる。(61歳男性、自営業、大分県)
■消費期限の短いパンを週に何度かにわけ買いに行っていましたが、外出を自粛するようになりパンの購入が減りました。また自分で手作りパンを初めて作ってみて、お店より味は落ちても簡単に作れる事を知り、手作りパンをたくさん作り冷凍保存するようになったからです。(35歳女性、会社員、静岡県)
■外に出ないから(20歳男性、会社員、千葉県)
■パン屋さんは袋に入っておらずむき出しのまま陳列されている場合が多い為、以前よりパン屋さんに立ち寄る機会が減りました。(29歳女性、主婦、東京都)
■変わっていないのである。(60歳男性、その他、徳島県)
■食料品なので買い溜めしたいですが、賞味期限もあるので差し控えています。結果、以前と変わりありません。(53歳男性、その他、神奈川県)
■パン屋が近所にないコンビニの個包装商品の方が安全(39歳女性、フリーター、兵庫県)
■増減なし。(81歳男性、年金生活者、神奈川県)
■買い物は行く頻度が減ったので、一度に買う量が増えた。(35歳女性、その他、神奈川県)
■減っていません。(53歳女性、主婦、京都府)
■パンが剥き出しで店舗に置かれていると他のお客様の兼ね合いで取りづらい。(37歳女性、主婦、東京都)
■外に出る回数が減ったため(18歳女性、フリーター、北海道)
■自宅待機(46歳男性、自営業、大阪府)

パンは手軽に食べられる

■やはり密室空間が今は避けています。(48歳男性、会社員、兵庫県)
■変わらない(60歳男性、会社員、富山県)
■いつも通りの生活をしたいから(26歳女性、主婦、埼玉県)
■個人商店での買い物を控えているから(60歳女性、主婦、香川県)
■勤務先での食事が減った(57歳男性、自営業、岡山県)
■人と接触したくないから行かない(37歳男性、会社員、山口県)
■カバーのみで結局それをめくってとるので、衛生面に心配な面もあり、自分が安心して買えるところに買う場所を変えたりしている(40歳女性、会社員、大阪府)
■家で子供にお昼を出す機会が増えた(40歳女性、会社員、東京都)
■パンは大好きでよく買うのですが、パン屋さんのパンは賞味期限が短いので、スーパーで賞味期限長いものを選び、数日分まとめて買っています。コロナが落ち着いたらまたパン屋さんの美味しいパンが食べたいです。(32歳女性、主婦、徳島県)
■お店が休みで買えないから(50歳女性、会社員、東京都)
■出歩くのが不安です。(35歳女性、会社員、愛知県)
■自宅待機なのであまり食欲が湧かなくなった(64歳女性、主婦、兵庫県)
■パンの購入量は増えました。外出自粛の県に住んでいます。外食産業は、自粛となっていますがこんな時こそ「買って応援!」すべきだと考えています。1円でも多く買うことが、今の私にできる事だと考えているからです。(45歳男性、会社員、兵庫県)
■政府より自宅にいてくださいという要請があったため(58歳男性、会社員、広島県)
■変わらない(65歳男性、年金生活者、東京都)
■以前はパン屋さんにてパンを購入していましたが、コロナショックに関わらず、購入する頻度が激減したのは、自分が感染症に弱い体になった事と、意外とオープンにしていあるパンの前でお喋りしたり、くしゃみをしたり、手で触って楽しむ人がいたからです。(55歳女性、その他、福島県)
■あまり変わらないね。(37歳男性、会社員、大阪府)
■パン屋さんが気をつけているから、変わりません。(65歳男性、年金生活者、東京都)
■パンはすぐに食べられるので、私の家では最近はむしろ増えました。(78歳男性、年金生活者、奈良県)
■特に変化なし(40歳女性、自営業、東京都)
■特になし。(51歳男性、その他、大阪府)
■買い出しが減ったから(30歳女性、OL、宮城県)
■剥き出しで売っているとちょっと気になるようになったので。(41歳女性、会社員、東京都)
■ウイルス感染を考えて(53歳男性、会社員、神奈川県)
■頻度が減るので、行けた際に多めに買い溜めです。(30歳女性、主婦、北海道)
■誰がさわったかわからないトングやトレーで、誰でもとれるパンが並んでいると、食べても大丈夫か危険を感じる。(40歳女性、会社員、兵庫県)
■特に変わらない(59歳女性、主婦、神奈川県)
■コンビニで買うから(51歳男性、会社員、神奈川県)
■今は誰がかかっているかわからないので、買い物も店の軒数を減らすのためスーパーですませてしまいます(47歳女性、主婦、岐阜県)
■家から出なくなったので回数が減りました。家にいるのでパンを食べる回数が増えたのですが、外に出なくなった分、食パンを食べる様になりました。車で30分位かかる所にパン屋さんがあるのですが、週2回が現在は2週に1度くらいになっております。(69歳男性、その他、岡山県)
■個包装されていないとウイルスがついていそうで怖い(30歳男性、会社員、愛知県)
■購入量は、各メーカーが懸賞をしているので、逆に増えていますね。懸賞が終われば通常購入に戻りますし、パン専門店にも少し行き始めたりしますよ。(51歳女性、会社員、北海道)
■なぜかパンを食べたいと思う気持ちが少なくなりました。(79歳女性、主婦、神奈川県)
■変わっていないです(43歳男性、会社員、和歌山県)
■緊急事態宣言が出て、外出を控える様になり、通販などのネットショップでパンも買う様になったから。(39歳女性、主婦、東京都)
■特に変わりません(28歳女性、会社員、茨城県)
■小さな子供がいて、ウロチョロ歩きまわったり触ったりしてしまい、誰かに感染させてしまったらと怖くなり、スーパーでパパっと買い物するようになったからです。(31歳女性、主婦、埼玉県)
■手軽に食べられる(53歳女性、その他、茨城県)
■パンにウイルスがついていないか心配です(40歳男性、会社員、大阪府)
■行く回数が減った分、一回に買う量が増えた。(74歳男性、その他、東京都)
■買い物回数が減りました。そうすると、どうしても賞味期限が長い食べ物(冷凍食品・インスタントラーメン)をまとめ買いしてしまい、パンを食べる回数が減ったのだと思います。(52歳女性、会社員、新潟県)
■昼食でパンを食べるようになったためです。(65歳女性、年金生活者、山形県)
■家にいる機会が多いので、そのまま食べられるものを家に置いておきたいから。(39歳女性、主婦、東京都)
■購買量はあまり変わらないが、余り外食や出掛けることができないので、簡単に食べられるパンを買うことが多くなると思います。パンも好きなので。(48歳女性、フリーター、茨城県)

回答はそのニュアンスも正確に伝えるために、基本的にそのまま掲載しています。


ブランスリー電子版は、購読者の方々以外は、見出しと本文の一部しか見られませんが、この記事は特別に全文を一部の方に公開しています。