「温めてもおいしい」と題したパン4品目を発売 - 第一屋製パン - ブランスリー電子版

アーカイブ(創刊号からの全記事)
記事の閲覧
<<戻る写真をクリックすると拡大写真が見られます。
ブランスリー新聞/2023年2月号

2023年11月18日から、発行から1年を経過した記事は、会員の方以外にも全文が公開される仕様になりました。


「温めてもおいしい」と題したパン4品目を発売 - 第一屋製パン
「温めてもおいしいとろける安納芋バター」
 第一屋製パン(細貝正統社長)は1月1日、「温めてもおいしいとろける安納芋バター」「温めてもおいしいもちあんデニッシュ」など、「温めてもおいしい」と題したパン4アイテムを発売した。いずれもオープン価格。昨年12月1にも「温めてもおいしい」と題したパン5アイテムを発売しており、今回はその第2弾となる。
 「温めてもおいしいとろける安納芋バター」は、ブリオッシュ風菓子パン生地で安納芋クリームを包んで焼き上げた後にバター入りクリームを注入した製品。
 「温めてもおいしいもちあんデニッシュ」は、デニッシュ生地に粒餡と、もちフィリングを絞り、さらに黒煎りゴマ、白煎りゴマをトッピングして焼き上げた製品。
 「温めてもおいしい」と題したパンはこのほか、コッペパン生地にチーズクリームと塩バターフィリングを絞り、シュレッドチーズをトッピングして焼き上げた「温めてもおいしい塩バターチーズパン」、パルメザンチーズパウダーとダイスチーズを練り込んだチーズ味のドーナツの「温めてもおいしいひとくちチーズドーナツ5個入」の各アイテム。
 同社は同日、「温めてもおいしい」と題したパン4アイテム以外にも、フランスロール生地で「かねふく」の明太子を使用した辛子明太マヨネーズで和えたポテトサラダを包み、シュレッドチーズをのせて焼き上げた「明太ポテトチーズ」、洋菓子店の「パティスリー レ・ド・シェーブル」が監修し、菓子パン生地でヤギのミルク入りカスタークリームを包んで焼き上げた「ヤギミルククリームパン」などを発売した。








2023年11月18日から、発行から1年を経過した記事は、会員の方以外にも全文が公開される仕様になりました。

ブラ立ち読み
(記事の無料メール配信)
詳細はこちら