残ったフランスパンを利用。1日50〜60個のヒット商品 - パルファンオオツカのメープルシロップ - ブランスリー電子版


ブランスリーアーカイブ(創刊号からの全記事)
記事の閲覧
<<戻る写真をクリックすると拡大写真が見られます。
商品/2003年1月号

2023年11月18日から、発行から1年を経過した記事は、会員の方以外にも全文が公開される仕様になりました。


残ったフランスパンを利用。1日50〜60個のヒット商品 - パルファンオオツカのメープルシロップ
 パルファンオオツカ(葛西店=東京都江戸川区中葛西3−32−17、電話03−3686−3170)のメープルシロップは、残ったフランスパンを利用して作る商品。フランスパンを1・8センチ程度の厚さにスライスして、無塩バター、卵、牛乳、ラム酒、上白糖を混ぜ合わせた液体に両面を漬して天板に並べる。12〜13分焼成してから、メープルシロップを片面に塗る。
 比較的底の深い紙カップに、仕上がった製品を3つ程度入れて、粉糖をふってでき上がりだ。
 パルファンオオツカ葛西店では、土日で1日50〜60個売れるヒット商品になっている。
 フランスパンが足りない時は、この商品を作るためにフランスパンを焼くことも多いという。







原価計算女王
原価計算女王

2023年11月18日から、発行から1年を経過した記事は、会員の方以外にも全文が公開される仕様になりました。

今月の公開記事

  1. 朝食に食べたいパンと昼食に食べたいパン - 消費者アンケート
  2. 昼時のベーカリーは、その持てる力を最大限に発揮できる商売の主戦場だ! - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(85)
  3. パン屋の販促
  4. 掲載から1年を経過した記事は、会員の方以外にも全文を公開しています。
    ブランスリーアーカイブ
ブラ立ち読み
(記事の無料メール配信)
詳細はこちら