業務用冷凍食品の新商品を発売 - 昭和冷凍食品 - ブランスリー電子版


ブランスリーアーカイブ(創刊号からの全記事)
記事の閲覧
<<戻る写真をクリックすると拡大写真が見られます。
ブランスリー新聞/2006年10月号

2023年11月18日から、発行から1年を経過した記事は、会員の方以外にも全文が公開される仕様になりました。


業務用冷凍食品の新商品を発売 - 昭和冷凍食品

炊き上げた小豆をシロップ漬けにして散りばめた「北海道小豆蒸しケーキ(内麦)」


カレーフィリングを包んだ今川焼の「カレー in 今川焼」
 昭和産業の100%出資子会社の昭和冷凍食品(佐藤誠社長)は9月1日、「北海道小豆蒸しケーキ(内麦)」「抹茶たい焼(富良野小倉あん)」「とろ〜りジャンボたこ焼」など業務用冷凍食品5品目を発売した。コンセプトは「安心・安全」と「本格」。
 「北海道小豆蒸しケーキ(内麦)」は、炊き上げた小豆をシロップ漬けにして散りばめた蒸しケーキ。粉は北海道産小麦粉を使用。小豆も北海道産で、イソマルトオリゴ糖も添加。
 「抹茶たい焼(富良野小倉あん)」は、抹茶粉末を練り込んだ生地を使用。あんは北海道富良野産の小豆を使用。
 「とろ〜りジャンボたこ焼」は、
とろ味感を追求した口溶けのいいたこ焼。
 このほか、フライすると外皮のパリパリ感と中のしっとり感が出る「大きな丸たこ焼」、カレーフィリングを包んだ今川焼の「カレー in 今川焼」を発売した。







原価計算女王
原価計算女王

2023年11月18日から、発行から1年を経過した記事は、会員の方以外にも全文が公開される仕様になりました。

今月の公開記事

  1. カリスマシェフが「熱々凍結」を徹底解説 - 改革〜熱々凍結パン〜(ツジ・キカイ)
  2. 消費者にとっての商品価値はこれまで十分に考えてきたので、これからは生産者にとっての商品価値についてもっと考えよう! - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(84)
  3. 熟成の旨味を活かしたパンの数々を紹介 - 2024年星天会冬季講習会(星天会)
  4. 掲載から1年を経過した記事は、会員の方以外にも全文を公開しています。
    ブランスリーアーカイブ

読んでほしい記事

  1. コロナ禍を経て辿り着いた会話を楽しむ対面販売 - hnn
  2. 消費者はパン屋選びにSNSをどう使っているか? - 消費者アンケート
  3. ベーカリーの販促はSNSで決まり
ブラ立ち読み
(記事の無料メール配信)
詳細はこちら