水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
レポート
<<戻る | 次の20件>>

記事リスト(87件中120件目)

  1. パリで親しんだ人と人との温かな繋がりを日本の人達と再構築する - ブーランジュリー ボネダンヌ(レポート - 2019年1月号)
    パリで味わった美味しさを伝えたい 田園都市線・三軒茶屋駅から徒歩約12分、世田谷区の三宿で営まれる焼き菓子とパンの店「ブーランジュリー ボネダンヌ」。店名の表示された白いドーム型オーニング(日よけ)と、濃い色の木彫のファサード(正面...

  2. パティシエールを対象にした洋菓子講習会(レポート - 2018年9月号)
     ツジ・キカイ(本社・埼玉県川越市、山根証社長)は6月27日、大阪市北区の同社堂島ラボで、「石窯・スチコン・ブラストチラー スイーツセミナー『パティシエールへ』」と題した洋菓子講習会を開催した。受講者を女性の洋菓子職人に限定し、講師...

  3. 2017 Sanwa Spring Festa(レポート - 2017年5月号)
     製パン材料専門問屋の三和産業(黒田勝士社長)は、2月21、22の両日、東京・台東区の東京都立産業貿易センターで「2017 Sanwa Spring Festa(サンワ スプリング フェスタ)」を開催した。メインテーマは「Power of...

  4. 2017モバックショウ、大阪で盛大に開催(レポート - 2017年4月号)
     2017モバックショウ(第25回国際製パン製菓関連産業展、主催=協同組合日本製パン製菓機械工業会)が2月22日から25日までの4日間、大阪府大阪市住之江区のインテックス大阪で開催された。会期中およそ3万5000人の来場者があった。出展...

  5. ドーナツ専門店に見るドーナツ最新事情(レポート - 2015年7月号)
     人気スイーツの定番として歴史の長いドーナツだが、ここ数年、色鮮やかなトッピングなどが施された存在感のあるドーナツを目にする機会が多くなっている。生地には、油脂や卵などを配合せず、ドーナツ自体はシンプルに仕上げ、濃厚なチョコレート...

  6. 新緑の季節到来! 人気のサンドイッチを追う(レポート - 2015年6月号)
     弁当を持っての外出にぴったりの季節が到来した。東京・杉並区のベーカリーカフェ「パンとcafe えだおね」では、野外でも気軽に食べられるサンドイッチに力を入れている。オーナーの竹内仁さんは、ヨーロッパに住んだ経験があり、そのときに...

  7. ベーカリーの外販効果催事やイベントへの参加が繁盛の確かな力に - ベッカライカフェ・リンデ(レポート - 2015年4月号)
     「世田谷パン祭り」や「青山パン祭り」といったパンのイベントや、デパートなどで行われる食品関連の様々な催事に積極的に参加し人気を博す東京・吉祥寺のドイツパン専門店「ベッカライカフェ・リンデ」。「固くて酸っぱい、おいしいドイツパン」...

  8. 2015モバックショウ、盛大に開催(レポート - 2015年4月号)
     2015モバックショウ(第24回国際製パン製菓関連産業展、主催=協同組合日本製パン製菓機械工業会)が2月18日から21日までの4日間、千葉県千葉市美浜区の幕張メッセで開催された。会期中およそ3万5000人の来場者があった。出展企業数は...

  9. 消費税率アップ後の影響についてベーカリーに聞く消費税率引き上げから半年(レポート - 2014年11月号)
    増税と原料高にどう対処していくか 4月に消費税が8%に引き上がられてから半年が過ぎた。そこで、関東と関西のベーカリー10店に、消費増税後の現状を尋ねた。 まず、増税後の税抜きでの売上額について尋ねたところ、「売り上げが増えた」とする...

  10. パンと酒のお洒落な関係 - ネモ・ベーカリー&カフェ(レポート - 2014年5月号)
     東京・品川区の東急目黒線・武蔵小山駅に近い住宅街にある「ネモ・ベーカリー&カフェ」は、午後6時からのバータイムを備えた「大人のパン屋」だ。開業して6年、「お酒の飲めるベーカリー」として評判になっている同ベーカリーに、バーとベーカ...

  11. 商品を通して、ライフスタイルを提案する - 2014年 星天会冬季講習会(レポート - 2014年5月号)
     ホシノ天然酵母パン種を使用するパン店、製パン教室などの団体、星天会(川又研三会長)は3月4日、東京・渋谷区の日本製粉東部技術センターで、「2014年星天会冬季講習会」を開催した。ベーカリーコンサルタントの武井千賀氏が講師を務め、...

  12. ナポリピッツァの歴史と伝統を知る - ナポリピッツァ石窯セミナー 「伝統を知り、想いを伝える」(レポート - 2014年5月号)
     石窯の製造販売などを手掛けるツジ・キカイ(山根証社長)は3月12日、同社大阪支店の堂島ラボで「ナポリピッツァ石窯セミナー『伝統を知り、想いを伝える』」と題したセミナーを開催した。2010年にナポリピッツァ世界選手権で優勝した実績...

  13. リテールベーカリーに様々な提案 - 2014 Sanwa Spring Festa(レポート - 2014年4月号)
     製パン材料専門問屋の三和産業(黒田勝士社長)は、2月16、17の両日、東京・港区の東京都立産業貿易センターで「2014 Sanwa Spring Festa(サンワ スプリング フェスタ)」を開催した。材料メーカーなど約100社が出...

  14. 円滑で適正な消費税転嫁を期す(レポート - 2014年3月号)
     4月から消費税率が5%から8%に引き上げられる。パン業界でも、消費者にとっての負担増が、売上減の要因にならないかと、気をもんでいる向きは多い。 こうした中、全日本パン協同組合連合会(西川隆雄会長)と一般社団法人日本パン工業会(飯...

  15. ベーカリーカフェが提案するパン食試食提供が発展してカフェになった(レポート - 2014年2月号)
     千葉県松戸市のベーカリー「パン焼き小屋ツオップ」は、店舗の2階にベーカリーカフェ「ルーエプラッツ ツオップ」(Ruheplatz ZOPF)を持っている。食事と共に自信作であるパンを提供し、そのマッチングを顧客に味わってもらうの...

  16. 岐路に立つ製パン素材メーカー - 技術力や用途提案などで差別化(レポート - 2014年1月号)
     マーガリン、ショートニングなどの油脂加工品、各種フィリングなどを提供し、ベーカリー業を支える縁の下の力持ちである製パン素材メーカー。近年は原料高や菓子パントレンドの変化などの課題も抱え、ユーザーの要望にいかに応えていくか岐路に立...

  17. ベーカリーの朝活 朝の焼きたてでパン食普及朝食に焼きたてパンを食べてほしい(レポート - 2013年11月号)
     朝食にパンを食べる習慣は日本に定着したが、前日に買ったパンを翌日の朝食に食べる人が多いのも事実だ。せっかくならそのパンを焼きたてで食べてもらおうと考え、早朝から営業するリテールベーカリーがある。朝の焼きたてパンの提供について、ど...

  18. アイデア溢れる様々なベーカリー製品を提案(レポート - 2013年10月号)
    2013秋季メニュー提案会(三和産業) 製パン材料専門問屋の三和産業(黒田勝士社長)は9月8、9の両日、東京・港区の東京都立産業貿易センターで、「2013秋季メニュー提案会」を開催した。同社に製パン材料を卸すメーカーなどおよそ50...

  19. ベーカリーも頑張ってます! 美味しい節電&エコ経営エコと品質維持を両立させる(レポート - 2013年10月号)
     福島第1原発事故後、節電やエコが課題になっているが、パン業界ではどんな取り組みをしているのか。ベーカリーの節電の難しさは、電力使用が品質管理と直結するところにある。特に猛暑の今年、材料の鮮度や質を守るためには厨房でもエアコンの使...

  20. 小規模ベーカリーが増加中。そのメリット、デメリットは?(レポート - 2013年9月号)
    小規模ベーカリーが成功する条件は? 小規模ベーカリーが増えている。ものが売れない時代、大規模な投資には、二の足を踏んでしまうのか、これまでの常識的な投資額よりはるかに少ない投資で、ベーカリーを開業するケースが目立っている。リスクが...

<<戻る | 次の20件>>
謹賀新年