水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
2016年5月号
<<戻る

記事リスト(19件中119件目)

  1. 洋菓子消費動向調査 - 消費者アンケート(アンケート - 2016年5月号)
     「洋菓子消費動向調査」のテーマで、ネットアンケートを実施した。回答者に抽選で「パンセット」をプレゼントするという形で、ブランスリー報道社が運営するパンと菓子のオンラインショッピングモール、パン菓子・COM(http://www.pankashi.co...

  2. 明治45年の創業以来の生活に溶け込むパン作り - ニコラス精養堂の太田米藏社長(インタビュー - 2016年5月号)
     東京・世田谷区にあるニコラス精養堂(電話03‐3410‐7276)は明治45年(1912年)創業の老舗ベーカリーだ。発酵法も酒種からイーストへの変化の時代を通じて、パン作りの違いを肌で感じてきた。昭和5年(1930年)には陸軍御用...

  3. 無理なく買える「日々のパン」 - アカリベーカリー(お店拝見 - 2016年5月号)
    人々が集まる温かさのあるベーカリーを目指す JR国立駅から徒歩4分、雑貨店や喫茶店などが点在する通りに昨年12月、「アカリベーカリー」がオープンした。 「日々のパン」という文字が店名の上に添えられた黄色の看板は、30センチ四方の控えめ...

  4. パン屋の女房(特集 - 2016年5月号)
     仏パリで修行する夫と共に渡仏し、同地で第一子を出産/夫と共に帰国し、ベーカリーを開業/店舗のデザイン、販売、事務作業、ホームページ作成管理などを担当/生活者目線で、夫の商品開発をアシスト子育てをしながら修行と開業をアシスト 東京...

  5. 「2016サンワ スプリング フェスタ」を開く - 三和産業(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     製パン材料専門問屋の三和産業(黒田勝士社長)は、2月21、22の両日、東京・台東区の東京都立産業貿易センターで「2016 Sanwa Spring Festa(サンワスプリング フェスタ)」を開催した。 製パン材料や製パン機械のメーカ...

  6. 北海道産小麦使用のパンのコンテストを開催 - アルティザンブーランジェコンクール実行委員会(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     北海道産の小麦などを使用したパンのコンテスト「アルティザンブーランジェコンクール・北海道2016」の本選が3月9日、北海道札幌市内で開催された。北海道産素材のポテンシャルの高さの立証とその利用拡大に寄与することが目的。また、全国のパン...

  7. 新会長にクーロンヌ・ジャポンの田島浩太氏 - アミカル日本支部(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     フランスパンを日本に伝えた先駆者とされるフランス人のパン職人、レイモン・カルベル氏を慕う人たちで作る親睦会「アミカル」の日本支部の新会長に、茨城県つくば市などでベーカリーを展開するクーロンヌ・ジャポンの田島浩太社長が、新副会長に...

  8. 高級路線の食パンの「チーズゴールド」を発売 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     山崎製パンは4月1日、「最高の品質とおいしさの追求」をコンセプトとした食パンブランド「ヤマザキゴールド」シリーズの新商品として、「チーズゴールド」(参考価格3枚入り税込151円、6枚入り税込281円)を発売した。チーズのおいしさ...

  9. 国産小麦の「ゆめちから」使用の2品目を発売 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     敷島製パンは4月1日、国産小麦の「ゆめちから」を使用した「国産小麦のクラウンメロンパン」「国産小麦のよもぎ蒸しパン」の2アイテムを関東、中部、近畿、中国、四国の各地区で発売した。国産小麦100%使用で、小麦以外の主要原料もできる...

  10. 食に関わる850社が最新の商品やサービスを展示 - ホテル・レストランショーなど(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     「第44回国際ホテル・レストランショー」が2月16日から19日までの4日間、東京・江東区の東京ビッグサイトで開催された。「第37回フード・ケータリングショー」「第16回厨房設備機器展」との合同開催。宿泊、外食、給食などの産業に関わる850...

  11. 「博多 明太ポテト」など4月の新商品を発売 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     第一屋製パンは4月1日、「博多 明太ポテト」「鹿児島 黒豚カレー」「信州安曇野 ハニーミルクサンド」「キャラメルマフィン」などの4月の新商品を発売した。いずれもオープン価格。 「博多 明太ポテト」は、博多の「かねふく」の明太子を...

  12. 「国産小麦フェア」を全国123店で開催 - ドンク(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     ドンク(本社・兵庫県神戸市、中土忠社長)は4月15日から28日まで、富山県産の小麦「ゆきちから」を使用したパンを販売する「国産小麦フェア」を全国のドンクなど123店舗で開催している。農地活性化対策と富山県食材の魅力発信に取り組む富山県...

  13. 入学式を挙行。212人が晴れて入学 - 東京製菓学校(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     東京製菓学校(梶山浩司校長)は4月1日、東京・新宿区の同校で入学式を挙行した。パン本科43人、洋菓子本科146人、和菓子本科23人の合計212人が入学した。 梶山浩司校長は、「皆さんは、菓子やパンを通して、人々を幸せにしたいという共...

  14. 製パン、製菓両技術学科の入学式を挙行 - 日本菓子専門学校(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     日本菓子専門学校(秋田勝校長)は4月1日、東京・世田谷区の玉川区民会館ホールで第19回製パン技術学科、第57回製菓技術学科の入学式を挙行した。製パン技術学科は45人、製菓技術学科は154人が入学した。 秋田勝校長は「新入生の皆さんの入...

  15. 3校合同入学式を挙行。「目標に向かって進む」(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     国際製菓専門学校(田中啓介校長)の入学式が4月6日、同校のグループ校である国際パティシエ調理師専門学校と西東京調理師専門学校との3校合同で、東京・小平市の国際パティシエ調理師専門学校で行われた。 西東京調理師専門学校の田中美恵子...

  16. 「TPPは日本に何をもたらすか」をテーマに講演 - 2017モバックショウ実行委員会(ブランスリー新聞 - 2016年5月号)
     2017モバックショウ実行委員会(原田淳一実行委員長)は、3月15日、東京・千代田区のステーションコンファレンス万世橋で、「モバック特別講演会」を開催した。講師に招かれた早稲田大学政治経済学術院・経済学研究科の戸堂康之教授が、「T...

  17. RECIPE(レシピ - 2016年5月号)
    特集(10〜11ページ)参照パン・ピジョン家庭で母親が作るようなコロッケをボリュームたっぷりの大きさで柔らかいパンに挟んだ「パン・ビジョン」の人気惣菜商品。税別190円。コロッケパン【材料】▼バンズ‥‥‥‥‥‥1個▼コロッケ‥‥‥‥‥...

  18. RECIPE(レシピ - 2016年5月号)
    お店拝見(14〜15ページ)参照アカリベーカリー毎日食べても飽きないような味と食感を目指した食パン。副材料を控えめにし、小麦の味を感じられる味に仕上げている。税込330円。アカリブレッド【湯種配合%】ゴールデンヨット(強力粉)‥‥‥‥...

  19. ユーロパンとブルターニュの食文化を訪ねる旅 - 一粒の麦から31(文・本行恵子)(連載 - 2016年5月号)
    CDM応援とパン職人たちとの交流 去る2月4日〜11日にかけ、アミカル日本支部(田島浩太会長)が企画した「ユーロパン視察とブルターニュの食文化を訪ねる旅」に参加しました。 世界的な製パン製菓の展示会、ユーロパン2016が開催されたパリ...

<<戻る
謹賀新年