水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
2011年11月号
<<戻る | 次の2件>>

記事リスト(22件中120件目)

  1. 夕食のパンについてのアンケート‐消費者アンケート(アンケート - 2011年11月号)
    「夕食のパンについてのアンケート」のテーマで、ネットアンケートを実施した。回答者に抽選で「フルーツケーキ」をプレゼントするという形で、ブランスリー報道社が運営するパンと菓子のショッピングモール、パン菓子.COM(http://pankashi.com/)...

  2. 常に前を向いて進む‐小川佳興社長に聞く(続編) 石窯パン工房サフラン柏の葉店・千葉県流山市青田93-1、電話04-7156-7101(インタビュー - 2011年11月号)
     千葉県内に、郊外大型ベーカリーなどを7店舗展開するサフランの小川佳興社長は、「売れていないところほど、いろんな対策が打ちやすいということに気付かなくてはだめだと思いますよ」と話す。夫婦2人の小さなベーカリーを、年商15億のベーカ...

  3. 2店を比較分析してリニューアルを計画‐サガミパン工房 ブンブン(お店拝見 - 2011年11月号)
     今年5年目を迎える神奈川県厚木市のサガミパン工房ブンブンが9月7日、リニューアルオープンした。 同店の地主将人社長は、「もともと、リニューアルに関しては5年を一区切りに考えていて、具体的にどこをどうするかということについては、1...

  4. 繁盛を呼び込んだ商品があった‐パネッテリア アリエッタ(お店拝見 - 2011年11月号)
     JR山手線と東急池上線、都営浅草線の3路線が乗り入れる五反田駅の東口から八ツ山通り、通称ソニー通りを歩くことおよそ8分。ビジネス街の中でちょっと目を引く赤いテントの下に、目指すベーカリー「パネッテリアアリエッタ」はある。2003...

  5. オープン一周年記念デモンストレーションなど(PHOTO REPORTS)‐エコール・ルヴァン・ダンタン(講習会 PHOTO REPORTS - 2011年11月号)


  6. オープン一周年記念デモンストレーションなど‐エコール・ルヴァン・ダンタン(講習会 - 2011年11月号)
     エコール・ルヴァン・ダンタン(東京・港区、芳美・ランドゥメンヌ社長)は9月22日、東京・港区の同校で「オープン1周年記念デモンストレーション」を開催した。 同校の芳美・ランドゥメンヌ社長は、フランス・パリにブーランジェリー・パテ...

  7. 特集■規模リテールベーカリーの強み■(特集 - 2011年11月号)
     郊外大型ベーカリーの出店が相次ぎ、年商1億円を越すような繁盛店が、日本各地に登場しているが、その一方で、年商2000〜3000万円クラスの小規模リテールベーカリーも、厳しい状況が続いているとはいいつつも、思い思いの個性を発揮して...

  8. 大村、渡辺両氏が、日本代表選手に選ばれる‐イバカップ日本代表選手選考決勝大会(ブランスリー新聞 - 2011年11月号)
     ドイツで3年に1回開かれる製パン製菓の展示会、イバ展で実施される「iba Cup(イバカップ)」の日本代表選手選考の決勝大会が10月11、12の両日、東京・世田谷区の日本菓子専門学校で行われ、大村田さん(マイピア)と渡辺裕之さん...

  9. 業務用小麦粉を値上げへ‐製粉大手各社(ブランスリー新聞 - 2011年11月号)
     製粉大手各社は、輸入小麦の政府売り渡し価格が10月1日から5銘柄平均で2%引き上げられることにともなって、業務用小麦を値上げする。 日清製粉は強力系小麦粉を25キロ当たり45円、中力系・薄力系小麦粉を25キロ当たり45円、国産小...

  10. パン種の普及に尽力。営業手腕も存分に発揮‐ホシノ天然酵母パン種星野益男会長が死去(ブランスリー新聞 - 2011年11月号)
     ホシノ天然酵母パン種の星野益男会長が9月22日、死去した。76歳だった。通夜は9月30日、東京・町田市の浄運寺会館で、告別式は10月1日、同じく東京・町田市の浄運寺会館で行なわれた。喪主は妻の美加子さん。 父の星野昌氏が創業した...

  11. 焼き菓子用の小麦粉「エクリチュール」を発売‐日清製粉(ブランスリー新聞 - 2011年11月号)
     日清製粉は10月17日、焼き菓子用の小麦粉「エクリチュール」を発売した。フランス産小麦100%使用で、ヨーロッパの焼き菓子をそのまま日本で再現することが目的の小麦粉だ。ヨーロッパの焼き菓子の品質を追求する一方で、日本人好みの繊細...

  12. 「朝食のパン」テーマにフェアを開催‐ドンク(ブランスリー新聞 - 2011年11月号)
     ドンクは「Happy Mornig〜しっかり朝ごパン!でハッピーな1日をはじめよう〜」と題したフェアを10月1日から31日まで、全国のドンク125店で開催している。期間中に「7つの穀物食パン」を販売するほか、同食パンなどの購入者...

  13. 「オールドファッションドーナツ」など10月の新商品‐第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2011年11月号)
     第一屋製パンは10月1日、「オールドファッションドーナツ」「キャベツソースカレーパン」「パリリッとチーズフォンデュ風ドッグ」「レモンティーフレーキー」などの10月の新商品を発売した。いずれもオープン価格。 「オールドファッション...

  14. 「第3回学生祭」を開催。有名パン店の展示紹介など‐東京製菓学校(ブランスリー新聞 - 2011年11月号)
     東京製菓学校(中村勇校長)は10月2日、東京・新宿区の同校で「第3回学生祭」を開催した。学生が主体となって様々な企画が行われ、2200人の来場者があった。 「有名店紹介展示」のコーナーでは、ベーカリー、洋菓子店、和菓子店合計50...

  15. 森永製菓とのコラボで「キャラメル食パン」発売へ‐敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2011年11月号)
     敷島製パンは11月1日、キャラメル風味の「キャラメル食パン」を、関東、中部、関西の各地区で発売する。 キャラメルソースを生地に練り込んだ食パンで、森永製菓とのコラボレーションにより実現した。森永製菓のロングセラーである「ミルクキ...

  16. 米国産チーズ使用のコンテスト‐アメリカ乳製品輸出協会(ブランスリー新聞 - 2011年11月号)
     アメリカ乳製品輸出協会は、「アメリカ産チーズを使ったアイデアメニューコンテスト」の実技審査と表彰式を10月9日、東京・新宿区の服部栄養専門学校で開催した。ピザ部門の大賞に、京都のベーカリー、志津屋の小林健吾さんが出した「アメリカ...

  17. 健康機能性の高い食品素材・技術が集結‐食品開発展2011(ブランスリー新聞 - 2011年11月号)
     食品開発に必要な新素材、新技術などを集めた「食品開発展2011」(主催=UBMメディア)が10月5日から7日までの3日間、東京・江東区にある東京ビッグサイトの西1、2ホールで開催された。22回目の今回のテーマは「食品の健康機能と...

  18. 食パンの新商品「モーニングスター」発売‐山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2011年11月号)
     山崎製パンは10月1日、新ブランドの食パン「モーニングスター」を発売した。同社独自の技術による小麦本来の味を活かしたソフトできめ細かいしっとりとした食感が特徴の食パン。オープン価格。同社は、発売から1年間、同商品が1斤が売れるご...

  19. パンでサンドした、片手で食べられるご当地グルメ‐中日本高速道路(レポート - 2011年11月号)
     ご当地グルメは、旅の楽しみの一つだが、高速道路でドライブ中でも、ご当地グルメを気軽に楽しめる「ペコリアーノデリ」と呼ばれる商品が人気だ。通常皿に盛り付ける料理を、パンなどでサンドして専用の容器に入れて、片手でも食べられる形状にし...

  20. 帰宅途中に寄りたくなるエキナカ「エキュート赤羽」がオープン‐ジェイアール東日本都市開発(レポート - 2011年11月号)
     「エキュート赤羽」は店舗数が55、全体の店舗面積は2100平方メートル。 駅の利用者数は1日58万人だが、通勤や通学途中の乗り換え駅として利用する人がほとんどで、駅利用者全体の7割を占めるという。 「赤羽駅でもう一本別の電車に乗...

<<戻る | 次の2件>>
謹賀新年