水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
2002年12月号
<<戻る

記事リスト(20件中120件目)

  1. 顧客と接する - グッドモーニング(お店拝見 - 2002年12月号)
     清水弥生さんは、東京・阿佐谷の駅前商店街で、夫と共に化粧品店を切り盛りしていた。あるとき、隣の店舗が空家になった。清水さんは夫と結婚する前、ある製パンの専門学校に通っていた。三男が小学2年生になり、ある程度子供たちから手が離れて...

  2. パンの第一印象 - ラ・ブランジェリー・ピュール(お店拝見 - 2002年12月号)
     東京・目黒区に、「パンがとり持つ縁」を大切に考えているベーカリーがある。ラ・ブランジェリー・ピュール。さり気ない熱心さは、顧客に心地よく受け入れられ、同ベーカリーに対する親しみと安心感を育んできた。作り手と買い手のこうした関係は...

  3. アメリカのアーティザンブレッドのその後――成熟期に入った昨今を見る - 高橋秀直=(株)パンワールド代表取締役、海外情報研究会主宰様々な分野で台頭するアーティザンブレッド(海外情報 - 2002年12月号)
    アメリカのアーティザンブレッド 今まで本誌でもアメリカの手作りパン「アルチザン ブレッド」に関するニュースをお知らせしてきたが、さて昨今はどうであろうか。最新情報をまとめてみた。なお日本ではヨーロッパ風にアルチザンと発音するが、ア...

  4. 焼いた紅玉のおいしさを味わってもらいたい - ラ・フーガスのアップルパイ(商品 - 2002年12月号)
     ラ・フーガス(東京都世田谷区梅丘1−21−2、電話03−3429−0121)のアップルパイは、りんごの紅玉を焼いたときのおいしさを味わってもらいたくて開発した商品。濃い赤色の皮で自らを赤く染めた紅玉の果肉が鮮やかだ。さくっとした...

  5. 栗のいがはそうめんで表現渋皮付きのマロン入り - ラ・フーガスのいがぐりパイ(商品 - 2002年12月号)
     ラ・フーガスのいがぐりパイは、スイート生地で包んだマロンをさらにパイ生地で包んで焼き上げる。そうめんをトッピングして栗のいがを表現。見るからに「いがぐりパイ」だ。季節限定商品で、ひとつ180円。【作り方】(1)20グラム分割のスイ...

  6. 顧客のフランクな意見が聞ける、価値がわかる人に買ってほしい - 天然酵母パンPan de Pa Pa(デジタルベーカリー - 2002年12月号)
    〒573-1152 大阪府枚方市招提中町1-39-10 http://www.rakuten.co.jp/pandepapaTEL072-866-7578安心して食べられるパン。ネット販売額がリアル店の2倍 「安心して食べられるパンを作りたい。すべての材料についてお客様にきちんと説明できるパンを...

  7. クリスマスの活かし方(特集 - 2002年12月号)
     間近に迫ったクリスマスに、ベーカリーがどんな企画を考えているかについて取材した。日々の業務に追われながらも、それぞれ、自店の特徴を出そうと、思い思いの企画を検討中だ。「ベーカリーらしいクリスマス」「自分らしいクリスマス」がキーワ...

  8. 知る人ぞ知るお店がおおっぴらになってしまった(何でも掲示板 - 2002年12月号)
    生活者は想う 先ごろ、鎌倉、湘南地区の人気スポットを特集した某女性誌を本屋さんで見かけ、さっそくページを開いてみました。 この特集はなかなかの内容充実ぶりで、逗子、葉山、鎌倉オタクを自認する私としては「けっこう取材してるね」という...

  9. ああいう人の店が繁盛したら嬉しい(何でも掲示板 - 2002年12月号)
    生活者は想う 私の家の近くにはパン屋さんが2軒あります。一軒は、くるみとレーズンが入ったパンが割りとおいしくて、全体的にはまあ60点というところです。 もう一軒のパン屋さんは、何か気の弱そうな男の人が1人でやっているっぽくて、いつ...

  10. パン職人になる強い意志をもっています(何でも掲示板 - 2002年12月号)
    就職希望 はじめまして。私は現在、パン職人になるために就職活動をしております。 以前はSEとして働いていましたが、一生の仕事とするには疑問を抱き多くの人に幸せを提供できる仕事をしたいと志し、退職しました。 昔から好きであるパンを作...

  11. 224社が出展予定。製パン製菓の総合展に - 2003モバックショウ(ブランスリー新聞 - 2002年12月号)
     日本製パン製菓機会工業会(梶原徳二理事長)は11月6日、東京・中央区の労働スクエア東京で、来年2月20日から23日まで幕張メッセで開催される「2003モバックショウ」についての記者発表会を開いた。梶原理事長は「製パン製菓機械の専...

  12. ヘリコプター事故でポワラーヌ氏が死去 - 仏ブルターニュ沖で(ブランスリー新聞 - 2002年12月号)
     AP通信など欧米の複数の報道機関によると、フランスの有名ベーカリー、ポワラーヌのライオネル・ポワラーヌ氏は10月31日、ヘリコプター事故で死亡した。57歳だった。同氏は31日(現地時間)、仏北部ブルターニュ沖の同氏が所有する小島...

  13. 「減塩食パン」など3品目を新発売 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2002年12月号)
     第一屋製パンは11月1日、「減塩食パン」「横浜中華胡麻あんぱん」など新商品3品目=写真=を発売した。 「減塩食パン」(6枚切り、希望小売価格180円)は、食塩不使用の製品。ただ、他の原材料に若干のナトリウムを含む。「横浜中華胡麻...

  14. 第16回日菓祭を開く。パンの製造実演など - 日本菓子専門学校(ブランスリー新聞 - 2002年12月号)
     日本菓子専門学校(遠藤徳貞校長)は11月3日、東京・世田谷区の同校で「第16日菓祭」(学園祭)を開いた。「パン製造実演販売」のコーナーや「パン体験」のコーナーなどが人気を集め、多くの来場者で賑わった。 「パン製造実演販売」のコー...

  15. 「ショコラシリーズ」6品目を新発売 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2002年12月号)
     敷島製パンは11月1日、チョコレートと様々な素材を組み合わせた「ショコラシリーズ」6品目を関東、関西、中部の各地区で新発売した。12月31日までの期 ショコラシリーズは、チョコレートと相性がいいとされるくるみ、アーモンドなどのナ...

  16. 新ブランドの展開始める「アンジェターブル」 - ポンパドウル(ブランスリー新聞 - 2002年12月号)
     ポンパドウルは11月15日、同ベーカリーの新ブランド「アンジェターブル」の1号店を、西武池袋線・大泉学園駅に直結した施設、大泉学園「ゆめりあフェンテ」(東京・練馬区)2階にオープンした。アンジェターブルは、商品構成や価格帯などを...

  17. パン専用の受注管理ソフト - ミッキーチェーン(ブランスリー新聞 - 2002年12月号)
     パン製造卸のミッキーチェーン(福島県郡山市、山寺伸二社長)は、パン工場専用の受注管理ソフトを発売する。パンの受注数を入力するだけで、生地の仕込み量指示書、仕分け指示書、納品先ごとの納品書など、仕込みから納品までの各工程に必要な様...

  18. 仏ルノートルから講師招いてあめ細工講習会 - 国際製菓専門学校(ブランスリー新聞 - 2002年12月号)
     国際製菓専門学校(田中啓介校長)は10月30、31、11月1日の3日間にわたって、東京・小平市の同校で「第8回フランスエコール・ルノートル特別技術講習会」を開いた。同校が姉妹校提携する仏エコール・ルノートルから、クリストフ・ルド...

  19. 本社事務所を東京・品川に移転 - ジェイティフーズ(ブランスリー新聞 - 2002年12月号)
     ジェイティフーズは本社事務所を移転する。 新事務所の住所は、〒140‐0014東京都品川区大井1丁目28番1号住友不動産大井町駅前ビル6階。電話番号は、03‐5742‐8100。 11月25日から新事務所で業務を開始する。

  20. 日中食文化フォーラム。中国の食品産業を考える - 東京国際貿易の正山社長らが講演(ブランスリー新聞 - 2002年12月号)
     「21世紀の日中食文化を考える交流会議 日中食文化フォーラム」が10月22日、東京・千代田区の学士会館で開かれた。中国で製あん工場を成功させた東京国際貿易の正山四郎社長、中国の食品専門紙「中国食品報」の呉炳晶社長ら3人が講師に迎...

<<戻る
謹賀新年