水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
2015年3月号
<<戻る

記事リスト(18件中118件目)

  1. ベーカリーのポップについて - 消費者アンケート(アンケート - 2015年3月号)
     「ベーカリーのポップについて」のテーマで、ネットアンケートを実施した。回答者に抽選で「パンセット」をプレゼントするという形で、ブランスリー報道社が運営するパンと菓子のオンラインショッピングモール、パン菓子・COM(http://www.pan...

  2. 製餡会社のショップが作るあんパンの味は? - あんですマトバ社長の的場敏江さん(インタビュー - 2015年3月号)
    本業は老舗の製餡所あんパン一筋で35年―――このベーカリーは的場製餡所のアンテナショップという位置付けでオープンしたんですか。的場 ええ、そうです。今もそれは変わりません。製餡所は1924年(大正13年)5月に日本橋の箱崎町に創業しま...

  3. いい意味で相手の期待を裏切る - ブーランジェリー レカン(お店拝見 - 2015年3月号)
    高級フランス料理店のベーカリー部門 東京・中央区銀座の歌舞伎座にほど近い場所に店を構える「ブーランジェリー レカン」。フランス料理の名店「銀座レカン」などを展開するレカングループが、昨年12月にオープンした。隣り合う位置に、同ベーカ...

  4. 櫛澤電機製作所の「溶岩窯」と「溶岩ピッツァ窯」導入で、パン、ピッツァなどを美味しく焼き上げ、繁盛店に(タイアップ企画 - 2015年3月号)
     神奈川県横浜市の「プロローグ プレジール」は、パンや洋菓子、パスタ、ピッツァなどを提供するベーカリーレストラン。山本敬三オーナーシェフは、「窯は、店の味を最終的に決めるもの」といい、櫛澤電機製作所の「溶岩窯」と一心同体で、同店を...

  5. 無理せずに客と共に楽しむ感覚で - パンのフェア年間計画(特集 - 2015年3月号)
     繁盛しいているベーカリーに共通していることのひとつに、年間を通して、フェアを積極的に行っていることがあげられる。「パンのフェア年間計画」と言ってしまうと、敷居が高くなってしまうが、例えば「いちごフェア」であれば、普段から販売して...

  6. ネット通販食品のポータルサイトが人気のパンを発表 - アイランド(ブランスリー新聞 - 2015年3月号)
     女性向けのポータルサイトを運営するアイランド(東京・渋谷区、栗飯原理咲社長)は、同社が運営するネット通販食品の口コミポータルサイト「おとりよせネット」(http://www.otoriyose.net/)で、2014年のサイトアクセス集計をもとに独自に...

  7. 「スプリングフェスタ」でリテールに様々な提案へ - 三和産業(ブランスリー新聞 - 2015年3月号)
     製パン材料問屋の三和産業(黒田勝士社長)は3月1、2の両日、東京都立産業貿易センターで「2015 Sanwa Spring Festa(サンワスプリングフェスタ)」を開催する。 テーマは「こころいっぱい、笑顔いっぱい、繋げていこ...

  8. 「推しパングランプリ」で上位入賞商品を全国発売 - ドンク(ブランスリー新聞 - 2015年3月号)
     リテールベーカリーチェーンのドンク(本社・兵庫県神戸市、中土忠社長)は、2014年秋に行った「第3回推しパングランプリ」の1位から5位までの5アイテムを2月16日から3月8日まで、全国のドンク各店で販売している。 「推しパングラン...

  9. 「新春講演会及び賀詞交歓会」を開催 - 日本製パン製菓機械工業会(ブランスリー新聞 - 2015年3月号)
     協同組合日本製パン製菓機械工業会(増田文治理事長)は1月13日、東京・千代田区のKKRホテル東京で、「平成27年新春講演会及び賀詞交歓会」を開催した。 賀詞交歓会で挨拶に立った増田文治理事長は「アベノミクスが継続される中、イノベーシ...

  10. 学園祭に大勢の来場者。デパートでのパンの販売も(ブランスリー新聞 - 2015年3月号)
     国際製菓専門学校(田中啓介校長)は1月31日と2月1日の2日間、東京・立川市の同校で、学園祭「第26回KOKUSAI立川菓子祭2015」を開催した。両日とも校舎前には、午前10時の開始前から開場を待つ人の列ができるなど、大勢の来場者で...

  11. 業務用小麦粉2品目を発売へ - 昭和産業(ブランスリー新聞 - 2015年3月号)
     昭和産業(岡田茂社長)は2月23日、ハースブレッド用の「麦の路」と焼き菓子用の「ヴィエンネ・マリー」の業務用小麦粉2品目を発売する。 「麦の路」は、国産小麦の甘みと旨みを最大限に引き出した直焼きパン用の内麦粉。もちもちした食感で、...

  12. 「ヤマザキ春のパンまつり」を4月30日まで開催 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2015年3月号)
     山崎製パンは2月1日から4月30日まで、「ヤマザキ春のパンまつり」を実施している。 今年の景品は、直径19センチ、高さ2・9センチの「白いモーニングディッシュ」。トーストやサンドイッチのほかに、ロールキャベツなどのメインディッシュも...

  13. 「ゆめちから入り塩バターパン」発売 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2015年3月号)
     敷島製パンは2月1日、国産小麦粉を使用した「ゆめちから入り塩バターパン」を関東、中部、近畿、中国、四国の各地区で発売した。北海道産小麦のゆめちからの粉を中心にブレンドした内麦粉と、フランス産の発酵バターを使用している。オープン価...

  14. 「日本の食パン 3枚入り」など2月の新商品を発売 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2015年3月号)
     第一屋製パンは2月1日、「日本の食パン 3枚入り」「パン・オ・チョコレート」「チョコレートクロワッサン」「パン・ド・ショコラ」「ガトーショコラ蒸し」などの2月の新商品を発売した。いずれもオープン価格。 「日本の食パン 3枚入り」...

  15. 公式サイトでパンのレシピコンテンツを強化 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2015年3月号)
     山崎製パンは1月30日、同社公式ホームページのレシピのコンテンツを、「大好き!パンメニュー ヤマザキッチン」(http://recipe.yamazakipan.co.jp/)としてリニューアルした。使いやすさの向上を目的にデザインを一新し、「パン好きのお客様に...

  16. 「365日」の杉窪章匡オーナーシェフが講習会 - 愛工舎製作所(ブランスリー新聞 - 2015年3月号)
     愛工舎製作所(牛窪啓詞社長)は2014年10月29日、同社顧問を務める東京・渋谷区富ヶ谷のベーカリー「365日」のオーナーシェフ、杉窪章匡氏を講師に迎え、同社CAPホールで製パン特別講習会を開催した。杉窪氏は最初はパティシエとして歩...

  17. 「ベーグルメロンパン」を全国で新発売 - サークルKサンクス(ブランスリー新聞 - 2015年3月号)
     コンビニのサークルKサンクス(本部=東京・中央区、竹内修一社長)は1月20日、「ベーグルメロンパン」(税込135円)を全国のサークルKとサンクスの6340店で発売。ベーグル生地にビスケット生地をかぶせて焼き上げたパンで、もちっとし...

  18. メンバー同士が切磋琢磨して発展 - 一粒の麦から24(文・本行恵子)(連載 - 2015年3月号)
    新年勉強会で、新たなスタート 1989年に創業したベイクショップグループは、パン店開業を支援するコンサルタント会社として多くのベーカリーを立ち上げてきました。現在四国・中国地方を中心に近畿、東海、北陸、青森に広がり、45店舗(2014年...

<<戻る
謹賀新年