水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
2003年9月号
<<戻る

記事リスト(19件中119件目)

  1. パン生地に触れる喜び - ママン・ラトーナ(お店拝見 - 2003年9月号)
     東京都町田市南つくし野4-17-16、電話042-799-5470、営業時間 午前9時〜午後8時、第1、第3月曜日定休東京・町田市のとある交差点の角地にどこか南仏の石造りの家をイメージさせる建物がある。パンと洋菓子を製造販売するママン・ラトーナだ...

  2. インスタント商品の威力 - エディーズ・ブレッド(お店拝見 - 2003年9月号)
     東京都杉並区阿佐谷南3-36-1、電話03-5327-6531、営業時間 午前8時〜午後9時、定休日なし 初めて路面店を出した。パンは作っていた。小売もしていた。しかし、いわゆる路面のリテールベーカリーはそれまで持ったことがなかった...

  3. 「ベーカリー・ストラテジー」構築 - リ・モデルではなく、リ・コンセプト(海外情報 - 2003年9月号)
     今回はいささかシリアスなテーマを選んでみた。回復の兆しが見えてきたと言われるアメリカ経済であるが、いぜんとして失業率は低くならないし、外食産業も低迷を続けている。 筆者が定期購読しているベーカリー業界の雑誌や所属団体の機関誌など...

  4. フランス産小麦粉を使ったカンパーニュなど - 特選実践セミナー2003(講習会 - 2003年9月号)
     製粉各社が販売するフランス産小麦の粉を使用して、クロワッサン、バゲット、カンパーニュなどを作った。小麦粉の特徴を最大限に生かしながら、日本人の嗜好も考慮した。 講師=高江直樹氏(東京製菓学校パン課助教) 主催=東京製菓学校(東京...

  5. いつもとちょっと違うサンドイッチはいかが? - サンドイッチ講習会(講習会 - 2003年9月号)
     フランス産などの輸入食材をふんだんに使ったサンドイッチを紹介した。ベーカリーの差別化商品として提案。「入手しづらい材料もあるかと思いますが、何らかのヒントになればと思います」とリュック・ド・マンジュ講師。 講師=リュック・ドゥマ...

  6. 社長の威光 - 弘中泰雅(テクノバ=06‐6630‐7812、http://www.technova.ne.jp/)(生産性よもやま話(3) - 2003年9月号)
     だいぶ前のことであるが、あるかなり大規模な製パン会社の社長さんとパン工場の生産性について意見を交わしたことがあった。 その中でその社長は、工場の生産性を上げる一番の方法は、自分が工場を巡視することだと言われた。まんざら冗談とも取...

  7. 第1章 販売について - 文・橋本泰之((続)パン屋さん手帖(5) - 2003年9月号)
    今回は販売の仕方について考えていきたいと思います。販売についての10のポイントをあげてみました。それぞれの項目について、あなたのお店に当てはめて、細かくチェックしてみてください。 橋本泰之 1956年横浜生まれ。新宿の専門学校を卒...

  8. マイデリの試み(特集 - 2003年9月号)
    有名ベーカリーのパンを、焼き上げた当日に届けるベンチャービジネスが6月にスタートした。マイデリ(本社・埼玉県さいたま市)は、パンに込められた作り手の思いまでも届けようと、日夜、奮闘中だ。 パンを籠に入れて届ける パンを籠に入れて、...

  9. 工場見学者のための多目的ホールを新設 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2003年9月号)
    敷島製パンは同社神戸工場(神戸市西区高塚台)に100人を収容でき、オーブンやホイロなどを設置した多目的ホールを新設した。同工場には、見学通路があり、工場見学を受け入れてきたが、同ホールを設置したことにより、見学者が単に工場を見学す...

  10. パウンドケーキミックスなど - 日清フーズ(ブランスリー新聞 - 2003年9月号)
     日清製粉グループの日清フーズは8月20日などに、2003年秋冬常温家庭用新製品22品目、同リニューアル品6品目の合計28品目を新発売した。 好評の「あえるだけ和風パスタソース」シリーズに「鶏そぼろ 香りとコクの黒ごま味」「海苔と...

  11. 電動式の石臼手作り感を演出 - フェリス商会(ブランスリー新聞 - 2003年9月号)
     製パン機械の輸入販売などを手掛けるフェリス商会(千葉県鎌ケ谷市、伊藤幸吉社長)が販売する電動式の石臼が好評だ。 「昔の手回しの石臼の原理を採用し、粉を挽く際の発熱を最小限に押さえることで、高品質の小麦粉などができるという。天然石...

  12. 家庭用新商品10品目。「バラエティー化」がテーマ - 日本製粉(ブランスリー新聞 - 2003年9月号)
     日本製粉は8月20日、「オーマイ ピザ・ボーノ」「オーマイ えび いか 野菜のふんわりナゲット」など一般消費者向け冷凍食品の新商品9品目と同リニューアル商品1品目の合計10品目を新発売した。いずれの商品も「メニューのバラエティー...

  13. 製パン製菓講習会、東京製菓学校で - 大韓製菓協会主催(ブランスリー新聞 - 2003年9月号)
     東京製菓学校(山本圭一校長)で7月25、26の両日、大韓製菓協会主催の製パン製菓講習会が開かれた。韓国の製パン製菓業者に日本の技術を学んでもらおうと、毎年開いているもので、今回は28人が来日、受講した。25日が製パン講習会で、低...

  14. リッチモンドの学生らが東京製菓学校で講習会 - リッチモンド製菓技術学院の特別研修(ブランスリー新聞 - 2003年9月号)
     東京製菓学校(山本圭一校長)で7月28、29、30の3日間にわたって、韓国のリッチモンド製菓技術学院(權湘凡学院長)の特別研修が行われた。 權湘凡学院長は、東京製菓学校の卒業生で、ソウル市内にパンと洋菓子の店、リッチモンドを経営...

  15. 秋のベーカリー講習会を開催へ - 昭和産業(ブランスリー新聞 - 2003年9月号)
     昭和産業は「秋のベーカリー講習会」を次の要項で開催する。 【講習内容(3会場共通)】アンティークバゲット、ファンタスティック=「薄力粉で作る不思議なパン」(昭和産業)、プラネットデザート=「残ったパンを利用して作る斬新なデザート...

  16. 東京パンフェスティバル開催へ - 東京製菓学校(ブランスリー新聞 - 2003年9月号)
     東京製菓学校(山本圭一校長)は9月27日、「第10回東京パンフェスティバル」を次の要項で開催する。 【日時】9月27日(土)午前10時〜午後4時 【場所】東京製菓学校(東京都新宿区高田馬場1‐14‐1、電話03‐3200‐717...

  17. くるみの関税引き下げを陳情 - カリフォルニア・くるみ協会(ブランスリー新聞 - 2003年9月号)
     カリフォルニア・くるみ協会(相馬曙日本代表)は、日本ナッツ協会など6団体とともに、くるみの関税引き下げを財務省と農林水産省に陳情した。谷口隆義財務副大臣らに陳情書を手渡した。 陳情書で、くるみ協会などは消費者の健康意識の高まりの...

  18. 仏ルノートルから講師招き、あめ細工講習会 - 国際製菓専門学校(ブランスリー新聞 - 2003年9月号)
     国際製菓専門学校(田中啓介校長)は10月29日から31日の日程で「第9回エコール・ルノートル特別技術講習会」(あめ細工講習会)を開催する。同校が姉妹校提携する仏エコール・ルノートルから講師を招聘する。開催要項は次の通り。 あめ細...

  19. 豆パンのコンテスト力作が勢揃い - 全国豆類振興会(ブランスリー新聞 - 2003年9月号)
     第5回豆を使ったパンアイデアコンテスト(主催・全国豆類振興会=山極栄司会長)の最終審査会と表彰式が7月26日、東京・新宿区の東京製菓学校で開かれた。1位の最優秀賞に、ドゥース・フランス(東京・中央区)の土井史道さんが出品した「H...

<<戻る
謹賀新年