水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
食のトレンドを追う
<<戻る | 次の9件>>

記事リスト(29件中120件目)

  1. 「学生カフェ」が生み出す新たな価値感(食のトレンドを追う - 2011年4月号)
    「ここよ、ここ。大学生がやっているカフェ」2月某日の午後1時、2人連れの中年女性がとあるカフェに入って行った。 木材の質感がログハウスのような趣を醸し出す空間、流れるジャズとクラシックの調べ――学生街・国立らしいくつろぎの空間を訪...

  2. お米でパンを作るホームベーカリー「GOPAN」の可能性(食のトレンドを追う - 2011年3月号)
    日本の伝統的主食であるお米からパンを作ることができるホームベーカリー、三洋電機のライスブレッドクッカー「GOPAN(ゴパン)」。その役割、魅力、能力は、パン業界にとって黒船となるだろうか。 GOPANは、世界初の米からパンを作るホ...

  3. 大人も夢中!「工場見学」(食のトレンドを追う - 2011年2月号)
    「工場見学」といえば、小学生時代の社会科見学を懐かしく思い出す。しかし最近は、「お金をかけずに楽しめるレジャー」として、大人の娯楽ツールとしても注目されている。 工場見学が面白い。人気企業の工場見学は、抽選が行われているほど。イン...

  4. 単なるブームではなかった「食べる蜂蜜」大ヒットの裏側(食のトレンドを追う - 2011年1月号)
     「食べるラー油」の大ヒットで、ブームの様相を呈している「食べる系」商品。「食べる醤油」や「食べるお酒」「食べる七味唐辛子」など、様々な商品が続々と発売されている。だが、ピーク時には品薄で入手困難だった「食べるラー油」のように、あ...

  5. 「食べるラー油」だけじゃない!?「ご当地調味料」に要注目(食のトレンドを追う - 2010年12月号)
    食べるラー油はいまだ人気が衰えないが、一方で、その土地の素材や食文化を繁栄した「ご当地調味料」がブームである。調味料といえば「醤油かソースか」という時代はすでに遠い過去。今やいつのまにかゆず胡椒が全国区になっていたりと、調味料のラ...

  6. 「森ガール」に「山ガール」。新しい文化とハード系パンの相性(食のトレンドを追う - 2010年11月号)
     昨今、女性のランニングがブームになり、山歩きやキャンプなどアクティブに野外活動を楽しむ「山ガール」が登場するなど、女性たちの間では気軽な外遊びがトレンドになっている。そして、ここにも新しい食文化が生まれつつある。 10月2日(土...

  7. 日本中を席巻した「食べるラー油」が横浜中華街でも大ブームに(食のトレンドを追う - 2010年10月号)
    巷で大ブームの「食べるラー油」。あまりの売れ行きに、桃屋やエスビー食品が発売した商品は未だ品薄状態。そんな消費者の飢餓感が向かった先は横浜中華街。今や中華街では、食べるラー油が一大ブームになっているのだ。 香ばしいフライドガーリッ...

  8. サラリーマンのモチベーションを上げる、社員食堂の工夫(食のトレンドを追う - 2010年9月号)
    体脂肪計で有名なタニタの社員食堂の食事レシピが書籍化され、その健康的なメニューが注目を浴び、ベストセラーとなっている。多くの企業の社員食堂で、社員の健康を維持したり仕事へのモチベーションを高めるため多様な取り組みがなされている。 ...

  9. 不景気で食の志向は「こってり・腹持ち重視」へ?人気店では行列もできる唐揚げブームのヒミツ(食のトレンドを追う - 2010年8月号)
    弁当、食卓のおかず、お酒のおつまみなど、世代を問わず日本人に愛されている唐揚げ。昨今、「唐揚げの聖地」といわれている大分県北部にある唐揚げ専門店が相次いで東京に進出したり、有名レストランで腕を振るった一流シェフが唐揚げ専門店をプロ...

  10. 大人も夢中。本格料理が楽しめる。おもちゃ、クッキング・トイ(食のトレンドを追う - 2010年7月号)
    玩具メーカーから発売されている、料理が作れるおもちゃ「クッキング・トイ」が熱い。アイス、クッキー、生キャラメル、プリンなどのスイーツ系に加え、蕎麦やパスタ、パンなどの主食系、たいやき、たこ焼きなどバラエティ豊かな商品展開だ。子ども...

  11. ナショナル・ブランドを凌駕?コンビニのプライベート・ブランドのパワー (食のトレンドを追う - 2010年6月号)
     リーズナブルをモットーに、スーパーマーケットから展開され始めたプライベート・ブランドが、昨今、コンビニエンスストアで勢いを増している。お菓子はもちろん、ペットボトル飲料や調味料、さらには洗剤などの日用雑貨なども登場。ジャンルを問...

  12. 300円以下は当たり前!?激安弁当が続々登場 (食のトレンドを追う - 2010年5月号)
    昨年から目立ち始めた「激安弁当」。もはや300円台は当たり前で、200円台も珍しくない。気になる中身もメインのおかずの存在が目立ち、食べ応えのあるものが多い。激安弁当を激安たらしめ、また、安くてもおいしいお弁当にするためには、どん...

  13. 広がる「朝食」マーケット【後編】「セキアサ族」も強く支持。バラエティ豊かな簡易栄養食品(食のトレンドを追う - 2010年4月号)
     カロリーメイトなどに代表される簡易栄養食品は、手軽さとヘルシーさがウリとなり、ここ数年、数多くの商品が展開されている。最近では、会社のデスクで朝食を摂る「セキアサ族」の朝食用や、「夕方からのもうひとがんばり用」など、時間帯を限定...

  14. 広がる「朝食」マーケット【前編】「ソトアサ族」のためのユニークな朝食サービス(食のトレンドを追う - 2010年3月号)
    ビジネスパーソンのスキルアップの勉強や、ヨガ・ランニングなどの運動、そして「婚活」などに、朝の時間帯を有効に活用する「朝活」がブーム。そんな朝型生活者や、忙しいビジネスマンたちの早朝時間帯を充実させる、さまざまな朝食サービスがある...

  15. 本格化や洋風化など、多様に展開するカップラーメン(食のトレンドを追う - 2010年2月号)
     日本人1人が平均年間40食を消費する――日本の国民食にまで成長したカップラーメンは、街のラーメン屋さんで食べるような本格志向品や、有名ラーメン店やラーメン評論家とのコラボ商品などの高級志向品などが主流となり、さらには洋風スープや...

  16. 高級フレンチからデザートブッフェまで変化に富む学食の現在(食のトレンドを追う - 2010年1月号)
     貧乏学生のために安く食事を提供する役割を果たしていた学食が、様変わりしている。こざっぱりとしたカフェテリアのような明るい雰囲気の中、学生向け価格で高級レストランばりのこだわりメニューが展開されているのだ。職人が握る寿司やフランス...

  17. 節約食? それとも究極の嗜好のカタチ!?ジャパニーズソウルフード「卵かけごはん」に「ねこまんま」(食のトレンドを追う - 2009年12月号)
     ヒットが生まれては消え行くなかで、広く商品を浸透させて、新ジャンルを確立させることは容易ではない。今やほとんどの人が知っている「卵かけご飯専用醤油」も、数年前までは存在しなかった商品だ。シンプルな「のっけ飯」ブームの流れを作った...

  18. 作る過程が大切。「みんなで作る」味が一流品になるまで(食のトレンドを追う - 2009年11月号)
     パンとワインは、キリストの血と肉に例えられるほど、長い歴史の中で身近であった食べ物である。「作ること」自体が癒しとなるパン作りや、「作ることに意義がある」だけでは駄目だと品質にとことんこだわるワイン作りのキーワードは、「仲間とと...

  19. 巣篭もり消費で火がついた!?ネットスーパーの隆盛(食のトレンドを追う - 2009年10月号)
     日々の食材や日用品をネット上で購入する「ネットスーパー」に注目だ。富士経済による食品の宅配市場の調査では、08年のネットスーパーの売上げは、食品だけでも227億円(同年の食品スーパー市場の総売上げ13兆3千億円の0・17パーセント...

  20. 若者も注目するウイスキーの魅力。復権を狙う業界の戦略とは?パンとの異色コラボも人気!(食のトレンドを追う - 2009年7月号)
     若者のアルコール離れが叫ばれて久しい。発泡酒や第3のビールなど、よりライト嗜好へと変化を遂げる中、ウイスキーも市場を縮小しつづけてきた。しかし昨年あたりから様相が変わり始めている。復活の兆しが見えはじめているのだ。いったいそこに...

<<戻る | 次の9件>>
謹賀新年