水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
2017年4月号
<<戻る

記事リスト(17件中117件目)

  1. 学校給食の思い出 - 消費者アンケート(アンケート - 2017年4月号)
     「学校給食の思い出」のテーマで、ネットアンケートを実施した。回答者に抽選で「パンセット」をプレゼントするという形で、ブランスリー報道社が運営するパンと菓子のオンラインショッピングモール、パン菓子・COM(http://www.pankashi.com/...

  2. 頑固さと柔軟さのバランス - nukumuku(お店拝見 - 2017年4月号)
    店舗拡大はおもてなしのため 東京・練馬区で約10年間の営業を終えて昨年9月、世田谷区に移転オープンしたベーカリー「nukumuku(ヌクムク)」。新天地は、東急田園都市線・三軒茶屋駅北口を出て、日曜日は歩行者天国となる通りを進んだ先...

  3. パン屋さんのインスタグラム(特集 - 2017年4月号)
    遠方からの客を呼び込む効果 東京・世田谷区の「レ・サンク・サンス」は、日本の小麦を使用し、フランスの伝統的な製法で作るパンと焼き菓子が評判のベーカリー。今年で開業8年目を迎える。インスタグラムを始めたのは約半年前だ。 「季節商品や...

  4. 「第54回菓子祭」を開催巨大なパンのオブジェ - 東京製菓学校(ブランスリー新聞 - 2017年4月号)
     東京製菓学校(梶山浩司校長)は2月25、26の両日、東京・新宿区の同校で「第54回菓子祭」を開催した。 学生作品の展示や、パンや洋菓子の製造販売のコーナーなどが人気を集め、両日合計で約4700人が来場して賑わった。 学生作品の展示コー...

  5. 食事パンの新ブランド「パン・オ・ルヴァン」 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2017年4月号)
     山崎製パン(飯島延浩社長)は3月1日、自家製発酵種(ルヴァン)を使用した食事パンの新ブランド「パン・オ・ルヴァン」を立ち上げ、シリーズ第一弾として「プリエーゼ」「亜麻仁フランス」「レーズンとくるみのリュスティック」の3アイテムを発...

  6. 「国産小麦のミルクフランス」を新発売 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2017年4月号)
     敷島製パン(盛田淳夫社長)は、 北海道産の小麦「ゆめちから」を中心とする国産小麦を使用したパンのシリーズの新アイテムとして、「国産小麦のミルクフランス」を3月1日、関東、中部、近畿、中国、四国の各地区で発売した。いずれもオープン...

  7. 卒業式で、数多くのパン、菓子職人が巣立つ - 東京製菓学校(ブランスリー新聞 - 2017年4月号)
     東京製菓学校(梶山浩司校長)は3月7日、東京・新宿区のホテル、ハイアットリージェンシー東京で卒業式を挙行した。パン本科41人、洋菓子本科112人、和菓子本科19人の学生が卒業した。 梶山浩司校長は式辞で「人生とは挑戦の連続であるとい...

  8. 3校合同の形で卒業式卒業生ら晴れて社会へ - 国際製菓専門学校(ブランスリー新聞 - 2017年4月号)
     国際製菓専門学校の卒業式が3月10日、グループ校である西東京調理師専門学校、国際パティシエ調理師専門学校との3校合同の形で、東京・小平市の国際パティシエ調理師専門学校で挙行された。 3校の経営母体である啓倫学園の田中啓介理事長は「...

  9. 製パン、製菓両技術学科の卒業式を挙行 - 日本菓子専門学校(ブランスリー新聞 - 2017年4月号)
     日本菓子専門学校(秋田勝校長)は3月7日、東京・世田谷区の玉川区民会館で第19回製パン技術学科と第56回製菓技術学科の卒業式と、第1回ハイテクニカル科修了式を挙行した。製パン技術学科44人、製菓技術学科147人が卒業し、ハイテクニカル...

  10. 「レモン祭り」を「マリー・カトリーヌ」などで開催 - ドンク(ブランスリー新聞 - 2017年4月号)
     リテールベーカリーチェーンのドンク(中土忠社長)は3月1日から21日まで、南仏の食材のレモンやオレンジを使ったオリジナル商品や、南仏の伝統的なパンを販売する「レモン祭り〜Fate du citron〜」を、同社のベーカリーブランドの「マ...

  11. 「ロイヤルブレッド プレミアム」を新発売 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2017年4月号)
     山崎製パン(飯島延浩社長)は3月1日、同社の高級路線の食パン「ロイヤルブレッド」の品質とおいしさをさらに高めた「ロイヤルブレッド プレミアム」を発売した。しっとりした食感とバター風味が特徴の食パンで、最上級の小麦粉を使用し、同社独...

  12. ビゴ東京の藤森社長を講師に「製パン特別授業」 - 国際製菓専門学校(ブランスリー新聞 - 2017年4月号)
     国際製菓専門学校(田中啓介校長)は、2月10日、ビゴ東京の藤森二郎社長を講師に迎え、「2017年製パン特別授業」を実施した。「バゲット・ア・ラシェンヌ」「カヌレ・ド・ボルドー」「クグロフ・アルザシエンヌ」「ガレット・デ・ロワ」「ク...

  13. パンとコーヒーのカフェを出店 - スイートスタイル(ブランスリー新聞 - 2017年4月号)
     ベーカリーチェーンの「麻布十番モンタボー」を運営するスイートスタイル(遠藤久社長)は、同社が運営するコーヒー専門店「元町珈琲」のノウハウと合わせた新ブランドの「モトマチコーヒーアンドブレッド」を2月23日、静岡県冨士市の富士川サー...

  14. 学園祭と卒業作品展で、日頃の実習の成果を発揮 - 国際パティシエ調理師専門学校(ブランスリー新聞 - 2017年4月号)
     国際パティシエ調理師専門学校(田中啓介校長)は2月18、19の両日、東京・小平市の同校で、学園祭と卒業作品展を開催した。卒業作品や講師の作品の展示では、卒業学年の学生達の学校生活の集大成ともいえるパンや菓子の力作が揃った。また、毎回...

  15. 「ファベックス」などを開催へ - 日本食糧新聞社など(ブランスリー新聞 - 2017年4月号)
     中食、外食、給食の専門展「第20回ファベックス2017」(主催・日本食糧新聞社)、和洋菓子からデザート・飲料の素材や製品、機器、容器までを一堂に展示する「第14回デザート・スイーツ&ドリンク展」(主催・日本食糧新聞社、協同組合全日本...

  16. 2017モバックショウ、大阪で盛大に開催(レポート - 2017年4月号)
     2017モバックショウ(第25回国際製パン製菓関連産業展、主催=協同組合日本製パン製菓機械工業会)が2月22日から25日までの4日間、大阪府大阪市住之江区のインテックス大阪で開催された。会期中およそ3万5000人の来場者があった。出展...

  17. 編集後記(連載 - 2017年4月号)
     「食」は、生命を維持するために必要不可欠のものだが、人間にとっては、その本質的な意味合いのほかに、その様々な味わいや食感によって、かけがえのない楽しみを与え、人生を豊かなものにしてくれるという側面も持ちあわせている。楽しみを与え...

<<戻る
謹賀新年