水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
2017年3月号
<<戻る

記事リスト(16件中116件目)

  1. 専門店の菓子パンとコンビニの菓子パン - 消費者アンケート(アンケート - 2017年3月号)
     「専門店の菓子パンとコンビニの菓子パン」のテーマで、ネットアンケートを実施した。回答者に抽選で「パンセット」をプレゼントするという形で、ブランスリー報道社が運営するパンと菓子のオンラインショッピングモール、パン菓子・COM(http...

  2. 甘みが旨みのコロッケパン - 長野ベーカリーの伊藤和貴さん(インタビュー - 2017年3月号)
     東京メトロの溜池山王駅から1分程の場所にある長野ベーカリーは1948年(昭和23年)創業。コロッケパンが人気のベーカリーだ。先代が苦労の末開発した生地は野菜コロッケとの相性が良い。およそ15年前に先代亡き後、主に販売を担当する夫...

  3. 500m圏内の人を喜ばせる - BAKERY ABE(お店拝見 - 2017年3月号)
    どんどん変えることで生まれる独自性の高さ 神奈川県横浜市の東急田園都市線・藤が丘駅正面口からまっすぐ、500メートルほど歩いた先に「BAKERY ABE(ベーカリー アベ)」はある。昨年4月にオープンした。 同店の製造を一人でこなす...

  4. コンビニのパン 徹底調査 - ライバルの現状を知ろう!(特集 - 2017年3月号)
    リテールベーカリーの競合のひとつとして、コンビニをあげるベーカリーのオーナーは多い。今回は、コンビニ大手2社のパンを調査してみた。窯から出てすぐに販売できない欠点を補うための様々な工夫がみられる。レンジでの加熱の提案はそのひとつだ...

  5. バイオマス燃料を使用しパンも焼けるピザ窯を発売 - ウェック(ブランスリー新聞 - 2017年3月号)
     ピザ窯製造販売のウェック(埼玉県日高市、電話042‐984‐3488)はこのほど、木材を加工して作ったペレットを燃料にしたピザ窯BAKECOOKシリーズ「CHEF」を発売した。 バイオマスであるペレットを燃料に使用した環境に配慮...

  6. 「国際ホテル・レストラン・ショー」などを開催へ - 日本能率協会など(ブランスリー新聞 - 2017年3月号)
     2月21日から24日までの4日間、社団法人日本能率協会などが主催して「第45回国際ホテル・レストラン・ショー」「第38回フード・ケータリングショー」「第17回厨房設備機器展」の3展示会が、東京・江東区の東京ビッグサイトで開かれる。3展示会...

  7. 様々な具材を挟んだ14アイテムのコッペパン - エーワンベーカリー(ブランスリー新聞 - 2017年3月号)
     エーワンベーカリー(大阪府大阪市、楊井雅生社長)はこのほど、様々な具材をコッペパンに挟んで提供するベーカリー「JR桃谷グーテ」を大阪市天王寺区にオープンした。JR環状線・桃谷駅西口改札を出てすぐの立地。 「自家炊きつぶあんマーガリン...

  8. パカリ社のチョコのテイスティングセミナーを開く - 日本スイーツ協会(ブランスリー新聞 - 2017年3月号)
     一般社団法人日本スイーツ協会(東京・目黒区、辻口博啓代表理事)は1月31日、エクアドルのチョコレートメーカー、パカリ社のサンティアゴ・ペラルタ代表を招き、「ショコラのスペシャルテイスティングセミナー」を開催した。 「エクアドルへの...

  9. 「超熟」シリーズへの国産小麦粉の配合量減らす - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2017年3月号)
     敷島製パン(盛田淳夫社長)は1月27日から同社の人気食パンブランドである「超熟」シリーズの全アイテムへの国産小麦粉の「ゆめちから」の配合量を減らした。同小麦の主要生産地である北海道では、2016年夏の記録的な日照不足と、相次いだ大型台...

  10. 葉酸とカルシウムが摂取できる栄養機能食品のパン - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2017年3月号)
     山崎製パン(飯島延浩社長)は2月1日、栄養機能食品のパン「ヨーグルト風味スティックパン(6本入)」(参考小売価格税込108円)を発売した。おやつ感覚で食べられるヨーグルト風味のスティックパンで、1本当たり約28マイクログラム(1マイ...

  11. 節分に因んで鬼や恵方巻を模したパンを販売 - ドンク(ブランスリー新聞 - 2017年3月号)
     リテールベーカリーチェーンのドンク(中土忠社長)は1月下旬から2月上旬にかけて、節分に因んで、「鬼」や「恵方巻」を模したパンを全国のドンクと、同社のパンの別ブランドの「ジョアン」の各店舗で販売した。「名古屋エリア」や「神戸エリア」...

  12. 毎年恒例の春のキャンペーンを実施中 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2017年3月号)
     敷島製パン(盛田淳夫社長)は1月28日から4月30日まで、毎年恒例の「リサとガスパールから春のプレゼント!」と題した春のキャンペーンを実施している。 キャンペーン期間中に、超熟シリーズなどのキャンペーン対象商品についている点数シール...

  13. 「KOKUSAI立川菓子祭2017」を開く - 国際製菓専門学校(ブランスリー新聞 - 2017年3月号)
     国際製菓専門学校(田中啓介校長)は2月4、5の両日、東京・立川市の同校で、「第28回KOKUSAI立川菓子祭2017」と題して学園祭を開催した。 学生らによるお菓子の製造実演のコーナーや学生らの指導で来場者らが菓子作りを体験するコ...

  14. 「ヤマザキ春のパンまつり」を4月30日まで実施 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2017年3月号)
     山崎製パン(飯島延浩社長)は2月1日から4月30日まで、毎年恒例の「ヤマザキ春のパンまつり」を実施している。 今年の景品は、高さが5・5センチと少し深めの皿「白いスクエアボウル」。サラダやスープなどパン食のサイドメニューを入れるの...

  15. 「チョコレートクロワッサン」など2月の新商品を発売 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2017年3月号)
     第一屋製パン(前川智範社長)は2月1日、「チョコレートクロワッサン」「シナモンチョコデニッシュ」「ホワイトチョコ&クランベリーロール」「チョコのオムレットロール」「バニラヨーグルト&ホイップ」などの2月の新商品を発売した。いずれも...

  16. フランスの食文化を伝えて42年 - 一粒の麦から36(文・本行恵子)(連載 - 2017年3月号)
    ニュータウンもねの里へ移転 1月10日、千葉県四街道市のニュータウンもねの里に、来日42年のジャン・デリニオンさんの店「ボー・スィエール」が移転オープンしました。当日は約400人が来店し、昼過ぎにはすべて完売。同店の看板商品であるフランス...

<<戻る
謹賀新年