水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
2016年4月号
<<戻る | 次の1件>>

記事リスト(21件中120件目)

  1. 品切れが再来店の動機に - しょう’S ベーカリー(お店拝見 - 2016年4月号)
    次々と違うパンを並べていく 西武国分寺線・鷹の台駅から、線路沿いに歩いてすぐの場所にある「しょう’S ベーカリー」。山型食パンをモチーフにした、手作りの鉄製の看板や、花壇の植え込み、カラフルなチョークで書かれた黒板などが店前を飾り...

  2. 2016年星天会冬季講習会 - 星天会(講習会 - 2016年4月号)
     ホシノ酵母を使ってパンを作るベーカリーなどの団体、星天会(小林幹央会長)は3月2日、東京・渋谷区の日本製粉東部技術センターで、「2016年星天会冬季講習会」を開催した。講師には、熊本県のベーカリー、PAIN DAIGOの上道大吾...

  3. コンテストに参加して販促に活かす(特集 - 2016年4月号)
     静岡県熱海市のベーカリー「パン樹 久遠」は、店主の武山陽司さんが、東京パングランプリなどのコンテストに参加し、賞を受けているが、その受賞製品を積極的に、店のPRに活かしている。また、コンテストで入賞することで、地元の雑誌やテレビ...

  4. 響く言葉(響く言葉 - 2016年4月号)
     子供の頃、生まれ育った町のいろいろな人から「おまえのとこのお父さんのパンはおいしいな」と言われるのがとても嬉しかった。 将来の夢は、この町でパン屋をやって、自分の子供が、友達から「おまえの父ちゃんのパンはうまいな」と言われるよう...

  5. 「ハルユタカ」誕生30周年を記念して祝う会を開く - 江別麦の会会長らが発起人(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     北海道で育成された小麦品種「ハルユタカ」が誕生して30年が経ったことを記念し、2月19日、北海道江別市で節目を祝う会が催された。 ハルユタカは「国産小麦ではパンが焼けない」といわれていた時代に登場し、幾たびかの不作に見舞われながらも...

  6. 2017モバックショウの記者会見を行う - 日本製パン製菓機械工業会(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     協同組合日本製パン製菓機械工業会(増田文治理事長)は2月10日、東京・千代田区のステーションコンフェレンス万世橋で、2017年2月22日から25日まで大阪市住之江区のインテックス大阪(南港)で開かれる「2017モバックショウ」について...

  7. 第19回ファベックス2016など - 日本食糧新聞社(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     中食、外食、給食の専門展「第19回ファベックス2016」(主催・日本食糧新聞社)、和洋菓子からデザート・飲料の素材や製品、機器、容器までを一堂に展示する「第13回デザート・スイーツ&ドリンク展」(主催・日本食糧新聞社、協同組合全日本...

  8. 「第53回菓子祭」を開催大きなパンの作品など - 東京製菓学校(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     東京製菓学校(梶山浩司校長)は2月27、28の両日、東京・新宿区の同校で「第53回菓子祭」を開催した。 学生作品の展示や、パンや洋菓子の製造販売のコーナーなどが人気を集め、両日合計で約4400人が来場して賑わった。 学生作品の展示コー...

  9. 「きさらぎ祭」と題した学園祭を開催 - 国際パティシエ調理師専門学校(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     国際パティシエ調理師専門学校(田中啓介校長)は2月20、21の両日、東京・小平市の同校で、「きさらぎ祭」と題した学園祭を開催した。3月に卒業する学生らのパンや菓子の卒業作品の展示や学生らが考案したパンや菓子のレシピの発表、様々なテー...

  10. リッチモント製パン製菓専門学校から講師招く - 国際フード製菓専門学校(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     国際フード製菓専門学校は3月2日から11日の8日間、パートナーシップ提携校であるスイスのリッチモント製パン製菓専門学校から講師を招き、卒業を間近に控えた同校製菓製パン科の学生らを対象に、特別授業を行った。 授業3日目となった4日は...

  11. 「ふんわりワッフル(チョコ)」発売 - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     山崎製パンは3月1日、チルドデザートのブランド「プレミアムスイーツ」シリーズの新商品として「ふんわりワッフル(チョコ)」を発売した。5月31日までの期間限定販売。ソフトに焼き上げたワッフルで、チョコクリームとホイップカスタードクリ...

  12. 自家製パンと自家焙煎コーヒーの店をオープン - グルメブランズカンパニー(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     様々な業態の飲食店を展開するグルメブランズカンパニー(石井克二社長)は2月26日、東京・品川区に、自家製のパンと自家焙煎のコーヒーを出す店「Bread&Coffee IKEDAYAMA(ブレッドアンドコーヒー イケダヤマ)」をオー...

  13. 「スナックパン」シリーズの新商品 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     敷島製パンは4月1日、人気の「スナックパン」シリーズの新商品として「スナックパンブルーベリー&ヨーグルト6本入」を中部、近畿、中国、四国の各地区で発売した。同時に同じ「スナックパン」シリーズですでに発売されている「スナックパンフ...

  14. 卒業式を挙行175人が晴れて巣立つ - 東京製菓学校(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     東京製菓学校(梶山浩司校長)は3月8日、東京・新宿区のホテル、ハイアットリージェンシー東京で卒業式を挙行した。パン本科36人、洋菓子本科118人、和菓子本科21人の学生が卒業した。 梶山浩司校長は式辞で「人生は挑戦の連続で、挑戦し続...

  15. 製パン、製菓両技術学科の卒業式を挙行 - 日本菓子専門学校(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     日本菓子専門学校(秋田勝校長)は3月8日、東京・世田谷区の玉川区民会館で第18回製パン技術学科と第55回製菓技術学科の卒業式を挙行した。製パン技術学科45人、製菓技術学科185人が卒業した。 秋田勝校長は「学校で学んだ技術も大事ですが、...

  16. 3校合同卒業式を挙行。「前向きに取り組んで - 」国際製菓専門学校(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     国際製菓専門学校の卒業式が3月8日、グループ校である西東京調理師専門学校、国際パティシエ調理師専門学校との3校合同の形で、東京・小平市の国際パティシエ調理師専門学校で挙行された。 3校の経営母体である啓倫学園の田中啓介理事長は「...

  17. ビゴ東京の藤森氏を迎え「製パン特別授業」を実施 - 国際製菓専門学校(ブランスリー新聞 - 2016年4月号)
     国際製菓専門学校(田中啓介校長)は2月12日、ビゴ東京の藤森二郎社長を講師に迎え、「2016製パン特別授業」を実施した。 藤森氏は、クロワッサンやショーソン・ア・ラ・ナポリテーヌ、ガレット・デ・ロワなど8品のパンや菓子作りのデモン...

  18. RECIPE(レシピ - 2016年4月号)
    特集(8〜9ページ)参照パン樹 久遠 【レーズンと熱海橙の田舎パン】 熱海の特産品でかんきつ類の橙(だいだい)を使用。柑橘系の風味がレーズンと程よくマッチして、後を引くうまさがある。「第1回ベーカリージャパンカップ」で入賞した製品だ...

  19. RECIPE(レシピ - 2016年4月号)
    特集(10〜11ページ)参照ブーランジュリーオーベルニュ 【カラメルレーズン】 「ブーランジュリー オーヴェルニュ」のオーナーシェフ、井上克哉さんが、独立前ドンクにいた頃に「カリフォルニアレーズンコンテスト」(2001年)でグランプリ...

  20. RECIPE(レシピ - 2016年4月号)
    特集(10〜11ページ)参照ブーランジュリー オーベルニュ 【マニトバブレッド】 「ブーランジュリー オーヴェルニュ」のオーナーシェフ、井上克哉さんが、「カナダ産小麦を使った食パンコンテスト」(2001年)で最優秀賞を受賞した製品。マ...

<<戻る | 次の1件>>
謹賀新年