水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
2010年7月号
<<戻る

記事リスト(19件中119件目)

  1. 徹底アンケート 朝食実態調査?‐消費者アンケート(アンケート - 2010年7月号)
    「朝食実態調査」のテーマで、インターネットを利用したネアンケート調査を実施した。実施期間は、2010年5月11日から20日までで、ブランスリー報道社が運営するパンと菓子のショッピングモール、パン菓子.COM(http://pankashi.com/)で、...

  2. 山中から海辺に移転-窯GAMA(お店拝見 - 2010年7月号)
     「窯GAMA」は、鎌倉市材木座海岸まで徒歩1分の場所にある。「見るものはうちのお店しかない」(シェフの田中佐知子さん)というほどの、人里離れた和歌山県の高野山近くの山中から、鎌倉のこの地に移転して約2年が経った。 「山中で作って...

  3. 石窯&スチコン洋菓子講習会-ツジ・キカイ(講習会 - 2010年7月号)
     ツジ・キカイ(埼玉県川越市、電話049−225−5005)は5月19日、埼玉県川越市の同社テストキッチンで「石窯&スチコン洋菓子講習会」を開催した。同社の洋菓子店用石窯「エレガンス」のプロモーションの一環として行った。講師はワー...

  4. 「どうせ使うなら、白米の粉よりも、栄養豊富な玄米の粉を」(サンプル DE ヒット商品開発 - 2010年7月号)
     「食料自給率向上」の観点から注目を集めている米粉パンだが、「どうせ使うなら、白米の粉よりも、栄養豊富な玄米の粉を」と提唱するのが、玄米コーヒーの「玄米香琲ブラックジンガー」などで知られるシガリオ(本社=東京・港区)だ。同社が開発...

  5. 大人も夢中。本格料理が楽しめる。おもちゃ、クッキング・トイ(食のトレンドを追う - 2010年7月号)
    玩具メーカーから発売されている、料理が作れるおもちゃ「クッキング・トイ」が熱い。アイス、クッキー、生キャラメル、プリンなどのスイーツ系に加え、蕎麦やパスタ、パンなどの主食系、たいやき、たこ焼きなどバラエティ豊かな商品展開だ。子ども...

  6. セミナー製パン性改良のための技術の取り組みの現状と今後の動向セミナー主催:日本穀物科学研究会(セミナー - 2010年7月号)
     日本穀物科学研究会(森田尚文会長)の142回例会が5月21日に大阪市内で、約60人の参加を得て開催された。今回のテーマは「製パン性改良のための技術の取り組みの現状と今後の動向」。講師には、田中食品興業所研究開発部開発3課課長の弓...

  7. 学校給食のパンが変わる(特集 - 2010年7月号)
     パン・ミルク・おかずの3種による完全給食が始まったのは1950年。1976年に米飯給食が導入されるまで、学校給食の主食はパンだった。1985年になると、週3回を目標とする国による米飯の推進が始まり、2007年に、米飯回数は全国平...

  8. 「モバックレセプションin上海」-日本製パン製菓機械工業会(ブランスリー新聞 - 2010年7月号)
     協同組合日本製パン製菓機械工業会(田中利幸理事長)は5月15日、中国・上海の宝安大酒店内・福記餐庁で、中国の製パン製菓業界関係者や報道関係者を招いて、「モバックレセプションin上海」を開催し、来年2月に、千葉市美浜区の幕張メッセ...

  9. 「モンディアル・デュ・パン国内選考決勝大会」-日本アンバサドール協会(ブランスリー新聞 - 2010年7月号)
     日本アンバサドール協会(川良弘会長)は5月26日、東京・世田谷区の日本菓子専門学校で、「第3回モンディアル・デュ・パンコンクール国内選考決勝大会」を開催した。大阪市、ブーランジュリパリゴの安部竜三さんが1位に輝き、2011年1月...

  10. 「中国における製菓製パン企業の現状と課題」-全日本洋菓子工業会(ブランスリー新聞 - 2010年7月号)
     共同組合全日本洋菓子工業会は5月20日、東京・千代田区の帝国ホテルで、第49回通常総会を開催し、終了後、東京国際貿易の正山四郎社長を講師に迎えて、講演会を開いた。演題は「中国における製菓製パンの企業展開の現状と課題」。 正山氏は...

  11. 親子のパンスクールを開催へ-日清製粉グループ本社(ブランスリー新聞 - 2010年7月号)
     日清製粉グループ本社は、第30回「親子手づくり動物パンサマースクール」を7月26日から8月23日まで、東京都、神奈川県、千葉県、大阪市などで合計12回、開催する。 同イベントに参加する188組の親子を募集中。 バターロールの生地...

  12. 第49回通常総会を開催。海外市場開拓事業を新設-日本製パン製菓機械工業会(ブランスリー新聞 - 2010年7月号)
     協同組合日本製パン製菓機械工業会(田中利幸理事長)は5月25日、石川県七尾市の和倉温泉・加賀屋で、第49回通常総会を開催した。 総会には、組合員88社のうち、委任状出席20社などを含めて86社が出席、田中利幸理事長を議長に選出し...

  13. 製菓・製パン用の原材料や食材などを紹介-正栄食品工業(ブランスリー新聞 - 2010年7月号)
    正栄食品工業(東京都台東区、本多市郎社長)は池袋サンシャインシティ文化会館で6月10、11日の両日、製菓・製パン用や加工食品用の原材料及び食材の紹介を、用途提案や試食を交えて行った。また、パティシエの朝田新平氏(浦和ロイヤルパイン...

  14. 家庭用小麦粉を値下げ-日清フーズ(ブランスリー新聞 - 2010年7月号)
     日清製粉グループの日清フーズ(池田和穗社長)は6月14出荷分から、家庭用小麦粉の価格を値下げした。下げ幅は1〜2%。

  15. 家庭用小麦粉を値下げ-昭和産業(ブランスリー新聞 - 2010年7月号)
     昭和産業はは6月1納品分から、家庭用小麦粉の価格を値下げした。下げ幅は1〜2%。

  16. 「大きなつぶあんシュガー」など新商品17品目を発売-第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2010年7月号)
     第一屋製パンは6月1日、「大きなつぶあんシュガー」「コッペパンはちみつレモン」「ミニ蒸しレアチーズ味ストロベリー3個入」「マンゴー蒸し」「まいんのひらめきフレンチトースト」など新商品17アイテムを発売した。いずれの商品もオープン...

  17. 国産の農産物を使用のスイーツ3品目を発売-敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2010年7月号)
     敷島製パンは6月1日、国産の農産物を使用したスイーツ3品目を発売した。また、同日、同社の人気商品である「お米入りロールパン」と「お米入りロールパン お豆と雑穀」をリニューアルした。 創業90周年を記念したもので、食料自給率向上に...

  18. 「食と機械のワンダーランド」をテーマに開催-2010国際食品工業展(ブランスリー新聞 - 2010年7月号)
     日本食品機械工業会主催の2010国際食品工業展(FOOMA JAPAN 2010)が6月9日から12日までの4日間、東京・江東区の東京ビッグサイトで開催された。食品加工機械・装置など食品製造に関わる企業・団体を中心に国内は673...

  19. 焼きたてベーカリーに有益な提案の数々-第24回 SANWA OFB総合展(レポート - 2010年7月号)
     製パン材料専門問屋の三和産業(黒田勝士社長、電話03‐3620‐2101)は、5月23、24の両日、東京・港区の東京都立産業貿易センターで「第24回SANWA OFB(オーブンフレッシュベーカリー)総合展」を開催した。テーマは「...

<<戻る
謹賀新年