水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
2007年2月号
<<戻る

記事リスト(20件中120件目)

  1. 石窯で焼くパンはおいしいと認識 - 石窯のある大きなベーカリーに行ったことがありますか? 消費者アンケート(アンケート - 2007年2月号)
    「石窯のある大きなベーカリーに行ったことがありますか?」のテーマで、ネットアンケートを実施した。ブランスリー報道社が運営するパンの総合サイト、ブランスリーネット内のパンのショッピングモール「パンとお菓子の共和国」で、アンケートに答...

  2. 夢がなくては生きていけない - 武市 多美夫(パンを売り続けてきた男) (いろいろエッセイ - 2007年2月号)
    いろいろエッセイ(2) 2007年を迎えた。関東では天候も比較的穏やかな新年であった。元日に近くの神社に恒例の初詣に出かけたが、例年になく人出が多い印象を受けた。今年も商売繁盛と家内安全と交通安全を祈願した。 テレビや新聞の報道によ...

  3. 時代が求めるパンは何かを、ずっと検証してきた。満を持しての全面リニューアルオープン - サンクルー(お店拝見 - 2007年2月号)
    山梨県富士吉田市のベーカリー、サンクルーが昨年12月、リニューアルオープンした。20年以上前のオープン時と比べて、様々な事情が変化し、売上も落ちてきていたが、リニューアル1カ月で、売上はリニューアル前のほぼ2倍になった。住所 山梨...

  4. 二極化が進むベーカリー業界(業界アンテナ - 2007年2月号)
    ベーカリー業界では、郊外大型店の健闘ぶりが目立っている。最近では首都圏だけではなく、地方にもこうした郊外大型ベーカリーが続々登場し、大きな実績を上げている。その繁盛の要因はどこにあるのか・・・。郊外大型ベーカリープロデュースのパイ...

  5. 食事のパンが強い店は安定しているし、底力がある - ドンナ、吉野としえさんの『ドンナママのしょくぱん』(この人にこの商品 - 2007年2月号)
     「皆がやりがいを持っていきいきと働ける明るい厨房なら、それを見たお客様も元気になっていただけるし、お客様とのコミュニケーションも生まれると思うんです」 「ドンナ」オーナーの吉野としえさんはこう話す。1994年の創業以来、まさしく...

  6. IT革命(生産性よもやま話 - 2007年2月号)
    [生産性よもやま話(43)]弘中泰雅 テクノバ(06‐6630‐7812、http://www.technova.ne.jp/) アメリカの生産性向上の記事を読むと、必ずといっていいほど「IT化の促進により云々」という文言が見られる。IT(情報技術)の活用が生産性向上の鍵...

  7. 昔ながらの日本のパン - 冨士屋製パン(読者を訪ねて三千里 - 2007年2月号)
    東京都渋谷区西原3‐2‐5、電話03‐3466‐2011 「お客様をよべる看板商品があって、それを買いに来たお客様が、ついでにほかの商品も買ってくれる、というのがひとつの理想的な形だと思うんです」 東京・渋谷区、冨士屋製パンの和田...

  8. 新春講演会及び賀詞交歓会。評論家の三宅氏が講演 - 日本製パン製菓機械工業会(ブランスリー新聞 - 2007年2月号)
     協同組合日本製パン製菓機械工業会(梶原徳二理事長)は、1月15日、東京・千代田区のKKRホテル東京で、「平成19年新春講演会及び賀詞交歓会」を開催した。 賀詞交歓会であいさつにたった梶原徳二理事長は「我々機械メーカーも新しく変わ...

  9. ポケモンパン3品目を発売 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2007年2月号)
     第一屋製パンは1月16日、「リーシャンのカスタークリームパン」「ムックルのチョコシューサンドロール」「ミミロップのシュガーバターロール」のポケモンキャラクターパン3品目を発売した。いずれの商品もオープン価格。 「リーシャンのカス...

  10. バレンタイン用のパン「ショコラ・バゲット」 - ドンク(ブランスリー新聞 - 2007年2月号)
     ドンク(本社=兵庫県神戸市、友近史夫社長)は、バレンタインをパンとともに楽しんでもらおうと、チョコレートを使用した新感覚のパン「ショコラ・バゲット」を2月1日から14日までの期間限定で、全国のドンク各店で販売する。 チョコチップ...

  11. 学園祭・卒業作品展を開催へ - 国際製菓専門学校小平校(ブランスリー新聞 - 2007年2月号)
     国際製菓専門学校小平校と国際健康植物科学専門学校は、合同で学園祭・卒業作品展を次の要項で開催する。 【日時】2月17日(土)午前10時〜午後4時、2月18日(日)午前10時〜午後3時 【場所】国際製菓専門学校小平校(東京都小平市...

  12. 「洋菓子仕立て」と題したシリーズ品を発売 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2007年2月号)
     第一屋製パンは2006年12月16日、「アーモンドキャラメル」「アップルシナモン」「なめらカスター」など、「洋菓子仕立て」と題したシリーズ品6品目を新発売した。いずれの商品も、オープン価格。 「アーモンドキャラメル」は、キャラメ...

  13. 「おとうふクリームパンを」中部地区で発売 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2007年2月号)
     敷島製パンは2006年12月26日、「おとうふクリームパン」を中部地区で新発売した。オープン価格で、参考小売価格は税抜き100円。 豆腐の形と同じように四角の形に焼き上げた商品で、中には豆乳クリームが入っている。白焼きにして色も...

  14. 甘味種の小麦の開発に成功。DNAマーカー技術を使用 - 日本製粉(ブランスリー新聞 - 2007年2月号)
     日本製粉はこのほど、東北農業研究センター(清野豁所長)と共同で、従来の交雑育種にDNAマーカー選抜技術を導入し、「甘味種小麦」を開発した。 DNAマーカー選抜技術とは、有用遺伝子の情報を利用することにより、品種開発の効率化を促す技...

  15. グループ全体のポジションの一層の向上を目指す - 日清製粉グループ本社取締役社長 長谷川浩嗣氏(ブランスリー新聞 - 2007年2月号)
    年頭所感 謹んで新年のお慶びを申し上げます。 昨年は好調な米国経済の牽引と円安に伴う外需主導により、好景気が戦後最長となりましたが、反面石油等資源価格の上昇、ハイテク製品の価格低落や東南アジアからの廉価商品の輸入等の環境下、特に食...

  16. 「銀チョコあんドーナツ」 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2007年2月号)
     敷島製パンは2006年12月26日、小豆とチョコレートを組み合わせた「銀チョコあんドーナツ」を関東地区で発売した。オープン価格で、参考小売価格は税抜き100円。 こしあんを包んだドーナツに、チョコレートをコーティングした商品で、...

  17. 冷凍事業部を新設。収益伸長を期す - 日本製粉(ブランスリー新聞 - 2007年2月号)
     日本製粉は、業務の機動性促進と、より一層の活性化・効率化を図るため、1月1日付で、食品事業本部から、冷凍食品営業部を冷凍事業部として分離独立させた。 また、同日付けで、事業統括室を廃止して、営業統括室を設置する機構改革を実施した...

  18. 家庭用常温商品の新商品26品目などを発売へ - 日清フーズ(ブランスリー新聞 - 2007年2月号)
     日清製粉グループの日清フーズ(池田和穂社長)は2月20日、「2007年春夏家庭用常温商品」の新商品26品目などを発売する。また、2月22日には、「2007年春夏冷凍家庭用調理食品」の新商品7品目などを発売する。 家庭用常温商品に...

  19. 小麦若葉などを使用の有機食品 - 日清ファルマ(ブランスリー新聞 - 2007年2月号)
     日清製粉グループの日清ファルマ(中村勝社長)は、オーガニックの小麦若葉、オーガニックの大豆、オーガニックの胡麻を使用し、自然のおいしさと栄養をいつでも手軽に摂れるパウダータイプの青汁「オーガニックパワー 黒胡麻・大豆・青汁」を、...

  20. 開催直前レポート - 2007モバックショウ(話題 - 2007年2月号)
    2007モバックショウ(第20回国際製パン製菓関連産業展、主催=協同組合日本製パン製菓機械工業会)が2月21日から24日までの4日間、千葉県の幕張メッセで開催される。出展企業数は241社、使用小間数は、1666小間。テーマは「パン...

<<戻る
謹賀新年