水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
2005年11月号
<<戻る | 次の2件>>

記事リスト(22件中120件目)

  1. 「パンの食べ放題」「夕方の焼きたて」常に顧客の立場でものごとを考える。 - サン・フォーレット(お店拝見 - 2005年11月号)
    レジと連動させた会員カードのシステムを導入。住所 新潟県三条市北入蔵2-18-25電話 0256-38-4100営業時間 午前7時〜午後7時定休日 火曜日 上越新幹線・燕三条駅からタクシーに乗り、「北入蔵のサンフォーレット」と告げると、すぐに「はい」とい...

  2. 材料供給システムの改革を進める。商品の高付加価値化を図る。 - モンタボー木場店(お店拝見 - 2005年11月号)
    モンタボーは、消費者が今求めるものは何かを見つめ、新機軸を打ち出した。住所 東京都江東区木場1-5-10深川ギャザリア・ロータスパーク1F電話 03-5857-6330営業時間 ベーカリー 午前9時〜午後9時30分 カフェ 午前9時〜午後9時15分定休日 無休 モ...

  3. エリックカイザートラディショナルを使ったパンを紹介 - エリック・カイザー製パン講習会(講習会 - 2005年11月号)
    エリック・カイザー氏を講師に向かえ、日清製粉と同氏が共同で開発した小麦粉、エリックカイザートラディショナルを使ったパンを紹介。主催:日清製粉(電話03-5282-6360)講師:エリック・カイザー氏(メゾンカイザー社長)開催日:2005年10月11、1...

  4. スペースシャトルのパン(商品 - 2005年11月号)
    モンタボーのシャトルひこうきパン 羽田空港第2ビル2階で、スペースシャトルのパンが販売されている。商品名は「シャトルひこうきパン」(800円)。モンタボー(本社=東京・江東区)が製造するもので、チョコレートパンの生地を特製のスペー...

  5. 鮮やかな黄色が印象的(商品 - 2005年11月号)
    デニッシュハウスのパンプキンワールド 鮮やかな黄色が印象的なパン。パンプキンパウダーを生地に練り込む。無塩バターと砂糖をそれぞれ10%ずつ配合。酵母は、ホシノ天然酵母のビール酵母を使用している。 かぼちゃあん、パンプキンシード、レ...

  6. 生産スケジュール(生産性よもやま話 - 2005年11月号)
    [生産性よもやま話(28)]弘中泰雅 テクノバ(06‐6630‐7812、http://www.technova.ne.jp/) 最近ある工場の1日の生産スケジュールを、生産管理ソフト「アドリブ」に入れようとしたが、どうしても入れることが出来ない。3日くらい試行錯誤したが...

  7. 売れるお店はここが違う - 店長が自分でする店舗診断(第6回) (店長が自分でする店舗診断 - 2005年11月号)
    著者プロフィール角田誠(つのだまこと)日本商業施設学会会員、商業施設士、商業施設活性化コンサルタント、一級建築士、(協)日本店装チェーン監事、(社)商業施設技術者・団体連合会関東甲信越支部副支部長商業施設の企画、設計、施工などを多...

  8. 新商品開発の秘訣、教えてください。(特集 - 2005年11月号)
    新商品開発に、ベーカリーのオーナーらは、それぞれの方法で熱心に取り組んでいる。大変な労力を必要とする作業だ。この企画では、商品開発に熱心なベーカリーのオーナーを取材し、自信作の開発過程で、どんなことを考え、どんなことを具体的に行っ...

  9. 心に残った言葉(特別企画 - 2005年11月号)
    長い間、ベーカリーを取材してきて、心に深く刻み込まれた言葉があります。そんな言葉のいくつかを紹介します。(ブランスリー報道社記者・小平)「自分で作ったパンはみんないい場所に並べようとするんです。スタッフどうしが競争意識を持って互い...

  10. パンを作る水の話。ホイロの水は大丈夫?(一息 - 2005年11月号)
    水がマズい、水が臭いことで知られる大きな街が、日本にはかなりあります。そのうちのいくつかで仕事をしていたことがあるのですが、水道水をそのままパン作りに使うと、それはそれは悲しいくらい美味しくないパンになってしまいます。そんなことを...

  11. 東京パンフェスティバル。有名ベーカリーが集結 - 東京製菓学校 (ブランスリー新聞 - 2005年11月号)
     東京製菓学校は10月1日、東京・高田馬場の同校で、第12回東京パンフェスティバルを開催した。首都圏の有名ベーカリーが参加して、自慢のパンを展示し、毎年恒例になっている「パンミュージアム」や、一般からパンやお菓子の作品を募って行わ...

  12. 今年度マーケティング計画を発表 - カリフォルニア・レーズン協会(ブランスリー新聞 - 2005年11月号)
     カリフォルニア・レーズン協会(ラリー・D・ブラッグ駐日代表)は10月3日、東京・千代田区の如水会館で記者会見し、今年度(2005年8月〜2006年7月)のマーケティング計画を発表した。それによると、今年度はバレンタインデーやホワ...

  13. 「ミニ豆乳入り食パン」など12品目を発売 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2005年11月号)
     第一屋製パンは10月1日、「ミニ豆乳入り食パン 6枚」「ミニはちみつ黒酢食パン 6枚」「ふんわりホワイトミルクティー ミルクティー風味クリーム入り」「練乳カスターメロンパン 練乳&ムースクリーム入り」など新商品12品目を発売した...

  14. 五輪重量あげ優勝の経験談 - 三宅義信氏が講演(ブランスリー新聞 - 2005年11月号)
     10月1日、東京・高田馬場の東京製菓学校で開かれた第12回東京パンフェスティバルで、元重量あげの選手で、オリンピックで2度の優勝経験がある三宅義信氏が講演した。 三宅義信氏の講演要旨 親からもらった体と脳みそを活かして、自分独自...

  15. 紅茶とフルーツの新商品4品目を発売 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2005年11月号)
     敷島製パンは「紅茶のメロンパン」や「紅茶とりんごのデニッシュ」など「お愉(たの)しみティータイム」と題したシリーズ4品目を10月1日、関東、中部、関西の各地区で発売した。ダージリン、アールグレイなどの紅茶と、クランベリー、りんご...

  16. レーズン視察旅行を実施 - カリフォルニア・レーズン協会(ブランスリー新聞 - 2005年11月号)
     カリフォルニア・レーズン協会(ラリー・D・ブラッグ駐日代表)は、第14回カリフォルニア・レーズンベーカリー新製品開発コンテストや第11回カリフォルニア・レーズン洋菓子新製品開発コンテストなどの入賞者らを招待して、米国カリフォルニ...

  17. オーマイ50周年キャンペーン - 日本製粉(ブランスリー新聞 - 2005年11月号)
     日本製粉は同社の主力パスタブランドである「オーマイ」の誕生50周年を記念して10月1日から「オーマイ50周年キャンペーン」を実施している。イメージキャラクターに、同ブランドのメイン購買層である主婦層と同年代で好感度が高いタレント...

  18. 千葉工場のサイロが完成 - 日本製粉(ブランスリー新聞 - 2005年11月号)
     日本製粉の千葉工場(千葉県美浜区)で、昨年4月から建設を進めてきた大型製粉ラインに付属する原料穀物サイロがこのほど完成し、10月17日、同工場で竣工式が行われた。 同大型製粉ラインは来年3月に完成する予定だが、付属の原料穀物サイ...

  19. 歳暮商戦のラインナップ - 昭和産業(ブランスリー新聞 - 2005年11月号)
     昭和産業は、年末の歳暮商戦用の商品ラインナップを発表した。キャッチフレーズは「おいしさと健康を届けたい。だから、今年もピュアひまわりオイルのオレインリッチを贈ります」。「ヘルシーオレインリッチセット」「ヘルシーオレインリッチ&べ...

  20. 小麦粉の情報サイト開設 - 日清製粉グループ本社(ブランスリー新聞 - 2005年11月号)
     日清製粉グループ本社は、小麦粉と小麦粉料理についての情報を発信するサイト「こむぎ粉くらぶ」を開設した。小麦粉から料理を作り、小麦粉料理のおいしさを消費者に理解してもらうのが目的。 手打ちうどんなどの粉料理の作り方をナレーション付...

<<戻る | 次の2件>>
謹賀新年