水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
2002年4月号
<<戻る | 次の6件>>

記事リスト(26件中120件目)

  1. 新たなる挑戦 - パン・デ・サヴール(お店拝見 - 2002年4月号)
    リテールチェーンの老舗、ポンパドウルが初めての新ブランド展開に挑戦している。2月26日、カフェベーカリー「パン・デ・サヴール」を三越横浜店一階にオープンしたのだ。同店のために新たに開発したパンおよそ40品目は、「ヨーロッパの伝統的...

  2. 個性的でなければ将来はない - ブーランジェリー・トースト(お店拝見 - 2002年4月号)
    東京・巣鴨のブーランジェリー・トーストは、5年前にリニューアルオープンした。コンビニなどとの競合による売上減少を打開しようと、ベーカリーとしての新機軸を打ち出しての新装開店だった。しかし、思ったほど順調にはいかなかった。土屋正博オ...

  3. アメリカのベーカリー業界を斬る - 海外情報(15)(海外情報 - 2002年4月号)
    高橋秀尚(株式会社パンワールド代表取締役、海外情報研究会主宰)デリとベーカリーを合体させる試み、デリとベーカリーを合体させる試み、商品、顧客サービスの高質化が大切超時空座談会 Produced by Hidenao Takahashi今月号は特別企画として、ア...

  4. イースト菓子風の製品を多数紹介 - カリフォルニア・レーズン ベーキングセミナー(講習会 - 2002年4月号)
    MOF取得者のリシャール・ドルフェ―ル氏が講師を務め、カリフォルニアレーズンを活かしたイースト菓子などを紹介した。比較的素朴で、フレンチテイストにあふれる製品が多かった。講師リシャール・ドルフェール氏(MOF=フランス最高技能章=...

  5. 同じ生地から高付加価値のバラエティー - 星天会製パン講習会(2001年冬季総会)(講習会 - 2002年4月号)
    ホシノ天然酵母でパンを作るベーカリーの団体、星天会主催の製パン講習会。東京・町田市のベーカリー、ドゥ・リーブルの深本恭正社長が、ホシノ天然酵母を使用した比較的リーンな生地から、高付加価値の製品7品目を紹介した。このほか、日本製粉の...

  6. レーズン生地全体がフィリングのよう! - ドゥ・リーブルのたっぷりレーズン(商品 - 2002年4月号)
    天然酵母パンの専門店、ドゥ・リーブル(町田市金井2−1−23、電話042−734−5252)のたっぷりレーズンは、対粉でレーズンを110%練り込んだパン。深本恭正オーナーは「最近、近所の主婦グループが、『こんなパンを作ってほしい、...

  7. ゴルゴンゾーラチーズを巻き込んだライ麦パン - アルルのライ麦ゴルゴンゾーラ(商品 - 2002年4月号)
    アルル(東京都豊島区巣鴨1−21−11、電話03−3944−6804)のライ麦ゴルゴンゾーラは、ライ麦粉(細)を20%、ライ麦粉(粉)を10%配合したライ麦パン。ライ麦粉はミキシング前に、ぬるま湯に一晩漬けておく。このときのぬるま...

  8. ホームページの効用 - ベーカリーのホームページ(特集 - 2002年4月号)
    「ベーカリーのホームページ」のテーマで、東京・巣鴨のベーカリー、アルルを取材した。オーナーの林春二さんは、顧客との情報のやり取りに主眼を置いて、ホームページを運営している。商品についての情報や東京・巣鴨の話題などを発信する一方で、...

  9. 名古屋のパン屋さんの人気商品は? - 地域別売れ筋商品調査第3弾!(特集 - 2002年4月号)
    名古屋市内のベーカリー30軒に、様々な質問をぶつけた。菓子パンや調理パンに力を入れるベーカリーと、ハード系のパンに力を注ぐベーカリーに二極化しつつあることや、味が濃くてはっきりしたパン、具材やフィリングが入ったパンが好まれる傾向が...

  10. パイ部屋は「秘密の小部屋」(何でも掲示板 - 2002年4月号)
    パン職人は想う放浪パン職人である私が、一番新しい店に勤めて1カ月半が過ぎた。これは歴代2番目に長く勤務したことになるのだが、それはさておき――。今の店は洋菓子店からスタートし、途中で数カ月社長がビゴの店で修業してパン製造が加わって...

  11. とっておきのパン屋さんを紹介します(何でも掲示板 - 2002年4月号)
    生活者は想う毎度おなじみの、陶芸を生業とするものです。時はまさに春。心地よい春の日ざしを浴びながら、美味しいパンを買い求めて街に出てみませんか。今回はとっておきのパン屋さんをご紹介します。そのお店は都営地下鉄南北線白金高輪駅からほ...

  12. 惣菜パンはやっぱり具のおいしさで決まる(何でも掲示板 - 2002年4月号)
    生活者は想う惣菜パンが結構好きです。主食とおかずが一緒に食べられて、食事してるっていう感じになれるし、しかもかなりお手軽です。最近はコロッケやハンバーグだけじゃなく、なんか珍しい具がのっていたり、はさんであったりするパンも増えてい...

  13. アーモンドカステラの思い出(何でも掲示板 - 2002年4月号)
    生活者は想うラグビーのボールを半分に切ったような形のカステラパン。そう、アーモンドカステラです。実は子供の頃、おやつの常食でした。母親がよく買ってきたんです。学校から帰って、夕方テレビをみながら食べたものでした。すごくおいしかった...

  14. まずは掃除から始めましょう。油脂は酸化します。モップにも気をつけて - 文・橋本泰之(パン屋さん手帖(1) - 2002年4月号)
    橋本泰之 1956年横浜生まれ。新宿の専門学校を卒業後、銀座レストランみかわやに就職。その後センチュリーフーズ、モンタボーなどを経て、1996〜2001年、東京製菓学校教師。2001年10月、有限会社レーヴを設立、現在に至る。パン...

  15. 2003モバックショウ、幕張メッセで盛大に - 日本製パン製菓機械工業会(ブランスリー新聞 - 2002年4月号)
    日本製パン製菓機械工業会(梶原徳治理事長)は2月20日、東京・港区のホテルインターコンチネンタル東京ベイで、来年2月20日から23日までの4日間、千葉県の幕張メッセで開かれる「2003モバックショウ」についての記者発表会を開いた。...

  16. 「十勝を食べよう」シリーズ8品目 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2002年4月号)
    敷島製パンは北海道・十勝産の乳製品や農産物を使った「十勝を食べよう」シリーズのパン8品目を3月1日、関東、中部、関西の各地区で発売した。4月30日までの期間限定販売。全品に十勝産ビート糖を使用し、自然な甘さを出した。期間中10億円...

  17. 「おいしさ長持ち」がキーワード - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2002年4月号)
    第一屋製パンは「ソフトなデニッシュ」シリーズ4品目など合計で10品目の新商品を3月1日、発売した。「ソフトなデニッシュ」シリーズ4品目は、「おいしさ長持ち」がキーワードで、▼チョコクリームを折り込んだ「ソフトなデニッシュ チョコ」...

  18. レーズンパンのコンテスト、募集部門を刷新 - カリフォルニア・レーズン協会(ブランスリー新聞 - 2002年4月号)
    カリフォルニア・レーズン協会(東京都千代田区)は第11回ベーカリー新製品開発コンテストへの参加者を募集している。今回は募集部門を昨年までのブレッド部門とベーカリーメーカー和・洋菓子部門を、ホールセール・CVS製品部門と「リテイルベ...

  19. 95人がパン職人として巣立つ - 東京製菓学校(ブランスリー新聞 - 2002年4月号)
    東京製菓学校(山本圭一校長)パン本科の卒業式が3月7日、行われた。95人が卒業し、製パン技術者の卵として巣立った。山本圭一校長は「パン作りは、地球上の様々な場所の長い歴史とつながっている。一かけのパンには人類の英知が凝縮されている...

  20. 卒業式を挙行、パン業界へ41人 - 日本菓子専門学校(ブランスリー新聞 - 2002年4月号)
    日本菓子専門学校(遠藤徳貞校長)は2月27日、東京・世田谷区の等々力玉川区民会館で、製パン技術学科第4回、製菓技術学科第41回の卒業式を行った。製パン技術学科41人、製菓技術学科225人が巣立った。遠藤徳貞校長は「日本は戦後大きな...

<<戻る | 次の6件>>
謹賀新年