水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
2002年2月号
<<戻る

記事リスト(15件中115件目)

  1. 安全、安心なパン - アルル(お店拝見 - 2002年2月号)
    東京・巣鴨のベーカリー、アルルは、「安全で安心なパン」を作ろうと努めてきた過程で、多くのユニークなパンを生み出した。「疲労回復パン」「ストレス解消パン」「びっくりナッツ」など、数えればきりがない。林代表の旺盛な好奇心は、アルルを巣...

  2. 伝統と新しい感性 - ナカヤ(お店拝見 - 2002年2月号)
    東京・江東区のナカヤは、創業70年の老舗。自家製のこしあんや粒あんなどを包んだあんパンは不動の定番商品で、多くの常連客に支持されている。そんなナカヤに、3代目の中山栄一さんが、新風を吹き込もうと、頑張っている。2代目で栄一さんの父...

  3. 欧米のベーキングビジネス最新展望 - 海外情報(13)(海外情報 - 2002年2月号)
    高橋秀尚 株式会社パンワールド代表取締役、海外情報研究会主宰ベークド グッズこの号は2月号であるが、今年初めての寄稿なので欧米における業界事情を総括してお伝えしよう。まず最初に従来からある「製パン業」なる語句が時代にそぐわない古いも...

  4. 蕎麦と玄米粉のパン。てんぷらにしてもおいしい! - 銀嶺食品工業のそばん(商品 - 2002年2月号)
    銀嶺食品工業(福島県福島市泉字道下16番地、電話024−557−0341)のそばんは、外皮だけを剥いた「玄蕎麦」と玄米粉が主原料で、小麦粉は使わない。銀嶺食品工業の大橋雄守常務が、試行錯誤の末、開発した商品。小麦粉を使わないため、...

  5. ベーカリーに徹底アンケート! - 東京のパン屋さんの売れ筋商品は?(特集 - 2002年2月号)
    東京のベーカリー31軒に、様々な質問をぶつけた。ハード系のパンを提案していこうというベーカリーが大阪と比べて多いことや生活者の健康志向をうまくとらえてハード系のパンをPRしていることなどがわかった。不況の影響で「来店客数は同じだが...

  6. クリスマスと正月の面白い企画 - Christmas and New Year(特集 - 2002年2月号)
    昨年のクリスマスと今年の正月に、特別な商品を製造販売したか、特別な催しを開いたか、について、ベーカリーに聞いてみた。31軒中、18軒が「シュトーレンを作って販売した」と答えた。正月については、クリスマスほど熱心ではないが、「年賀用...

  7. パン焼きで陶芸の新境地!(何でも掲示板 - 2002年2月号)
    生活者は想う 毎度おなじみの陶芸を生業とする者です。先ごろ、課題となっていた「陶芸用電気窯でのパン焼き」を大成功?させたときに、パンの材料となる市販のミックス粉を手にして、ピンとひらめくものがありました。陶芸の技法に「型作り」とい...

  8. シュトーレンに心ひかれる!(何でも掲示板 - 2002年2月号)
    生活者は想う 昨年のクリスマスのとき、わが家の好例となっている「シュトーレン」を食することになりました。私の家のお気に入りは小田急線南林間駅近くの「K」という店の「シュトーレン」。しっとり感と甘さが、他のお店では真似のできないであ...

  9. 稲荷寿司と食パンの思い出(何でも掲示板 - 2002年2月号)
    生活者は想う 中学生の頃、弁当を持ってこれない人のために、学校で食パンを売っていました。ジャムやビーナッツバターなどを塗った食パンでした。私は、いつも弁当だったのでほとんどたのんだことがなかったのですが、なぜかパンを食べている人が...

  10. パンのフルコースにこだわっています!(何でも掲示板 - 2002年2月号)
    生活者は想う 私は、お昼にたまにパンを食べます。だいたい菓子パンとクルミなんかが入った歯ごたえのあるパンなどを買って、飲み物はウーロン茶、というパターンが多い。大体パンは4つ買います。食べる順序が決まっているのです。まず、デニッシ...

  11. 弱者が強者を食う能力主義。作家の童門冬二氏が講演 - 製パン製菓機械工業会の講演会(ブランスリー新聞 - 2002年2月号)
    製パン製菓機械メーカーなどの団体、協同組合日本製パン製菓機械工業会(梶原徳二理事長)が主催して、新春講演会が1月15日、東京・千代田区のKKRホテル東京で開かれた。講師は作家の童門冬二氏で、テーマは「歴史に学ぶ経営改革」。童門氏は...

  12. いちごのパン6品目を新発売 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2002年2月号)
    第一屋製パンは1月1日、いちごジャムやいちごクリームなどを使ったパン6品目を発売した。発売したのは、▼いちごクリーム入りバターロールの「いちごのバターロール」(6個入り、希望小売価格200円)▼いちごクリームを包みいちご風味のビス...

  13. 「ユーロカフェ」シリーズ8品目を発売 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2002年2月号)
    敷島製パンは1月5日、「ユーロカフェ」シリーズ8品目を発売、2月28日までの期間限定で販売中だ。近年人気が高まっているカフェに着目した。「カフェの原点であるヨーロッパ、特にカフェの発祥の地であるウィーン」(敷島製パン)のカフェのサ...

  14. 短期研修コース、ギフトラッピングなど - 日本菓子専門学校(ブランスリー新聞 - 2002年2月号)
    告知 日本菓子専門学校は、「短期研修コース」を開講する。▼ギフト菓子ラッピング▼新作洋菓子▼あめ細工、などのコースがある。開講要項は次の通り。【日時】▼ギフト菓子ラッピング=3月5(火)、6(水)両日▼新作洋菓子=3月11(月)、...

  15. 小学6年生がパン作り。学生が熱心に指導 - 国際製菓専門学校(ブランスリー新聞 - 2002年2月号)
    国際製菓専門学校(田中啓介校長)で2001年12月20日、小平第6小学校の6年生87人が、パンや洋菓子作りを楽しんだ。小平第6小学校が実施しているマイチャレンジ学習の一環として実施。87人は、国際製菓専門学校の学生の指導のもと、3...

<<戻る
謹賀新年