オレンジ色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
記事の閲覧
<<戻る
ブランスリー新聞/2018年11月号

業務用小麦粉を値上げへ - 製粉大手各社

 製粉大手各社は、輸入小麦の政府売り渡し価格が10月1日から5銘柄平均で2・2%引き上げられたことに伴い、業務用小麦粉の価格を値上げする。
 日清製粉は、強力系の小麦粉を、25キロ当たり25円、中力系・薄力系小麦粉を、25キロ当たり130円、国内産小麦100%小麦粉を、25キロ当たり190円、それぞれ値上げする。12月20日出荷分から実施する。
 日本製粉は強力系の小麦粉を、25キロ当たり25円、中力系・薄力系小麦粉を、25キロ当たり135円...


ブランスリー電子版は、購読者以外の方は、見出しと写真1枚、本文の一部までしかご覧いただけません。残りの写真や本文、その他のコンテンツを含めたすべての記事をご覧頂くには、購読のお申し込みが必要です。

今月の公開記事

月刊ブランスリーってどんな雑誌?

ブランスリー電子版とは?


購読者の方はログインしてください。ブランスリー電子版の詳細については、総合案内 をご覧ください。