水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
海外情報
<<戻る | 次の19件>>

記事リスト(39件中120件目)

  1. 「アメリカにおけるフードサービス」最新情報(海外情報(39=最終回) - 2004年4月号)
    高橋秀尚 螢僖鵐錙璽襯病緝充萃役、海外情報研究会主宰「フードサービス」なる用語が日本でも使われ始めたのは、最近になってからだと思う。筆者は時間をやりくりして一年に数回ではあるが英文情報紙「ジャパン フードサービスニュース」を既に...

  2. 海外展示会の探し方、行き方、見方のノウハウを公開(海外情報 - 2004年3月号)
    万全な準備が実りある展示会視察を可能にする日本の出先機関に確認インターネットも活用繰り返し言われているように「情報武装は最強のツール」であるが、その中でも海外で開かれる展示会は情報を伝えたい出展者と最新情報を入手したい参観者が一堂...

  3. 2004年のアメリカ食品業界を斬る - 高橋秀尚=螢僖鵐錙璽襯病緝充萃役、海外情報研究会主宰(海外情報(37) - 2004年2月号)
    食品業界全体を見ながらベーカリー業界を分析何事においても世界最大、最強を自他共に誇るアメリカ合衆国の総人口は、昨年末の公表資料では1・1%増えて2億8840万人とされる。また消費者の財布に直結していると思われるレストラン産業の今年...

  4. 2003年のアメリカ製パン業界の動きをまとめる(海外情報(36) - 2004年1月号)
    ベーカリー専用の商品券を発行メニューのカロリー表示、異業種のメニュー開発 2年前の同時多発テロ以後の世情不安と景気の低迷でアメリカにおける消費者の購買行動は、不用な物を買わない、買うときには十分な品定めをする、という「慎重型」に変...

  5. アメリカのスーパーマーケットインストアベーカリー最新情報(海外情報(35) - 2003年12月号)
    米インストアベーカリーはセルフにシフト傾向スーパーのストでリテールに客が殺到 アメリカ人の日常生活に不可欠なものは何か? 冒頭からクイズ番組のようであるが筆者が察するに「車」 「クレジットカード」そして「スーパーマーケット」を加え...

  6. ドイツにおける特別座談会レポート - 高橋秀尚(株式会社パンワールド代表取締役、海外情報研究会主宰)(海外情報 - 2003年11月号)
     ドイツを中心とする最新情報 周知の通り10月3日から9日までドイツの商業都市デュッセルドルフにおいて世界最大規模の製パン製菓業界「iba(イパ)展示会」が開催された。日本からも相当数の業界関係者が視察に訪れたが、筆者は日本パン技...

  7. 「アメリカのCVSフードサービス業界」分析 - 高橋秀尚の海外情報(海外情報 - 2003年10月号)
     躍進する米コンビニのフードサービス 今や現代人にとってコンビニエンスストアの存在は不可欠であろう。先日もあるテレビ局のインタビューで十代の女性が「もしコンビニが無くなったら、あたし死んじゃう!」とまで言っているのには驚いた。また...

  8. 「ベーカリー・ストラテジー」構築 - リ・モデルではなく、リ・コンセプト(海外情報 - 2003年9月号)
     今回はいささかシリアスなテーマを選んでみた。回復の兆しが見えてきたと言われるアメリカ経済であるが、いぜんとして失業率は低くならないし、外食産業も低迷を続けている。 筆者が定期購読しているベーカリー業界の雑誌や所属団体の機関誌など...

  9. アメリカのリテールベーカリーにおける商品開発の実情(海外情報(31) - 2003年8月号)
    きめ細かな仕事こそリテールの独壇場スーパーマーケットのインストアベーカリーを始めとし、低価格志向を顧客に訴求するスーパーセンター、24時間営業の便利さを提供するコンビニエンス・ストアなど、各種の異業種と激しく顧客獲得争いを展開する...

  10. アメリカのリテールベーカリー業界が抱える問題点を探る - 高橋秀尚(海外情報 - 2003年7月号)
    同種の類似商品から脱却した商品開発カード支払いの希望が出始めたインターネットによる情報交換システムすでにお伝えしてあるがアメリカのリテールベーカーで結成された業界最大規模のRBA (リテーラーズ・ベーカリー協会)は会員相互でBto...

  11. アメリカのリテールベーカリー自由討論会(海外情報 - 2003年6月号)
    「今後の経営拡大」という観点ベーカリーの特徴を生かした商品開発ホールセールは総製造量の10%以下に海外情報29 by 高橋秀尚(株式会社パンワールド代表取締役、海外情報研究会主宰) RBA(全米リテーラーズベーカリー協会)は毎年3月から4月にか...

  12. アメリカのリテールベーカリー業界代表者に最新動向を聞く、リテールベーカリーが生き残るためには・・・。(海外情報 - 2003年5月号)
     文・高橋秀尚 株式会社パンワールド代表取締役、海外情報研究会主宰 今年の4月5日から7日までアメリカ西海岸のリゾート都市アナハイムでRBA(リテーラーズベーカリー協会)の年次大会および展示会が開催された。 筆者は日本で実質的な活動をし...

  13. アメリカにおけるインターネット小売業、リテールベーカリーの取り組み - 海外情報(27)(海外情報 - 2003年4月号)
    高橋秀尚 株式会社パンワールド代表取締役、海外情報研究会主宰情報競争を先んずるもの世界を制すアメリカの小売業におけるIT化の波は予想以上に国民生活の中に広がっている。日本においても同様で、総人口の54%にあたる6942万人が何らか...

  14. ベーカリー店舗の販売促進、そのヒントは? - 高橋秀尚(海外情報(26) - 2003年3月号)
    高橋秀尚 (株)パンワールド代表取締役海外情報研究会主宰ローカルベーカリーチェーンが好調、販売促進は、遠大なテーマ 今月は趣向を変えて、いささかハードな内容に触れてみたい。 どのような商品を売るにせよ、店作りの重要性は当然である。 ...

  15. アメリカ人のライフスタイルはどうなる?今年の食生活展望 - 高橋秀尚(株)パンワールド代表取締役、海外情報研究会主宰(海外情報(25) - 2003年2月号)
    価格志向と品質志向を使い分けるなんとなく不安要素を残して新年を迎えたが、いったい今年はどのような年になるのだろうか? 世界経済をリードするアメリカであるが、知るほどに彼らは極めて質素な生活をしていることがわかる。そこで今月号では趣...

  16. アメリカのリテールベーカリー最新トレンド分析顧客からの直接の要望で商品開発(海外情報 - 2003年1月号)
    月日のたつのは早いもので、この連載記事も3年目に入ろうとしている。現地から送られてくる相当量の情報に目を通しているが、その中から年の初めにふさわしいと思われる内容のものを、まとめてお伝えする。なお各種の統計はそれぞれ出所があるが、...

  17. アメリカのアーティザンブレッドのその後――成熟期に入った昨今を見る - 高橋秀直=(株)パンワールド代表取締役、海外情報研究会主宰様々な分野で台頭するアーティザンブレッド(海外情報 - 2002年12月号)
    アメリカのアーティザンブレッド 今まで本誌でもアメリカの手作りパン「アルチザン ブレッド」に関するニュースをお知らせしてきたが、さて昨今はどうであろうか。最新情報をまとめてみた。なお日本ではヨーロッパ風にアルチザンと発音するが、ア...

  18. アメリカのリテールベーカリーと商品開発高橋秀尚=(株)パンワールド代表取締役、海外情報研究会主宰価格が比較できる商品は売らない(海外情報 - 2002年11月号)
    アメリカのリテールの悩み事は?今まで折りにふれてアメリカのリテールベーカリー業界に関してのさまざまな話題をお伝えしてきたが、今回は彼らの商品開発についてお話しよう。リテールベーカリーの組織であるRBAについては既にご紹介をしてある...

  19. アメリカのリテールベーカリー組織の紹介 - 高橋秀尚=(株)パンワールド代表取締役、海外情報研究会主宰(海外情報(21) - 2002年10月号)
    極めて実務的な活動をするRBA米国のリテールベーカリーの団体アメリカのベーカリー業界に少しでも興味をお持ちの方であれば、RBAという組織について聞いたことがおありであろう。年商総額が6兆円を超える世界最大の製パン市場規模を持つこの...

  20. よみがえるアメリカのコンビニエンス ストアー最新事情 - 高橋秀尚=(株)パンワールド代表取締役、海外情報研究会主宰(海外情報(20) - 2002年9月号)
    食品専門のSM、食品重視型Cストアー全米コンビニエンス ストアー協会が分類アメリカで生まれ日本で成長アメリカ生まれのもので、日本で本国をしのぐ勢いで成長したものは何か? クイズめいた質問であるが、例えば自動車産業やプロ野球などがあ...

<<戻る | 次の19件>>
謹賀新年