水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
(続)パン屋さん手帖
<<戻る

記事リスト(15件中115件目)

  1. 第2章 ありのままのパン人生((続)パン屋さん手帖 - 2004年9月号)
    今回は東京製菓学校に就職するところから始めたいと思います。40才で現場を卒業しようと自分自身で決めていました。第2のパン人生は人を育てる仕事をしたい、もしくは開発の仕事をしたいと思ってモンタボーをやめる事にしました。パン屋さん手帖...

  2. 第2章 ありのままのパン人生((続)パン屋さん手帖(15) - 2004年7月号)
    元住吉店で勤務している時に後のモンタボー社長になる方が名古屋から東京に赴任してきました。そこから店舗改善が進みます。私が元住吉店に行ってちょうど4カ月が過ぎようとしていました。橋本泰之(ベーカリーコンサルタント) 1956年横浜生ま...

  3. 第2章ありのままのパン人生 - 文・橋本泰之((続)パン屋さん手帖(14) - 2004年6月号)
    今回はモンタボーでのことを書いていきたいと思います。前回も書きましたが、年齢が高かったことを逆手に取り、いい意味でのプレッシャーを自分自身にかけ、テンションを上げていきました。そんな中で、売上増大の方法論を確立していきました。橋本...

  4. 第2章 ありのままのパン人生((続)パン屋さん手帖(13) - 2004年5月号)
    今回はセンチュリーフーズから、モンタボーへ職場変えしたときのことを書きたいと思います。モンタボーへは、面接を受けてから半年後に入社しました。そして、そこでのある先輩の一言が、私を奮い立たせてくれました。橋本泰之(ベーカリーコンサル...

  5. 第2章 ありのままのパン人生 - 文・橋本泰之((続)パン屋さん手帖(12) - 2004年4月号)
    今回は前回に引き続き、センチュリーフーズでのことを書きたいと思います。前回書いたように突然店長が辞めて、パート2人と自分でどうにかやっていきました。でも翌年の3月に従業員を補充してくれて、商品作りや販売にさらに力を入れました。橋本...

  6. 第2章 ありのままのパン人生 - 文・橋本泰之((続)パン屋さん手帖(11) - 2004年3月号)
    今回はセンチュリーフーズに入社してからのことを書きたいと思います。結婚して子供が生まれて子供が3歳になるまでセンチュリーフーズにいました。多分一般の社会人でも仕事に家庭に充実してくる時期だと思います。突然チーフになり勢いだけで働い...

  7. 第2章 ありのままのパン人生 - 文・橋本泰之((続)パン屋さん手帖(10) - 2004年2月号)
    同級生の店でパンの修業をしていた私は、もっといろいろなことを勉強したくて別の店に移る決意をしました。しかし、年齢も技術も中途半端・・・。そんな私は、世の中の厳しさを否応なしに味わいました。別の店に移ろうと決意した。パン作りがこんな...

  8. 第2章 ありのままのパン人生 - 文・橋本泰之((続)パン屋さん手帖(9) - 2004年1月号)
    今回は、同級生の洋菓子店でパンを作ることになった頃のことを話していきたいと思います。そのときは、一年くらいパンを勉強して、また料理の世界に戻ろうと思っていたのですが、パンの世界は奥が深く、いまだにどっぷりはまっています。橋本泰之 ...

  9. 第2章 ありのままのパン人生 - 文・橋本泰之((続)パン屋さん手帖(8) - 2003年12月号)
     今回は銀座のレストランにいた時のことを話していきたいと思います。 先輩にいじめられたこと、一度だけ先輩に逆らったこと・・・。いろいろとありましたが、すべてが職人になるための肥やしでした。 橋本泰之 1956年横浜生まれ。新宿の専...

  10. 第2章 ありのままのパン人生 - 文・橋本泰之((続)パン屋さん手帖(7) - 2003年11月号)
     今回から6回にわたり、私がこれまで職人として歩んできたなかでの様々なエピソードについてお話ししたいと思います。それが、少しでも皆様の参考になれば、との願いをこめて・・・。橋本泰之 1956年横浜生まれ。新宿の専門学校を卒業後、銀...

  11. 第1章 販売について - 文・橋本泰之((続)パン屋さん手帖(6) - 2003年10月号)
     今回はフェアーについて考えていきたいと思います。フェアーは、戦略的に行えば、いろいろな意味でベーカリーを繁盛へと導いてくれます。商品の普及に役立つし、売り上げも上がるし、商品開発のノウハウも提供してくれます。橋本泰之 1956年...

  12. 第1章 販売について - 文・橋本泰之((続)パン屋さん手帖(5) - 2003年9月号)
    今回は販売の仕方について考えていきたいと思います。販売についての10のポイントをあげてみました。それぞれの項目について、あなたのお店に当てはめて、細かくチェックしてみてください。 橋本泰之 1956年横浜生まれ。新宿の専門学校を卒...

  13. 第1章 販売について - 文・橋本泰之((続)パン屋さん手帖(4) - 2003年8月号)
    商品をいくつかに分類して、それぞれの商品群どうしのバランスを考えることで、品揃えに立体感が出てきます。今回は、商品を4つのカテゴリーに分類して、表とグラフを使って分析する方法をわかりやすく説明します。橋本泰之 1956年横浜生まれ...

  14. 第1章 販売について - 文・橋本泰之((続)パン屋さん手帖(3) - 2003年7月号)
     競合店の商品をチェックすることで、あなたの店のとるべき戦略が見えてきます。今回は、あなたの店がある地域におけるパンの価格の傾向を調べる方法を具体的に説明します。価格と重量の関係を調べる方法 今回は前回お話しした販売価格について、...

  15. 第1章販売について - 続パン屋さん手帖(2)((続)パン屋さん手帖 - 2003年6月号)
    ただ闇雲に商品開発しても、うまくいきません。最も大切なことは、店のコンセプトを明確にして、そのコンセプトを表現するための全体の品揃え脈略の中で、ここの商品について検討することです。橋本泰之(ベーカリーコンサルタント) 1956年横浜...

<<戻る
謹賀新年