水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
2008年4月号
<<戻る | 次の4件>>

記事リスト(24件中120件目)

  1. パンのサイズについては意見が分かれる[値上げで、パンの消費行動は変わったか?](アンケート - 2008年4月号)
    「値上げで、パンの消費行動は変わったか?」のテーマで、ネットアンケートを実施した。ブランスリー報道社が運営するパンの総合サイト、ブランスリーネット(http://www.blsnet.co.jp/)内のパンのショッピングモール「パンとお菓子の共和国」で、...

  2. 人通りが多くても売れないこともある - 武市 多美夫(パンを売り続けてきた男) (いろいろ、エッセイ - 2008年4月号)
    いろいろ、エッセイ(17) 最近、地方の商店街を見る機会が多いが、その結果はかつて活気がみなぎり賑やかな時を見続けたシャッターだけの商店街を見ることとなった。人通りも疎らである。朽ち果てた看板だけが店であった跡をわずかに残している。そ...

  3. 五感をフルに使ってパンを焼く - ブロートヒューゲル(お店拝見 - 2008年4月号)
    住所:長野県松本市大字和田字柳原8000-369電話:0263-48-2215営業時間:午前9時〜午後6時定休日:火曜日、第2、第4水曜日 長野県松本市に、昔ながらの石窯を築造し、パンを焼くベーカリーがある。同市郊外に店を構える「ブロートヒューゲル」だ。...

  4. 2008星天会冬季講習会(講習会 - 2008年4月号)
    ホシノ酵母のユーザーの集まり、星天会は2月19日、東京・渋谷区の日本製粉東部技術センターで「2008年星天会冬季講習会」を開催した。テーマは「ホシノ丹沢酵母による欧州パン」。ホシノ酵母製造元のホシノ天然酵母パン種の技術チームが、「...

  5. カリフォルニア・レーズン パン技術セミナー(講習会 - 2008年4月号)
    2月27日、カリフォルニア・レーズン協会が主催して、「夏においしいカリフォルニア・レーズン製品」のテーマで、埼玉県戸田市の愛工舎製作所講習会場で開催された。講師は、浅野屋の平和生製造部部長と、ブーランジュリーオーヴェルニュの井上克...

  6. パンの素朴さとマロンの洗練された味が合体 - ティグレ、望月哲二さんの『マリアージュ』(この人にこの商品 - 2008年4月号)
     東京・世田谷区下馬のベーカリー、ティグレの「マリアージュ」(210円)は、素朴さと洗練された雰囲気を併せ持った商品。いちじくとくるみを練り込んだ生地を使用。生地には、牛乳やはちみつ、マッシュポテトも入っていて、比較的リッチな配合...

  7. パン本科第29回卒業式。48人がパン業界へ巣立つ - 東京製菓学校 (ブランスリー新聞 - 2008年4月号)
     東京製菓学校(山本圭一校長)は3月6日、東京・新宿区の同校で、同校パン本科の第29回卒業式を挙行した。男女24人ずつの合計で48人が卒業した。 山本圭一校長は「皆さんにとってこれからの世界は、まだ体験していない世界です。一抹の不...

  8. 5校合同卒業式を挙行。「何よりも自分のために」 - 国際製菓専門学校など (ブランスリー新聞 - 2008年4月号)
     国際製菓専門学校と国際製菓専門学校小平校の卒業式が3月11日、グループ校である西東京調理師専門学校、国際ビジネス専門学校、国際健康植物科学専門学校との5校合同の形で、東京・小平市の国際製菓専門学校小平校で行われた。 国際製菓専門...

  9. 製パン、製菓技術学科卒業式。239人が巣立つ - 日本菓子専門学校 (ブランスリー新聞 - 2008年4月号)
     日本菓子専門学校(遠藤徳貞校長)は3月4日、世田谷区立玉川区民会館で第10回製パン技術学科と第47回製菓技術学科の卒業式を挙行した。製パン技術学科34人、製菓技術学科205人が卒業した。 遠藤徳貞校長は「日菓専の卒業生1人に対し...

  10. 新商品13品目を発売。「濃いチョコデニッシュ」など - 第一屋製パン (ブランスリー新聞 - 2008年4月号)
     第一屋製パンは3月1日、「たまごとミルクのクリームパン」「いちごのパフデニッシュ」「濃いチョコデニッシュ」など新商品13品目を発売した。いずれもオープン価格。 「たまごとミルクのクリームパン」は、ブリオッシュ風の生地に、森永の「...

  11. 「宇治玉露」シリーズ4品目を関東地区で発売 - 敷島製パン (ブランスリー新聞 - 2008年4月号)
     敷島製パンは3月1日、「宇治玉露シフォン」「宇治玉露蒸しパン」など宇治玉露を使用した「宇治玉露」シリーズ4品目を関東地区で発売した。いずれもオープン価格で、参考小売価格は税抜130円。4品目合計で月間売上1億円を見込んでいる。 ...

  12. 業務用小麦粉を値上げへ - 日清製粉(ブランスリー新聞 - 2008年4月号)
     日清製粉は3月10日、小麦の政府売渡価格が4月1日から5銘柄平均で30%引き上げられることに伴い、同社の業務用小麦粉の特約店向け仕切り価格を、4月25日出荷分から引き上げると発表した。 強力系の小麦粉は、税抜きで25キロ当たり5...

  13. ミックス粉を値上げへ - 日清製粉(ブランスリー新聞 - 2008年4月号)
     日清製粉は3月10日、4月1日からの小麦の政府売渡価格の引き上げや、その他の原材料の価格変動を勘案して、同社の業務用ミックス粉の価格を5月9日出荷分から引き上げると発表した。 ドーナツミックスを、25キロ当たり620〜720円、...

  14. 超熟シリーズをリニューアル - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2008年4月号)
     敷島製パンは2月1日、同社の人気商品である「超熟シリーズ」を、関東、中部、関西の各地区でリニューアル新発売した。同シリーズすべての商品について、原材料からイーストフードと乳化剤を除外した。 同シリーズ商品は、小麦粉を熱湯でアルフ...

  15. 仏アール・ドゥ・パンを日本で展開へ - ドンク(ブランスリー新聞 - 2008年4月号)
     ドンク(本社・兵庫県神戸市、友近史夫社長)は3月26日、キュービックプラザ新横浜タカシマヤフードメゾン内にベーカリー「アール・ドゥ・パン」をオープンする。 「アール・ドゥ・パン」は、仏アルザス地方のベーカリーで、MOF(フランス...

  16. 家庭用小麦粉などを値上げへ - 日清フーズ(ブランスリー新聞 - 2008年4月号)
     日清製粉グループの日清フーズ(池田和穗社長)は3月17日、家庭用小麦粉と家庭用小麦粉二次加工品を5月1日出荷分から、業務用小麦粉二次加工品と業務用冷凍食品を5月9日出荷分から、それぞれ値上げすると発表した。 家庭用小麦粉は6〜1...

  17. ベーカリー向けにカップケーキを提案 - 創・食Club(ブランスリー新聞 - 2008年4月号)
     日清製粉が運営するユーザー向けコミュニケーションクラブ「創・食Club」(http://www.e-sousyoku.com/)は、ベーカリー向けにカップケーキの提案を行っている。3月25日から4月18日までの期間に申し込んだ会員に、カップケーキ用のミック...

  18. レーズンの運動時の効能についてPR - カリフォルニア・レーズン協会(ブランスリー新聞 - 2008年4月号)
     カリフォルニア・レーズン協会(駐日事務所=東京・千代田区、ジェフリー・N・マクニール駐日代表)は、カリフォルニア・レーズンの運動時の効能についてのPR活動を展開している。2月17日に行われた「東京マラソン2008」では、コース上...

  19. 氷菓デザートのコンテスト - 全日本洋菓子工業会(ブランスリー新聞 - 2008年4月号)
     協同組合全日本洋菓子工業会は、日本食糧新聞社との共催で、4月9、10の両日、「グラス(氷菓)を使ったアシェットデセール・コンテスト」を開催する。4月9日から11日まで、東京ビッグサイトで開催される「デザート・スイーツ&ドリンク展...

  20. インターネット通販で健康食品への取り組みを強化 - ADEKA(ブランスリー新聞 - 2008年4月号)
     ADEKAは3月3日、健康食品のインターネット販売を開始した。インターネットショップ「うるおい生華 βサイエンス」(http://www.beta-science.com/)を開設、メタボリックシンドロームやアレルギー、免疫調節作用の効果が期待できる「大麦...

<<戻る | 次の4件>>
謹賀新年