水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
業界アンテナ
<<戻る | 次の4件>>

記事リスト(24件中120件目)

  1. キャラクターパンなどを提案 - フジトーイ(業界アンテナ - 2009年8月号)
     ベーカリー業界では、品揃えのひとつとして様々なキャラクターのパンを商品化するケースが少なくない。成形でキャラクターの顔を表現したり、キャラクターのカードなどを貼付したりと、その方法は様々だ。そんな中で、おもちゃメーカーのフジトー...

  2. リテールベーカリーへの業態転換(業界アンテナ - 2009年3月号)
     中小製パン企業は、全国的にみて大手の製パン企業に席巻され続けている。加えて、昨年のアメリカにおけるサブプライムローンを切っ掛けとした金融市場の混乱が、世界的規模での景気の悪化を呼び込んだ結果、一層中小企業の経営を圧迫しつつある。...

  3. ユーザーを成功へ導くための提案力(業界アンテナ - 2009年2月号)
     製パン業界でビジネスをする機械メーカーや輸入業者は数多いが、最近は、ユーザーの個性を見抜き、それを育て、ユーザーを成功へと導くための提案力がないと、生き残れない時代になった。今回は、ドイツ・ウェルカー社製オーブンの輸入販売で有名...

  4. 世界的な環境変化にどう対応するか - 大和貿易(業界アンテナ - 2008年10月号)
    ヨーロッパの食文化を貪欲に吸収する時代から、吸収した成果をもとにして、新たなものを創造する時代になった今日、製パン製菓専門の輸入商社の進むべき道はどこにあるのか。今回は、ヨーロッパ各国から製菓製パン材料などを輸入販売する大和貿易の...

  5. メイド・イン・ジャパンの輝きを再び(業界アンテナ - 2008年7月号)
    フードサービス業界で、フレッシュなベーカリー製品を提供しようと、ベークオフシステムの導入が進んだ時期があったが、現在の状況はどうか。今回は、フードサービス業界で、ベークオフシステムの機器メーカーとして活躍するネクストの小田洋子社長...

  6. 石窯もエコの時代。燃費のよさを訴求(業界アンテナ - 2008年6月号)
    「石窯のある郊外大型店舗」は、繁盛ベーカリーのひとつのスタイルとして定着した。今回は、石窯の輸入販売を手掛け、その舞台裏で汗を流してきたフェリス商会の伊藤幸吉社長に、石窯事情や、ベーカリー繁盛の秘訣などについてインタビューした。―...

  7. 共に手を取り合い、がんばっていきたい(業界アンテナ - 2008年5月号)
    オーブンメーカーやドウコンディショナーのメーカーは数多い。日本の産業構造が根本的に変わりつつある今、いかに「今仕様」に体質改善を行うかが生き残りのカギだ。今回は、製パン製菓機械メーカーの共立プラント工業、見米健・営業2課係長に話を...

  8. 「中古品」ではなく「再生品」(業界アンテナ - 2008年3月号)
    不況になると、どの業界でも中古品の市場が活況を呈すというが、製パン業界はどうか。今回は、製パン中古機械の販売業者にスポットを当て、エルファの井出辰彦社長に、同社の業務内容や、製パン中古機械市場の現況などについて聞いた。―――エルフ...

  9. 「なぜ」を常に考えて行動する(業界アンテナ - 2008年2月号)
    ベーカリーの製造現場は、利益を生み出す源泉だ。厨房のオペレーションの良し悪しは、業績に直結する。そんな厨房からベーカリーを再生させるプロがいる。今回は、ベーカリー専門のコンサルティング会社、レーヴの橋本泰之社長に話を聞いた。――橋...

  10. 本質的に石窯であるということ(業界アンテナ - 2008年1月号)
    飽食の時代の今、消費者は本物の味を強く求めるようになった。いい素材を用いて、熟練した職人の技でていねいに作られたものが、再評価されている。そんな時代に作られた純国産の石窯がある。開発会社のツジ・キカイ、山根証社長に、「なぜ石窯なの...

  11. 依頼主が望むイメージの店舗を作る(業界アンテナ - 2007年10月号)
    パン職人として働く人なら、多くが夢見る「自分の店」。現在のリテールベーカリーの出店の状況はどうなっているのか? 小規模リテールベーカリーの設計施工・プロデュースに実績を持つカーバルの箱田光雄社長に話を聞いた。 ――リテールベーカリ...

  12. 安全性を最重要視したミキサー(業界アンテナ - 2007年8月号)
    パン作りの最も重要な工程のひとつである生地作りを担うミキサー。食の安全への意識が高まる中で、ミキサーの性能への要求も高まる一方だ。ミキサーの専門メーカー、関東混合機工業の富家修常務に、最近のミキサー業界の動向などについて聞いた。―...

  13. 樹脂製の陳列用かごに注目(業界アンテナ - 2007年7月号)
    ベーカリーを運営していく上でなくてはならないもののひとつに陳列かごやトレーなどの籐製品がある。最近では、ポスト籐製品として、樹脂製のかごなども普及しつつあるという。ベーカリーや菓子店の備品などを専門に扱う籐裕の田中裕廣社長に話を聞...

  14. 日本固有の発酵種「ホシノ・ルバン」(業界アンテナ - 2007年5月号)
    昨年4月に、スタートを切った新生ホシノ天然酵母パン種。このほど、町田第二場を新設し、生産力の増強を図るなど、業績は好調だ。新体制になってからの新たな動きや、今後の展開などについて、川又研三社長と、土田耕正技術部長に話を聞いた。 ―...

  15. リテールベーカリー向けの生産管理ソフト(業界アンテナ - 2007年4月号)
    リテールベーカリーの複雑な生産管理は、現場の長が、生産スケジュールの表を手書きで作成し、天候や気温なども考慮して、経験と感で管理するというケースが多いが、このほど、リテールベーカリーに特化した生産管理ソフトが登場。開発したテクノバ...

  16. 商品に合った包装材の大切さ(業界アンテナ - 2007年3月号)
    ベーカリー運営に欠かせないもののひとつに、包装資材がある。店名やロゴが入った個性的なレジ袋は、販促のツールにもなる。ベーカリーの包装資材市場の現状や課題について、ベーカリーや菓子店の包装材を専門に扱うサンパックエイティの伊藤昭社長...

  17. 二極化が進むベーカリー業界(業界アンテナ - 2007年2月号)
    ベーカリー業界では、郊外大型店の健闘ぶりが目立っている。最近では首都圏だけではなく、地方にもこうした郊外大型ベーカリーが続々登場し、大きな実績を上げている。その繁盛の要因はどこにあるのか・・・。郊外大型ベーカリープロデュースのパイ...

  18. 輸入業務用あん 事情(業界アンテナ - 2007年1月号)
    日本人に馴染み深い製パン製菓材料のひとつに小豆あんがある。パンや和菓子に多く使用されるが、洋菓子にも使用されるようになった。日本でのあんの年間消費量は、35万鼎砲盖擇屬箸いΑM入あんもその中の9万鼎鮴蠅瓩襦C羚颪任△鵑鮑遒蝓日...

  19. 食型・天板 事情(業界アンテナ - 2006年12月号)
    パン作りには欠かせない食型や天板。昔ながらの焼き込み天板や、シリコンをコーティングしたもの、フッ素樹脂加工を施したものなど、様々な種類の食型や天板が使用されているが、天板・食型のメーカーでもあり、輸入業者でもあるパシフィック洋行の...

  20. 清掃 日頃の掃除と業者の仕事(業界アンテナ - 2006年11月号)
    ベーカリー運営で、掃除の大切さはよく指摘されるが、飲食業店舗の清掃のプロは、どのように清掃作業を行うのか・・・。ティーポールディバーシーの二見明浩フードチェーン開発グループマネージャーに、店舗の清掃のポイントなどについて聞いた。 ...

<<戻る | 次の4件>>
謹賀新年