水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
ここにもパンの現場
<<戻る

記事リスト(7件中17件目)

  1. クックパッドに見る「レシピコミュニティー」(ここにもパンの現場 - 2012年8月号)
    クックパッドが「主婦が喜ぶサイト」というのは昔話。今や食のプロから独身男性まで、料理をする人すべてが知っていると言っても過言ではないレシピ情報コミュニティーに成長した。今回は、料理に関する情報を、誰でも気軽に取得できて、さらに発信...

  2. セブン‐イレブンが開いた「コンビニパン」の新時代(ここにもパンの現場 - 2012年4月号)
    「コンビニのパン」は、いまやその味において、パンの専門店と並ぶ評価を得るとともに、種類の多さは専門店をしのぐともいわれる。中でも「セブン‐イレブンのパンはおいしい」という声は、若者を中心に根強い。「コンビニのパン」をリードし続ける...

  3. 飛躍的に広がった冷凍パン生地市場。新機軸を打ち出せるかが今後のカギ(ここにもパンの現場 - 2012年2月号)
    2010年度の冷凍生地の市場規模は1410億円(矢野経済研究所調べ)。かつて省力・省コストで注目された冷凍生地市場も、ここ数年はほぼ横ばいの状況が続いている。焼きたてパンの普及に大きく貢献した冷凍生地は、今後、どういう展開を見せる...

  4. 製パンフリークの情熱がパン業界を変える?(ここにもパンの現場 - 2011年12月号)
    パン教室の盛況に象徴されるように、自分でパンを焼いてみたいという“製パンフリーク”が増えている。少し前にブームとなったホームベーカリーがさらに発展、最近では手作りのオリジナルパンにこだわる本格派が急増中だ。そんな製パンフリークたち...

  5. スーパー内パン店の憂鬱。岐路に立つインストア・ベーカリー(ここにもパンの現場 - 2011年10月号)
     スーパーやショッピングセンターの中で、焼きたてパンを提供しているインストア・ベーカリー。強力な集客ツールとして各スーパーがこぞって出店したいわば「店内パン屋さん」も、消費者の節約志向の高まりもあって、かつてほどの勢いはなくなった...

  6. 自らの強み・特徴を最大限に生かす、コンビニのパン戦略(ここにもパンの現場 - 2011年8月号)
     コンビニのパンの種類が増え、おいしくなった――最近、そんな声をよく聞くようになった。実際、かつてに比べ各コンビニではPBパンのバリエーションが増え、パンメーカー顔負けのおいしさを誇る商品が少なくない。いまや定番となりつつあるコン...

  7. パン文化の成熟化がもたらしたホームメイドパン人気(ここにもパンの現場 - 2011年6月号)
    ここ数年来、主婦を中心に大人気となっているのが、自宅で手軽にパン作りができるホームベーカリー。従来のホームベーカリーでは焼き色や味などの部分で、どうしても手で捏ねてオーブンで焼いたパンにかなわなかったが、最近のモデルではこうした欠...

<<戻る
謹賀新年