水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
2014年11月号
<<戻る

記事リスト(15件中115件目)

  1. 専門店のパンとコンビ二のパン - 消費者アンケート(アンケート - 2014年11月号)
     「専門店のパンとコンビ二のパン」のテーマで、ネットアンケートを実施した。回答者に抽選で「パンセット」をプレゼントするという形で、ブランスリー報道社が運営するパンと菓子のショッピングモール、パン菓子・COM(http://www.pankashi.co...

  2. 新たな蒸しパンの魅力を発掘 - ミスタームシパン柿生店(お店拝見 - 2014年11月号)
    衣料品店の横で蒸しパンを販売 神奈川県川崎市の商店街の並びにある蒸しパン専門店「ミスタームシパン柿生店」。同店に入ろうと、看板横の入り口から入ると、目の前には衣料品が並んでいる。同店は、衣料品店と同居して営業しているのだ。 同店の...

  3. 2014年星天会夏季講習会 - 星天会(講習会 - 2014年11月号)
     ホシノ酵母を使ったパンを作るベーカリーなどの団体、星天会(小林幹央会長)は9月2日、兵庫県神戸市の日本製粉西部技術センターで「2014年星天会夏季講習会」を開催した。講師に東京・町田市のベーカリー、ドゥ・リーブルの深本恭正社長を...

  4. 2014年度第2回製パンセミナー - クラブ・ド・サントノーレ(講習会 - 2014年11月号)
     パン業界で働く女性のための団体、クラブ・ド・サントノーレ(宮本優子代表幹事)は9月8日、東京・中野区のベーカリー「ブーランジェリールボワ」の森朝春シェフと葵夫人を講師に迎え、東京・台東区の正栄食品工業のセミナーホールで「2014...

  5. 2号店を出した時(特集 - 2014年11月号)
    2003年に「ブーランジェリーオーヴェルニュ」を出店し、2014年に2号店の「ラ タヴォラ ディ オーヴェルニュ」を出店。スタッフの体制が整うまで開業を待つ 東京・葛飾区の「ブーランジェリーオーヴェルニュ」の井上克哉オーナーシェフは...

  6. 回転寿司レーンを利用したパンの試食会 - モンタボー東京江東店(ブランスリー新聞 - 2014年11月号)
     リテールベーカリーチェーンのモンタボーの東京江東店に10月4日、回転寿司ならぬ「回転パン」が出現した。同ベーカリーの新商品で、サクッとした食感、ふわっとした食感など3つの食感が楽しめることをセールスポイントにした食事パン「Safu...

  7. 特殊製粉の全粒粉が人気 - 横山製粉(ブランスリー新聞 - 2014年11月号)
     横山製粉(本社・北海道札幌市)の小麦全粒粉「美粉彩春よ恋」は、北海道産の小麦「春よ恋」を石臼で挽いた全粒粉で、きめの細かさが特徴。全粒粉特有の癖が少なく、強力粉などと半々の割合で配合しても、癖のないパンができるという。全粒粉特有...

  8. 「かぼちゃデニッシュ」など10月の新商品を発売 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2014年11月号)
     第一屋製パンは10月1日、「かぼちゃデニッシュ」「スイートロール キャラメル味」「ホクト きのこのホワイトシチュー」「ラ・ベットラ ティラミスブール」などの10月の新商品を発売した。いずれもオープン価格。 「かぼちゃデニッシュ」は、...

  9. 特保のパンを新発売へ - ローソン(ブランスリー新聞 - 2014年11月号)
     大手コンビニのローソン(本社=東京・品川区)は、「食後の血糖値の上昇を抑制する」として特定保健用食品(特保)の許可を受けた「特食パン2枚入」(税込120円)、「からだ応援ロール2個入」(税込120円)を10月21日から順次、全国のロ...

  10. チルドデザートの新ブランドを立ち上げる - 山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2014年11月号)
     山崎製パンはチルドデザートの新ブランド「PREMIUM SWEETS」シリーズを立ち上げ、第一弾の商品として10月1日、「北海道産牛乳のカスタード&ホイップシュー」「ふんわりワッフル(北海道産牛乳入りホイップカスタード)」「生クリ...

  11. 「イングリッシュマフィン フルーツグラノーラ」を発売 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2014年11月号)
     敷島製パンは、同社のイングリッシュマフィンシリーズの新アイテムとして、「イングリッシュマフィンフルーツグラノーラ」を10月1日、東北、関東、中部、近畿、中国、四国の各地区で発売した。4個入りと2個入りの2アイテム。いずれもオープン...

  12. 「ドイツフェア」を開きドイツパンの普及を図る - ドンク(ブランスリー新聞 - 2014年11月号)
     リテールベーカリーチェーンのドンク(本社・兵庫県神戸市、中土忠社長)は、ドイツの食事パンやドイツをイメージしたパンを取り揃える企画「ドイツフェア」を10月6日から19日まで全国のドンク119店などで開催した。ドイツの食事パンである「...

  13. 業務用小麦粉価格を据え置き - 製粉大手3社(ブランスリー新聞 - 2014年11月号)
     10月からの輸入小麦5銘柄平均の政府売り渡し価格が4月とほぼ同水準に決定したことから、日清製粉、日本製粉、昭和産業の製粉大手3社は業務用小麦粉の価格を据え置くと発表した。 輸入小麦は、国が輸入したものが国内の製粉各社に売り渡される...

  14. 消費税率アップ後の影響についてベーカリーに聞く消費税率引き上げから半年(レポート - 2014年11月号)
    増税と原料高にどう対処していくか 4月に消費税が8%に引き上がられてから半年が過ぎた。そこで、関東と関西のベーカリー10店に、消費増税後の現状を尋ねた。 まず、増税後の税抜きでの売上額について尋ねたところ、「売り上げが増えた」とする...

  15. 古典菓子から学び直すことも大切 - 一粒の麦から22(文・本行恵子)(連載 - 2014年11月号)
    パンと洋菓子と喫茶のある店 兵庫県神戸市にあるドンクは、初代の藤井元治郎氏が「藤井パン」を創業してから今年で109年を迎えました。3代目の藤井幸男氏が1947年に事業を継ぎ、1951年2月28日に「株式会社ドンク」を設立。それと同時...

<<戻る
謹賀新年