水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
2010年2月号
<<戻る | 次の3件>>

記事リスト(23件中120件目)

  1. 徹底アンケート 洋菓子の消費動向-消費者アンケート(アンケート - 2010年2月号)
    「徹底アンケート 洋菓子の消費動向」のテーマで、ネットアンケートを実施した。実施期間は、2009年12月7日から12月21日までで、ブランスリー報道社が運営するパンと菓子のショッピングモール、パン菓子.COM(http://pankashi.com/)で...

  2. 「労働」ではなく「仕事」をしよう-武市 多美夫(パンを売り続けてきた男) (いろいろ、エッセイ - 2010年2月号)
    いろいろ、エッセイ(38) 歴史や古寺に興味を持つことが殆どない日々だったが何故か急に古寺を、しかも好きな京都ではなく、中学の修学旅行以来何十年ぶりの奈良を観たくなった。 友人の「奈良の冬は趣があっていいぞ」の一言が耳に残り、それが...

  3. ディンケルの種子を日本に持ち帰る-大地堂(お店拝見 - 2010年2月号)
     滋賀県の近江八幡駅から車で約1時間。畑や民家が点在するのどかな場所に大地堂はある。同店の営業日は週4日。店長の中田志穂さんは、パンに使う小麦を栽培するため、農作業もこなしているからだ。 大地堂で使っている小麦は、パン用小麦の原種...

  4. 「パン」をキーワードにした総合施設-ピッコリーノ(お店拝見 - 2010年2月号)
     東京・町田市、JR横浜線・成瀬駅から程近い場所に昨年10月、「ピッコリーノ」がオープンした。「おいしくて体に良いことこそ、食べ物の基本と考えます」というオーナーの伊藤幹雄さんは、岩手県のナンブ小麦粉と、ホシノ酵母を使用して25年...

  5. 本格化や洋風化など、多様に展開するカップラーメン(食のトレンドを追う - 2010年2月号)
     日本人1人が平均年間40食を消費する――日本の国民食にまで成長したカップラーメンは、街のラーメン屋さんで食べるような本格志向品や、有名ラーメン店やラーメン評論家とのコラボ商品などの高級志向品などが主流となり、さらには洋風スープや...

  6. ベーカリー経営のプロに聴く(特集 - 2010年2月号)
    ベーカリーでは製造個数、販売個数、来店客数と、毎日あらゆる「数」が生み出されている。これらの「数」を数値化することの大切さとは何か 「今日はよく売れた」「お客さんの入りがよかった」――。お客を間近にし、手をかけた商品を販売するとい...

  7. 国内産小麦の値上げについて製粉会社とベーカリーの対応(特集 - 2010年2月号)
     昨年11月、製粉大手4社では業務用外国産小麦粉が460円/25キロ値下げされた中、国内産小麦粉は395〜400円/25キロの大幅な値上げとなった。国内産小麦粉を主に扱う製粉会社とベーカリーに、現状と今後の対応について話を聞いた。

  8. 豊田通商と資本業務提携。第三者割当増資を実施へ-第一屋製パン (ブランスリー新聞 - 2010年2月号)
     第一屋製パンは2009年12月22日、豊田通商と資本業務提携すると発表した。第一屋製パンが実施する第三者割当増資を1月27日に豊田通商が引き受ける。 これにより、豊田通商の第一屋製パンへの出資比率は現在の3・9%から33・4%に...

  9. 「平成22年新春講演会及び賀詞交歓会」を開催-日本製パン製菓機械工業会 (ブランスリー新聞 - 2010年2月号)
     協同組合日本製パン製菓機械工業会(田中利幸理事長)は、1月12日、東京・千代田区のKKRホテル東京で、「平成22年新春講演会及び賀詞交歓会」を開催した。 賀詞交歓会であいさつにたった田中利幸理事長は「我々機械工業会会員企業の売上...

  10. 2月の新商品20品目。「たっぷりお豆パン」など-第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2010年2月号)
     第一屋製パンは12月26日、「CoVaLaチョコ&ミルクホイップサンド」「たっぷりつぶあん&マーガリン」「プリンフレンチ カスタークリーム」「ロングウインナーホワイト」「ずっしりあずき蒸し」など新商品18アイテムを発売した。いず...

  11. 墨田区へ社屋を移転-サンテックコーポレーション(ブランスリー新聞 - 2010年2月号)
     ワッフルベーカーなど小型厨房機器を製造販売するサンテックコーポレーション(小川智之社長)は社屋を現在の東京・葛飾区から、東京・墨田区へ移転する。新住所は、〒131‐0033東京都墨田区向島2丁目8番12号。新しい電話番号、FAX...

  12. サンドイッチとワインの勉強会-ドイツパン・菓子勉強会(ブランスリー新聞 - 2010年2月号)
     ドイツパン・菓子勉強会(倉田博和会長)は「ドイツパンを用いたサンドイッチとワインの勉強会」を次の要項で開催する。【日時】2月9日(火)午後5時〜午後8時頃【場所】日清製粉小網町ビル(東京都中央区日本橋小網町19‐12)【講師】大...

  13. 家庭用小麦粉などを値下げ-日本製粉(ブランスリー新聞 - 2010年2月号)
     日本製粉は、1月4日出荷分から、家庭用小麦粉と小麦粉二次加工品を値下げした。値下げ幅は家庭用小麦粉が平均4%、家庭用小麦粉二次加工品が平均2%。 小麦の政府売渡価格が、2009年10月から引き下げられたことに伴うもの。

  14. 衣装コンテストの優秀作品をパッケージに採用-山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2010年2月号)
     山崎製パンは、同社の人気商品のひとつである「ロールちゃん(ホイップクリーム)」のパッケージに、2009年夏に行った「シロールちゃんの衣装デザインコンテスト」の優秀作品を採用し、新パッケージの同商品を、2009年12月26日から2...

  15. 「濃い(恋)する北海道」シリーズ7品目を発売-敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2010年2月号)
     敷島製パンは2009年12月26日、「濃い(恋)する北海道」と題したシリーズ品7アイテムを、関東、中部、関西の各地区で発売した。2月28日までの期間限定販売で、期間中の売上を5億円と見込んでいる。7アイテムとも参考小売価格は税抜...

  16. 「愛国あんぱん」を発売-ポンパドウル(ブランスリー新聞 - 2010年2月号)
     ポンパドウル(本社・神奈川県横浜市中区)は、「愛国あんぱん」(税込157円)を同ベーカリー全73店舗で、1月の始業日から期間限定で販売している。 北海道帯広市愛国町産の小豆と北海道産ビート糖、藻塩(もしお)を使用した特製こし餡を...

  17. 「春のパンまつり」を実施。景品は「オーバルディッシュ」-山崎製パン(ブランスリー新聞 - 2010年2月号)
     山崎製パンは2月1日から4月30日まで、ヤマザキ「春のパンまつり」を実施する。 今年の景品は「白いオーバルディッシュ」。これは同パンまつり30周年を記念して、これまでの景品の中で最も人気が高かったものを選んだもの。「芳醇」「ダブ...

  18. MOFによる製パンセミナー-愛工舎製作所(ブランスリー新聞 - 2010年2月号)
     フランスのMOFであるドミニク・プランショー、チェリー・ムニエ、ブルーノ・コルムレの3氏を講師に招いて、「3人のMOFによる製パンセミナー」が、次の要項で開催される。主催は愛工舎製作所。 3講師は、2011年1月に仏リヨンで行わ...

  19. 恒例の「春のキャンペーン」。トートバッグをプレゼント-敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2010年2月号)
     敷島製パンは2月1日から4月10日まで、毎年恒例になっている「春のキャンペーン」を関東、中部、関西の各地区で実施する。 今回のタイトルは「リサとガスパールのたっぷりトート!プレゼント」。 キャンペーン期間中に、超熟食パンなどの対...

  20. MOFを招き製パン講習会-日本アンバサドール協会(ブランスリー新聞 - 2010年2月号)
     フランスMOFのチェリー・ムニエ氏らを講師に招いての製パン講習会が2月18日、日本製粉西部技術センターで開催される。主催は日本アンバサドール協会。講師らは、2011年1月に仏リヨンで行われる国際的なパンのコンクール、第3回モンデ...

<<戻る | 次の3件>>
謹賀新年