水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
2003年10月号
<<戻る

記事リスト(18件中118件目)

  1. 100年以上守り続けた味 - ウチキパン(お店拝見 - 2003年10月号)
    1888年の創業以来、守り続けた味が横浜元町にある。ウチキパンの「イングランド」(270円)だ。ホップ種で作る山型食パンで、「ほかのどの食パンとも違う味」として、根強い人気を誇る。打木宏社長は、創業以来の伝統に加えて、「新たな伝統...

  2. 自分が楽しいかどうか - パン処森本(お店拝見 - 2003年10月号)
    「製造現場にいて自分が楽しいかどうかが唯一の価値基準です」。今年5月、千葉県佐倉市にオープンしたパン処森本の森本哲司さんはこう話す。店舗の外観は、ブルーとクリーム色の対比が印象的。外に面した壁のほとんどがガラス張りで開放的なイメー...

  3. 「アメリカのCVSフードサービス業界」分析 - 高橋秀尚の海外情報(海外情報 - 2003年10月号)
     躍進する米コンビニのフードサービス 今や現代人にとってコンビニエンスストアの存在は不可欠であろう。先日もあるテレビ局のインタビューで十代の女性が「もしコンビニが無くなったら、あたし死んじゃう!」とまで言っているのには驚いた。また...

  4. 「ガトー・ブーランジェ」のすすめ - 東京製菓学校校友会本部主催第14回特別講習会(講習会 - 2003年10月号)
    東京製菓学校校友会が、同校の卒業生である会員を対象に毎年行っている講習会。今回はビゴ東京社長の藤森二郎氏を講師に迎えて実施した。藤森講師は、ベーカリーにある材料で作る「ガトー・ブーランジェ」の概念を提唱した。講師=藤森二郎氏(ビゴ...

  5. 4人の講師が売れ筋商品を披露 - 星天会講習会(講習会 - 2003年10月号)
    ホシノ酵母を使ってパンを作るベーカリーの集まりである星天会が主催。ホシノ酵母製造元のホシノ天然酵母パン種がこのほど開発した新商品、ホシノビール酵母パン種を使って、それぞれ自慢のパンを紹介した。講師=坂井憲一氏(日本製粉東部技術セン...

  6. もち粉を配合した調理パンバラエティーなど - 第7回製パン技術特別講習会(講習会 - 2003年10月号)
    ベーカリーコンサルタント会社、レーブの橋本泰之社長と日本菓子専門学校の鈴木信明教師が講師を務めた。橋本氏は、もち粉や大豆粉などを使った特徴のある製品を紹介。鈴木氏は、本格的なフランスのパンの数々を披露した。講師=橋本泰之氏(レーブ...

  7. 稼働率 - 弘中泰雅(生産性よもやま話(4) - 2003年10月号)
     機械の全能力に対する稼動比率や稼動時間の比率を機械稼働率というが、人の場合はどうだろう。機械なら稼働率が低くとも、初期投資の回収分は別にして、少なくとも運転経費は発生しない。ところが人の場合は能率が高くても低くても、基本的に時間...

  8. 第1章 販売について - 文・橋本泰之((続)パン屋さん手帖(6) - 2003年10月号)
     今回はフェアーについて考えていきたいと思います。フェアーは、戦略的に行えば、いろいろな意味でベーカリーを繁盛へと導いてくれます。商品の普及に役立つし、売り上げも上がるし、商品開発のノウハウも提供してくれます。橋本泰之 1956年...

  9. ベーカリーにとってネットは?(特集 - 2003年10月号)
    IT化の進展に伴って、ベーカリーでもホームページ運営するケースが増えてきた。パンの通販のツールとしてだけではなく、有効な販促手段として活用しているベーカリーが多い。顧客のストレートな声が聞けるのもホームページの魅力になっている。 ...

  10. ブランドを「パスコ」に一本化し、新たな挑戦 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2003年10月号)
     敷島製パンは9月1日から、同社が製造販売するパンのブランドを「Pasco」に一本化した。それまで静岡県を境に西日本では「シキシマ」のブランドで、東日本では「Pasco」ブランドで販売してきたが、全国統一ブランドとして「Pasco...

  11. 欧州の伝統を意識「カフェ・ド・ブローニュ」 - 敷島製パン(ブランスリー新聞 - 2003年10月号)
     敷島製パンは、ヨーロッパの伝統的な製法をとり入れた「カフェ・ド・ブローニュ」シリーズの商品を9月1日、関東、関西、中部の各地区で発売した。「いつもよりちょっと贅沢に」がコンセプトで、パッケージはヨーロッパのカジュアルなカフェをイ...

  12. アメリカンピザとナポリ式ピザを紹介 - ツジ・キカイ(ブランスリー新聞 - 2003年10月号)
     製パン製菓機械などを扱うツジ・キカイ(小田洋子社長)は9月10、11の両日、埼玉県川越市の同社で「石窯焼きセミナー」を開催した。同社が石窯を輸入する米ウッド・ストーン社からフランク・ミルワードシェフを講師に招いて、アメリカンスタ...

  13. ホシノビール酵母パン種、ビール酵母をパン用に - ホシノ天然酵母パン種(ブランスリー新聞 - 2003年10月号)
     ホシノ天然酵母パン種(本社=東京・町田市、電話042‐734‐1399、星野益男社長)はビール酵母を培養した新商品、ホシノビール酵母パン種を発売した。同酵母で発酵させたパンは、くせのない上品さと独特の旨みを併せ持つのが特徴。同社...

  14. 道産小麦粉のパン講習会開催へ - 江別製粉(ブランスリー新聞 - 2003年10月号)
     江別製粉は10月22日、北海道産小麦粉を使用したパンを紹介する製パン講習会を次の要項で開催する。 【日時】10月22日(水)午前10時〜午後4時 【場所】旭電化工業食品開発研究所リステクノプラザ 【講師】本田修一氏(グランドハイ...

  15. ベーキングセミナー開催へ - カリフォルニア・レーズン協会(ブランスリー新聞 - 2003年10月号)
     カリフォルニア・レーズン協会(駐日事務所=東京・千代田区、ラリー・D・ブラッグ駐日代表)は、次の要項で「カリフォルニア・レーズンベーキングセミナー」を開催する。カリフォルニア・レーズンを使用したパンの新商品開発を促進する目的で実...

  16. 秋の新商品6品目、様々な用途のそば粉など - 日本製粉(ブランスリー新聞 - 2003年10月号)
     日本製粉は8月20日、「松屋製粉 そば粉」や「ニップン ふわっとくちどけ ホットケーキミックス」など秋の家庭用新製品6品目を新発売した。 「松屋製粉 そば粉」は、400グラム包装の家庭用そば粉。そばがきにしたり、ホットケーキやお...

  17. 「わたしの大好きなパン」3品目 - 第一屋製パン(ブランスリー新聞 - 2003年10月号)
     第一屋製パンは9月16日、「わたしの大好きなパン」と題したパン3品目などの新商品を発売した。 「わたしの大好きなパンフロマージュ」(希望小売価格120円)は、チーズクリームを包んだ商品、「わたしの大好きなパンミルクティー」(同)...

  18. 秋季経営セミナー開催へ - 日清経営技術センター(ブランスリー新聞 - 2003年10月号)
     日清製粉グループの日清経営技術センター(野村聡社長)は「秋季経営セミナー」を次の要項で開催する。同セミナーは、経営者を対象に毎年開いているもの。東京都と大阪で同じ内容で開催する。 【日時】東京会場=10月10日(金)午後1時〜午...

<<戻る
謹賀新年