オレンジ色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
記事の閲覧
<<戻る
ブランスリー新聞/2018年10月号

軽い食感の菓子ができる菓子用国産小麦粉を発売 - 小田象製粉

軽い食感の菓子ができる菓子用国産小麦粉「ほろろ」

 小田象製粉(本社・岡山県倉敷市、小田眞司社長)はこのほど、機能性菓子用小麦粉「ほろろ」を新発売した。国内産小麦粉は菓子製造に使用した場合、「少しねちゃつきのある食感になる」(小田象製粉)という。また、「生地の見極めが難しく必要以上にミキシングしてしまい製品が硬くなりやすい」(同)という。
 「ほろろ」は、国内産小麦でも、軽いほろほろした食感で作業性の良い小麦粉が作れないかと約2年間の開発期間を経て完成した菓子用国産小麦粉。...


ブランスリー電子版は、購読者以外の方は、見出しと写真1枚、本文の一部までしかご覧いただけません。残りの写真や本文、その他のコンテンツを含めたすべての記事をご覧頂くには、購読のお申し込みが必要です。

今月の公開記事

月刊ブランスリーってどんな雑誌?

ブランスリー電子版とは?


購読者の方はログインしてください。ブランスリー電子版の詳細については、総合案内 をご覧ください。