オレンジ色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
記事の閲覧
<<戻る
ブランスリー新聞/2018年3月号

「365日」の考えるパン - 世界文化社

世界文化社刊「『365日』の考えるパン」

 世界文化社刊。「『365日』の考えるパン」。東京・代々木公園にあるベーカリー「365日」の杉窪章匡シェフに様々な質問を投げかけ、その答えの中から、杉窪シェフの独創的なパン作りや、その発想の原点に迫った内容。商品ひとつひとつについて、一切の先入観を排除し、心を研ぎ澄ませて1から配合とその製法を考え出す方法論に深く切り込んだ内容になっている。A5判256ページ。税抜き1600円。
 狙う味わいを決め、小麦の味見をし、それらを分析する...


ブランスリー電子版は、購読者以外の方は、見出しと写真1枚、本文の一部までしかご覧いただけません。残りの写真や本文、その他のコンテンツを含めたすべての記事をご覧頂くには、購読のお申し込みが必要です。

今月の公開記事

月刊ブランスリーってどんな雑誌?

ブランスリー電子版とは?


購読者の方はログインしてください。ブランスリー電子版の詳細については、総合案内 をご覧ください。