オレンジ色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
記事の閲覧
<<戻る
お店拝見/2018年3月号

ドイツの朝の楽しみを伝えたいフ - ラウクルム ブレッドアンドコーヒー

同店のパンのレシピを作った製造担当の椎葉友仁さん(左から2番目)と販売担当の高橋ジョアンさん(右から2番目)らのスタッフ陣

至福の時間を楽しんでもらえる店づくり

 「ヨーロッパで経験した、焼きたてのパンとコーヒーを楽しむ至福の時間を楽しめる場所を、日本にもつくりたい」という、元プロテニス選手の伊達公子さんの思いを込めて開業したベーカリーカフェがある。東京・渋谷区の「フラウクルム ブレッドアンドコーヒー」だ。
 JR恵比寿駅東口から約6分、大通りから路地に入って歩いていくと、住宅やオフィスビルが立ち並ぶ一角に、ブレッツェルを模った同店の...


ブランスリー電子版は、購読者以外の方は、見出しと写真1枚、本文の一部までしかご覧いただけません。残りの写真や本文、その他のコンテンツを含めたすべての記事をご覧頂くには、購読のお申し込みが必要です。

今月の公開記事

月刊ブランスリーってどんな雑誌?

ブランスリー電子版とは?


購読者の方はログインしてください。ブランスリー電子版の詳細については、総合案内 をご覧ください。