水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
連載
<<戻る | 次の20件>>

記事リスト(78件中120件目)

  1. ドイツのライ麦パンと日本の米粉パン - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(24)(連載 - 2019年6月号)
     今回の特集は、「米粉パンのその後」のテーマで、専門店二軒を取材しました。 米粉でパンを作る製法は、これまで色々な人が研究を重ね、ふっくらとして美味し...

  2. 最近のつぶやき(連載 - 2019年6月号)
     ブランスリー報道社のツイッター公式アカウントに投稿された最近のつぶやきの中から、いくつかをピックアップして掲載しています。 ●ベーカリーは、作る商品...

  3. イノベーションに由来する合理化 - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(24)(連載 - 2019年5月号)
     今月号のインタビュー企画で、日本パン技術研究所の井上好文所長に、今後のリテールベーカリ―の進むべき道についてお話を伺いました。取材を担当した本誌記者...

  4. フードバンクですべての人に食べ物を - 一粒の麦から49(文・本行恵子)(連載 - 2019年5月号)
     「フードバンク」は寄付で集められた食品を、食べ物に困っている人たちに無償で提供する活動をしています。食べられるのにも関わらず様々な理由で廃棄される食...

  5. ベーカリーよ、大志を抱け - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(連載 - 2019年4月号)
     今月号のお店拝見、東京・八王子の「パンプロ」の記事を読んで、べーカリーを営んでいくということは、客を理解することであり、自分を表現することであるとい...

  6. 社長の考えを深め、従業員のやる気を引き出す - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(連載 - 2019年3月号)
     本誌今月号のお店拝見の記事を読んで、ベーカリー経営において、販売や製造の心構えや手順などについて書いた冊子を作って従業員に渡すことは、大事なことだと...

  7. ソフトな食感のパンが固定客を掴む - 一粒の麦から48(文・本行恵子)(連載 - 2019年3月号)
     ベーカリーコンサルタントの笹本正男さんが、昨年6月に開業した「ベーカリーねもと」に行ってきました。 多品種のパンを提供し、焼きたて作りたてを売りにし...

  8. 今月のつぶやき(連載 - 2019年3月号)
     ブランスリー報道社のツイッター公式アカウントに投稿された最近のつぶやきの中から、いくつかをピックアップして掲載しています。 ●信用って危ういものだけ...

  9. 優れた役者も優れた演出家がいなければ輝かない - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(連載 - 2019年2月号)
     今回のお店拝見でとりあげた「ジュウニブンベーカリー」の「風船パン」が印象に残った。吸水量が120%という多加水の生地を、ところどころに、有塩バターの...

  10. マレーシアの食文化体験の旅 - 一粒の麦から47(文・本行恵子)(連載 - 2019年1月号)
     2018年の夏、マレーシアのモントキアラでベーカリーレストラン「B‐LAB」を経営する松原裕吉さんを訪問し、多民族で成り立つ現地の食文化を体験してきまし...

  11. 革命的でないのなら、ブランディングを知れ - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(連載 - 2019年1月号)
     本誌2018年11月号と12月号は、「ベーカリーのブランディング」のテーマで特集を組んだが、あるブランディングの専門家が、ブランドの力について、コカコー...

  12. 都心から郊外へと広がっていったバゲット - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(連載 - 2018年12月号)
     今回の特集のテーマは、前回に引き続き、「ベーカリーのブランディング」で、メゾンカイザーとポールを取材しました。前回のヴィロンと共に、2000年初頭に...

  13. 非日常と日常のバランスをどうとるか - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(連載 - 2018年11月号)
     今回の特集のテーマは「ベーカリーのブランディング」で、取材は、渋谷のベーカリー、ヴィロンにお願いしました。当社の記者から上がってきた記事を熟読し、こ...

  14. フランスパンの巨匠、フィリップ・ビゴ氏逝く - 一粒の麦から46(文・本行恵子)(連載 - 2018年11月号)
     日本に本物のフランスパンを広めたプィリップ・ビゴさんが、去る9月17日76歳の誕生日にお亡くなりになりました。 突然の訃報に、いまだに信じられない想いで...

  15. モチベーションをいかに維持するか - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(連載 - 2018年10月号)
     これまで多くの繁盛店のオーナーシェフを取材してきましたが、全員例外なく共通していることは、モチベーションが高いことです。店が繁盛していれば、自然と笑...

  16. 色々な人の感性でできている一流のパン - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(連載 - 2018年9月号)
     仕事柄、これまで数多くの製パン講習会を取材してきましたが、講師に招かれるパン職人の方々は、皆一様にしゃべりがうまく、プレゼンの能力もかなり優れていま...

  17. 暮らしに溶け込むベーカリー - 一粒の麦から45(文・本行恵子)(連載 - 2018年9月号)
    「イースト東京」に新しい風が吹く 歴史を感じさせる老舗が残る東日本橋、馬喰町、馬喰横山界隈は、この数年で空きビルや店舗を改装したお洒落な店やギャラリー...

  18. 日々の「なぜ」の積み重ねが成否を分ける - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(連載 - 2018年8月号)
     仕事柄、これまで多くの繁盛店のオーナーと接してきたが、多くの人に共通していることの一つに、製パンを論理的に捉えているということがある。もちろん、パン...

  19. 進化できれば生き残り、できなければ滅びる - 普通のパン屋さんが普通に頑張れば繁盛出来る話(連載 - 2018年7月号)
     私たちは今、激動の時代を生きています。私は、もうかれこれ50数年生きてきましたが、振り返ってみると、変化のスピードは、時代が進めば進むほどどんどん早く...

  20. 食品ロスを減らすためのパン屋さんの工夫 - 一粒の麦から44(文・本行恵子)(連載 - 2018年7月号)
     お客様にとって、閉店間際でも商品が豊富に揃っているのは嬉しいものです。しかし閉店した後に残っているパンのことを考えると「あのパンは捨てられるのかしら...

<<戻る | 次の20件>>