水色のメニューは購読者(会員)限定(途中までは誰でも閲覧可)で、白文字のメニューは、すべての内容が誰でもご覧いただけます。
ブランスリー電子版は、見出しまでは誰でも見られますが、記事本文の閲覧は購読者(会員)限定のサービスとなります。
シリーズ 小さなパン屋さん
<<戻る

記事リスト(1件中11件目)

  1. [多様性の時代]小さな売り場を武器に焼きたてを実現地域の要望から誕生した心温まるベーカリー - 小さなパン工房 apricot(シリーズ 小さなパン屋さん - 2012年12月号)
    お母さんがつくるパン 神奈川県川崎市鶴見区の住宅街、マンションの道路に面した1階の角部屋にある「小さなパン工房 apricot(アプリコット)」。約6坪の店内は、入口から店の奥まで一望できる。そのうち、入り口側の2・5坪が売場、奥...

謹賀新年